« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

箱根会長サイクリング

だいぶ時間が経ってしまいましたが、11月25日(土)から26日(日)の一泊二日でサイクリングに行ってきました。

これは、昔から世話になっているなるしまフレンドの鳴嶋会長を囲むサイクリングで、昨年に続き二回目の参加となります。
コースは昨年同様、なるしまフレンド立川店をスタートし、相模原~厚木~小田原~箱根湯本を経由して強羅駅近くにある宿へとゴールする初日、そして翌日は立川まで戻るコースです。

このランは走りもさることながら、国府津にある鰻屋「うな和」でのランチ(うな重)やホテル「紀州鉄道箱根強羅ビラ」での温泉、宴会、宿泊も大いなる楽しみです。
むしろ、そちらに主眼を置いていると思わざるを得ないメンバーもおり、私もその一人です。

箱根に向かうだけであれば自宅から直接自転車で向かう方が近く、コースも走りやすいことは事実です。
でも、それでは意味がありません。
やはり、御年82歳になる鳴嶋会長とともに走ってこそと車で立川へと向かいます。

スタートの一時間ほど前に到着すると、サポートくださる三妙さんが既に到着しています。
挨拶をし、持参した荷物を車に積んでもらいます。
車を地下駐車場に停めさせてもらい準備をしていると、続々とメンバーが集合します。
そして、会長も到着。

メンバー集結

やがて、この日奥様と別棟に宿泊しながら参加してくれるトキちゃんと、夜のことしかほぼ眼中にない463も到着。
二人ともシーズン終了直後で、実に絞られた身体をしています。
ま、今日は走りメインではないので、大丈夫でしょう。
トキちゃんは、ちっとも絞れていない(走れてもいない)私をサポートしてくださるとのことです。

トキちゃんと463

集まったメンバーで出発前の集合写真。
かなりの大人数ですが、実はこの日途中まで見送りランをしてくださる方も入っています。
この方々が、かなりの強豪。
波乱の予感がします。

集合写真

ほぼ時間通りに出発です。
もちろん、スタートは緩いペース。
信号も多く、会話をしながらのストップ&ゴーを繰り返します。

私は微妙に道がわからない(昔走っていた頃とはすっかり様変わり)ため、集団中盤に位置します。
しかし、交通の妨げにならぬよう分断した集団の前に出てしまい、後続に道を尋ねながら進みます。
会長は集団トップで走って、既にこの時から姿は見えません。
あとで聞いたところ、影師範が「会長先頭で」との話をし、ここのところ調子の上がっている会長もそれに応えたとのこと。御見逸れです。

緩いアップダウンを繰り返す道を走り、尾根幹から相模原駅へ。
この間の皆の走りを、トキちゃんが前に後ろにと動きながら撮影してくれます。

緩い上りでも一杯いっぱい

丸さんに助けてもらう

何とか道に迷うこともなく、最初の休憩ポイント横山公園へと到着。
ここまで何度かペースが上がった(自分比)ため、早くも疲れ気味です。
それでも、仲間と一緒の楽しさが勝つ状態。
皆の写真を撮って回ります。

うっちー先輩とNTGさんトキちゃん

STRさん夫妻

この日の私は、なんとしたことかお気に入りのPowerShot G9 Xを自宅に忘れてきてしまいました。
そのため、私の撮った写真は(宿以外)、すべてiPhone 8での撮影です。

ここまで先頭を走る鳴嶋会長とは一緒に走れていない私(この後もでしたが)。
昔共に走っていた頃は「会長が歳を取れば追いつける」と思っていたのですが、どうもまだダメなようです。
しかし、側にいるだけでうれしさが顔に出てしまう私は一緒に写真を撮ってもらいます。

鳴嶋会長と

話の尽きない一行ですが、先もあるので横山公園を出発。
ここから昭和橋を目指します。
昭和橋で相模川を渡り、田んぼ道へ。
昨年はここで脚をつかい、終盤に大きな影響を残しました。

途中の信号で集団は大きく分割し、前は全く見えません。
昨年の二の轍を踏まぬよう、ゆったりとしたペースで平坦路へ。

しかしここで、後ろからよいペースで迫る影。
STRさんがサッと駆け抜けていきます。
よせばいいのに反応してしまう身体。
何とか追いつき、しばらく後ろを走らせてもらいました。

一時停止からの再スタートでSTRさんと離れたため、見送りソロへ。
と、思いきや、後ろにSTRさんJr.がついています。
これはいかんとまたペースを保つと、さらに後方からうっちー先輩も合流。
引くに引けない状況となり、またもや脚を使ってしまいました。

終盤でうっちー先輩が先行、つけずにSTR Jr.も見送った私。
脚はこの時点で終了です。

しかし、ここからは市街地なので幸いにしてスローペース。
この間にまた脚を休ませます。

厚木で見送り班が離脱し、小田厚側道に入ると影流師範とまこっちゃんがペースをつくってくれます。
私も少し前に出て牽きながら、二度目の休憩場所であるコンビニに到着。
ここで補給をします。

補給

この先国府津で鰻なのですが、朝おにぎりを一個食べただけで来ており、脚もかなり使ったことから、アイスとパンを補給します。
富士山がきれいに見える絶好の天気。
陽気もよく、寒さは微塵も感じません(この時点では)。

再出発。
小田厚側道を出ると、道にはまたアップダウンが出現します。
しかし、ここはもう無理のないペース。
見送り班もいなくなっていることから、二分割した少人数の集団で進みます。

思ったより距離はありましたが、うな和到着。

うな和にて

うな和にて

うな和にて

トキちゃんは今回会長ランに正式申込をしていませんが、自腹で(我々もそうではあるのですが)ご一緒下さるとのこと。
この後の箱根で共に走ってもらいたい私には大いに嬉しいことです。
昨年よりはやや余裕のある状態での鰻。
しかしあっという間に完食です。

店を出て、改めて店舗前集合写真を撮影。
13:00予定通りの到着でしたが、その時点で予約以外は受け入れられないほどの人気店です。

集合写真

さてさて、鰻で腹を満たし、またもや重くなった身体を引きずるように走り出します。
小田原を目指す行程もポカポカ陽気。
ペースも心地よいものです。

小田原へ

小田原市街を抜けると、箱根湯本への道となります。
ここは、上りも緩く、楽な道。
本当に、箱根の山は湯本から一気に立ち上がるのですね。

昨年より二週間ほど遅い日程のせいか、前回ほどの渋滞はなし。
比較的走りやすい道を快調に走ります。

箱根湯本へ

箱根湯本駅手前で皆に先行してもらい、後尾に付きます。
もちろん、昨年ひどい目に遭った旧道には入らず直進。
どっちにしても辛いことに変わりはないのですが。

箱根湯本

箱根湯本駅を過ぎ、温泉街を走っていると、ビビさんの姿が。
自転車をホテルに送り、電車でここまで来てくれたのです。
そうまでして一緒に走ってくれるトキちゃん、そしてそれに付き合ってくださるビビさんに感謝です。

さて、いよいよここから本格的な上り。
あれ、箱根ってこんなにキツカッタデシタッケ…。

序盤で463達を見送り、その後家老も見送り、誠さんが後方に見えなくなったところからは、完全な一人旅。
仲間と走る楽しさは何処へ?と思っていたところ、先頭を撮影していたトキちゃんが戻ってきてくれました。
苦しむ私を余裕で撮るトキちゃん。
ええ、感謝していますよ。

宮ノ下へ

宮ノ下へ

宮ノ下へ

こんなに長かったでしたっけ?
こんなに遠かったでしたっけ?
こんなに斜度きつかったでしたっけ?

様々な思いが交錯しながら、後ろに迫るバスを気にしながら、ノタノタと上ります。
トキちゃんは途中で何度か前を撮影にかっ飛び、また戻るを繰り返します。
彼はきっと3回くらい箱根を上る勢いで走っています。

ようやく宮ノ下に到着。
通過。
ここからはさらに斜度が厳しくなります。

時折、トキちゃんに背中を押してもらいながら(物理的に)、何とか走り続けます。

強羅へ

強羅へ

ここまで来ると一気に気温が下がります。
空気の冷たさを感じながら、それでも汗を垂らしての道のり。

強羅駅前を通ってホテルへと向かう道もあるのですが、それだと激坂を上らねばなりません。
今の脚では無理と、そのまま国道一号を小涌園まで上ります。
さらにトキちゃんプッシュを受けながら、ようやく小涌園入り口です。

小涌園

そして、ここで完全に脚終了。
小涌園駐車場への坂を上ろうとすると、トキちゃんプッシュにも関わらず左脚が攣りそうになります。
昨年旧道で脚が攣り、翌日まで筋肉痛を残した苦い思い出があるので、ここでひとまず休憩。
自転車を降り、トキちゃんには先に行ってもらいます。

はい終了

歩いたかって?
ええ、歩きましたとも。
その場でじっとしていると寒いので、斜度が緩くなる場所まで徒歩です、トホホ…。

ようやく再乗車。
ひとまず脚は大丈夫そうです。
ゆったりと走っていると、分岐でトキちゃんが待っていてくれました。
前を走る家老とはそれほど距離が開いていなかったようですが、それもトキちゃんプッシュあってのこと。

激坂を下る

昨年は淳さんと下った激坂をトキちゃんと下り、ようやくホテル着です。

ホテル着

色々な意味で辛く、情けなく、そして悔しい箱根路でしたが、これも日々の不摂生のせいに他なりません。
少しは反省しようと思いましたが、これからの宴会は別腹です。

部屋に入り、温泉に浸かって汗と疲れを流します。
やっぱり温泉はよいですね~。

部屋に戻り、紅葉を愛でながら早速一杯、二杯、三杯、のゼロ次会がはじまります。

部屋からの紅葉

ゼロ次回会場

やがて、夕食時間。
宴会場に集合です。
トキちゃんとビビさんはホテル本館に泊っているので、食事は別です。

宴会

宴会

宴会

鳴嶋会長を囲み、楽しい宴のスタートです。
サポートカーにミラーレスカメラを忍ばせていたので、ここでの撮影はそれ。
しかし、話の楽しさと酒の美味さに撮影は少なめでした。
途中、トキちゃんも参加して会長も嬉しそう。
さらに楽しい時を過ごします。

部屋に戻って二次会。
(公式)参加者では私が最年少と言うメンバーですが、健脚、健啖家揃いで敵いません。

二次会

二次会

私は途中、463とともにトキちゃん達の部屋に乱入。
トキちゃん、ビビさんと盛り上がり、その後温泉へ。
就寝したのは、日付が変わる頃だったでしょうか。

二日目、翌朝も天気は晴れ。
気温も高く、箱根にも関わらず寒さは感じません。

充実した温泉の朝食を楽しんだ後、準備をして出発。
この日はいくつかのグループに分かれて思い思いのコースで帰ります。
トキちゃんとビビさんは海沿いを走り、北鎌倉でデローザさんと合流するコース。
健脚メンバーは長尾峠から御殿場経由での帰路です。

私は会長、家老、誠さんとともに直帰コース。
往路では姿を見ることすらできなかった会長と共に箱根を下り、小田原、厚木、相模川沿いと走ります。
会長はこの次の日からのサイクリング旅行を踏まえて無理はせず。
私と家老、誠さんで交代しながら前を牽きます。

横山公園で会長は別行動となり、直帰。
尾根幹から野猿街道に出たところで家老、誠さんと別れ、私はソロで中大の坂を越えて立川へと戻ります。

昼過ぎには無事立川着。
店で買い物をし、自転車を車に積み込みます。

こうして苦しくも楽しかった二日間は終了。
今年もこの会に参加でき、本当に嬉しかったです。
会長、会を企画くださった影流師範、サポートしてくれたトキちゃん、そして参加させてくれた家族に心より感謝致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

穏やかに夜は明けて

12月5日早朝の富士山

早いもので、2017年も残すところ4週間を切りました。
季節も本格的な冬がいよいよ近づいている気配。
朝晩の空気は刺すような冷たさの日も出てきています。

そんな12月5日でしたが、朝の気温はいくらか高く、ふんわりとした空気に包まれていました。
早朝の朝霧高原は無風。
前夜降った雨が一部で凍結してはいたものの、厳しい寒さはありません。

それでも、空気は凛とした冬のそれ。
富士山もくっきりと霞なくその姿を現してくれています。
背後にそびえる毛無の山々に沈みゆく月を眺めて振り返ると、雲が染まりすっかり夜明けの光景となっていました。

年はどんどん暮れていきますが、夜明けは毎日訪れます。
富士山の雪も増し、澄んだ空気と安定した天候の下でくっきりと見える日も増えそうです。
冬ならではの高原の光景、楽しんでいきたいですね。

撮影はPanasonic DMC-GX7MK2+LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH.です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »