« 西湖合宿合流サイクリング | トップページ | あさぎりフードパークへ水を巡るサイクリング »

山中湖~あさぎりフードパークサイクリング

7月16日(日)に、サイクリングに行ってきました。

この日は三連休の中日。
私の所属するなるしまフレンドのメンバーが富士五湖巡りのサイクリングを企画し、それに合流・案内することとしました。
前週の西湖行きで熱中症気味となり、辛かった私。
その再現とならぬよう、十分に注意が必要です。

この日の出発は早朝。
他のメンバーは5:00頃に立川を出発し、山中湖到着は10:00頃目途とのことで、私もそれに合わせ5:30過ぎには自宅を出発します。
外に出て見ると、空には雲がかかり、気温も前週よりだいぶ低め。

気温は24℃

前回出発後に36℃を表示していたメーターは24℃の表示。
もちろん、時間が全然違うため一概に比較はできませんが、今回の方が走りやすいことは確実です。

自宅から国道469号へと上る道をゆったりと走っていきます。
標高を上げるにつれて気温も下がり、22℃までは確認をしました。
469号に出て裾野方面へと向かうと、霧も出てさらに走りやすくなります。

霧が出て

これでは富士山を眺めることはできないかもしれません。
絶景富士山と富士五湖巡りを楽しみにしているメンバーはちょっとがっかりかもしれませんが、走りやすいことはこの時期大切な要素です。

そんなことを考えながら、富士山こどもの国への上りを進みます。
こどもの国手前に来ると、それまでの霧が晴れ、青空の下富士山も見えてきました。
十里木を進み、忠ちゃん牧場そばでそんな光景を撮影します。

富士山!

若干霞んではいますが、この時期としては上々の富士山。
この後、御殿場にかけては雲が多いながらもその姿を見せてくれていました。

そのまま須山へと下り、コンビニで補給休憩です。
これまた前回の教訓を生かし、塩分含めしっかりと補給をしました。

補給

かつてなるしまのメンバーや会長と走っていた頃からの経験で、私には蕎麦が一番の補給食だと判っています。
適度な水分と塩分で食べやすく、腹持ちもよいからでしょうか。
梅干しのおにぎりを加えれば完璧ですが、さすがに身体が重くなりそうで(既に重いですが)控えました。
ドリンクは炭酸を抜いてボトルの水へと加えます。

時間的には余裕がありそうですが、まだこの先には籠坂峠が待っています。
早々に出発し、演習場を抜ける道を走ります。
御殿場市街に入り、一旦県道23号(水ヶ塚方面)へ。
馬頭塚を通って水土野で国道138号へと出ます。

馬頭塚付近からの光景

まだ富士山は見えており、なんとかこのまま皆に見せてあげられればと思います。
しかし、この後籠坂の上りに入る頃には雲に隠されてしまいました。

国道138号で須走へ。
道の駅はスルーし、そのまま籠坂峠へと走ります。
ペースはゆったりですが、前週と異なり実に快適です。
無事籠坂峠を越えたのは9時過ぎ、時間的にもかなり余裕がありました。

篭坂峠

山中湖畔へと下り、反時計回りに走ります。
程なくして、平野のコンビニへと到着。
ここで先ほど食べなかった梅干しのおにぎりを補給して待ちます。

この日は企画者のM山さんと互いの位置を確認できるよう打ち合わせ済み。
スマフォに表示されたM山さんの位置は、まだ道志みちの終盤に差し掛かるかと言う場所でした。
これならと立ち上がり、山伏トンネルまで走って出迎えることにします。

ゆったりと道志みちをはしり、やがて山伏トンネルへの上りに差し掛かります。
上りはじめてしばらくすると、正面からなるしまジャージのサイクリストが下ってきます。
S田さんだとすぐにわかり、折り返して合流、確認すると後続とはかなり離れているとのこと。
そこで再び折り返し、やはり山伏トンネルで待つことにしました。

山伏トンネルまでのアプローチでNビルさん含め数名とすれ違います。
トンネルを過ぎたところでストップ、ここで仲間を撮影しながら待ちます。

仲間を待つ

程なくして、メンバーが次々と通過していきます。
N雲さん、M井さんの女性メンバーも元気一杯、余裕綽々。
この後果たして案内できるのか、いささか不安にもなります。

やがて最終でH田さんとM山さんが到着。
撮影後追いかけ、湖畔手前のコンビニで皆と合流します。

お疲れ様

コンビニで休憩しながら、再会と出会い(初対面の方も)を喜び合います。
特にS田さんとはSNSでのみの交流、いつの日かご一緒にとの思いがあったため格別の感がありました。

この後を考えるとあまりゆっくりもしていられません。
手前味噌ですが、あさぎりフードパークでの昼食を提案。
当初コースを一部変更し、先にフードパークへと向かい、その後湖を周遊するコースとします。

人数が多いので二組に分けて出発。
コース経験のあるN倉さんに先発組を任せ、私は後発組を先導します。
湖畔に出て、反時計回りに進みました。
ところがママの森への上りで、M山さんが脚攣り、遅れます。
山中湖までの走り(前日の運動も含め)で相当に負担がかかっていたようです。

様子を見ながら湖畔を走り、やがて国道138号へ。
M山さんは平坦でも辛そうですが、とにかく河口湖までは走り、その後判断するとのこと。
幸いにしてやや下り基調の道を走っていきます。

道の駅富士吉田を過ぎ、河口湖大橋への分岐を通過。
M山さんに確認すると、このまま攣らなければ大丈夫そうとのこと。
しかし、鳴沢への上りがはじまると、やはり脚攣りが再発したとのことでストップします。

ここで大人の判断。
M山さんは引き返して大月まで下り輪行するとのことです。
残念ですが、症状を悪化させて後に影響を残すよりは賢明。
前週私も経験しているだけに、その気持ちはよくわかります。
ここでM山さんと分かれ、残ったメンバーで道の駅なるさわを目指しました。

道の駅なるさわまでは緩い上り。
皆しっかりと走っているので、そこそこのペースで先導します。
道の駅手前、なるさわ活き活き広場に立ち寄り。
ちょうど富士山が姿を見せてくれていたのです!

その後道の駅へと向かい、先発組と合流。
休憩後に活き活き広場へと戻り集合写真も撮影しました。

なるさわ活き活き広場にて

撮影後は国道139号へと復帰。
しばらく走ると、今度は県道71号への分岐です。
分岐の入り口は8%程度の坂。
そこから樹海の中を緩急ある上り基調で走ります。

事前に大室山西展望台まではフリーと伝えてあったため、各メンバーは思い思いのペースで走り出します。
私は序盤の坂で先行したため、後続を撮影後後を追います。

県道71号へ

N倉さん、Nビルさんをはじめとした特急メンバーはあっという間に視界から消えます。
私は最後尾からH田さん、M井さん、N雲さんらをパスし、N島さんの背中を負いますが、届かず。
最も脚を使ったこの区間でしたが、コースプロフィールを知る私なので皆よりは有利です。

大室山西展望台

全員無事大室山西展望台へと到着。
ここで呼吸を整え、富士ヶ嶺からあさぎりフードパークを目指します。

下り基調の道。
富士ヶ嶺交差点で後方待ちをし、国道139号から道の駅朝霧高原に入り、フードパークへ。
ひとまずここまで案内できたことに安堵します。

あさぎりフードパークにて

あさぎりフードパークにて

皆思い思いにピザ、バターチキンカレー、じゃがバターなどを楽しみます。
食後には、お約束のソフトクリームも。
お誘い、お付き合いいただいた上にお買い上げ、感謝、感謝です!

さらには、ここで前職の友人とも再会。
訪れることは知っていましたが、時間帯的に厳しいかと諦めていた出会いでした。
お土産もいただき、しっかりとしたご挨拶もお礼もできずで申し訳なかったのですが、嬉しさはひとしおです。

友人と

さて、この日の走りはここで終了ではありません。
この後は後回しにした富士五湖周遊(本栖湖、精進湖、西湖、河口湖)が残っています。
メンバーは河口湖から大月まで走り、輪行予定。
時間的余裕はあまりありません。

加えて、県道71号での走りあたりから、H田さんの脚も攣りそうとのこと。
全員でゴールまで走ることを優先し、ここからしばらくは私の先導でまとまって走ることに。
そんな時、私の貧脚は実に便利です。

国道139号根原の坂をゆったりとクリア。
国道300号から本栖湖を反時計回りに一周します。
時間のことを考え、写真撮影等はなし。
時折会話を楽しみながらではあるものの、淡々と進んでいきます。

国道139号に戻り、今度は精進湖。
今度は時計回りに走ります。
精進湖もクリアし、また国道139号へ。
ここから西湖までは長めの上りです。

イーブンペースで上りますが、H田さんはやや辛そう。
しかし、上りはここでほぼ終了。
あとは西湖、河口湖から大月まで下り基調です。

道は上りから平坦へ。
程なくして、西湖の入口へと差し掛かります。
私もここまでの走りで脚がきつくなっています。
このまま西湖、河口湖までご一緒すると帰りが厳しそう。
そこで、ここで分かれて帰路につくことにしました。

皆と挨拶、握手をして見送ります。
M山さん企画の下、これだけの方々が富士山周辺を走ってくださることには、感謝しかありません。

ここでUターンし、国道139号から自宅へ。
途中あさぎりフードパークに寄り、水分補給をします。

ここからはほぼ下り。
いつも通り農道から県道71号、上井手、北山、山宮経由で自宅へ。
17:00頃自宅着でこの日のサイクリングを終えました。

この日の走行距離は175.35kmで獲得標高は2,262m、実走行時間は8時間3分59秒で平均速度は21.7km/hでした。

この日走ったルートは、以下の通りです。


|

« 西湖合宿合流サイクリング | トップページ | あさぎりフードパークへ水を巡るサイクリング »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

あさぎりさんこんにちは!

富士五湖巡り、思い出しますー
チームジャージが何人も揃うとカッチョイイですねー!!
またみんな自転車のブランドが違っていたのかなー(^^)d

あさぎりさんすごいなーやっぱり。
過酷な1周な上に五湖巡りの180キロ!
私なら、何倍の時間、、、いや途中で体育座りをしてしまうんだろうなー(笑)
いや、まだ一周は無理と言われています。

また走れるときを楽しみにしています!


投稿: びび | 2017/08/06 12:24

ビビさん、ありがとうございます。
最後に本栖湖を追加された例の富士四湖サイクリングですね。(^^)
あの時は新富士駅からの上り27℃でも暑過ぎと不満を述べていた季節でした。
なるしまメンバーは相変わらず自転車ブランドはマチマチ。個性豊かな(自転車だけでなく)メンバーでした。
この日は早朝スタート+曇りベース+マイペースゆったりで仲間との合流までは体力温存できました。
やはり、無理なペースで心拍があがると脚と身体への負担は大きくなりますね。
ビビさんと富士山一周できる日を楽しみにしています♪

投稿: あさぎり | 2017/08/07 07:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/65610586

この記事へのトラックバック一覧です: 山中湖~あさぎりフードパークサイクリング:

« 西湖合宿合流サイクリング | トップページ | あさぎりフードパークへ水を巡るサイクリング »