« 富士四湖周遊サイクリング | トップページ | 西湖合宿合流サイクリング »

あさぎりフードパーク(息子と)サイクリング

6月11日(日)に、サイクリングに行ってきました。

この日は、久しぶりに息子をサイクリングに連れて行ってあげたいと企画。
当初は伊豆の国市の日本サイクルスポーツセンター(CSC)に出向き、5kmサーキットを走ろうと考えました。
せっかくなのでデローザさんにもお声掛け。
二週連続にも関わらず、快くお受けいただき、CSCまでは二人で走り、そこで家族と合流する手はずにしました。

ところが、調べてみるとその日CSCではレースが行われ、5kmサーキットは終日貸し切りとのこと。
先に調べればよいのに、この日は大規模イベントMt.富士ヒルクライムが開催されるのでCSCは大丈夫だろうと油断していました。

そんな訳で、急きょ目的地を変更、あさぎりフードパークへの道のりを走ることとしました。
私とデローザさんは新富士駅から自走し富士ミルクランドで家族と合流、息子はそこからフードパークまでを走ることとします。
もちろん、このコース変更にもデローザさんは快く応じてくださいました。

朝、7:00頃に自宅を出発。
いつもの新幹線(7:36新富士駅着)で到着するデローザさんを出迎えます。
自宅から新富士駅までは下り基調。
無理せず走ることができます。

デローザさん到着

前週お越しいただいた時と同じ新幹線で今週も。
本当に、デローザさんには感謝です。
自転車を組み立て、二人で早速スタートします。

富士ミルクランドまでのコースは、県道24号から国道469号、広域林道を通って富士山スカイライン周遊区間、下って篠坂から県道72号、上井出から県道71号と言うルートです。
前半部分は、以前トキちゃん達と富士山一周したルート。
厳しい上りにデローザさんの心が折れかかったトラウマを解消すべく設定しました。
中盤は、二人が大好きな林道。
開放感抜群のルートは、走ったそばから道を忘れてしまうデローザさんの記憶にも残るほどです。
後半は、前週と同じルートになります。

新富士駅を出て市街地を抜けると、道は早速上りに。
上りはじめてすぐに気づきますが、どうも私はこの日、調子が今一つです。
たいしたペースではなく、気温も前週より低いのに、やたらと汗ばかり出ます。

上りスタート

幸いにして?デローザさんもそれほど調子がよいわけではなかったようで、少し距離を置きながら淡々と追従してくれます。
もしかしたら、調子悪そうな私をニヤニヤ眺めていたのかもしれませんが。

急激に立ち上がる坂道。
前回走った時よりも斜度がきつく感じます。
これは、地形の隆起でしょうか(いや違う)。

東名高速、新東名高速を横切ると、さらに汗の量は増します。
細くなった道はより斜度を感じ、ようやく補給ポイントに決めていたコンビニに到着した時にはヘロヘロと座り込む有り様。
この辺りで既にデローザさんも私の不調には気づいていたようです。

笑顔ではありますが

アイスとドリンク、大福を補給し、なんとか人心地つきます。
デローザさんもアイスを食べながらこの様子。
やはり、本調子ではなさそうです。

デローザさんも

前に進まない訳にもいかず、再スタート。
ここまでも十分辛かった県道24号ですが、本格的に厳しくなるのはここから。
10%の傾斜が何度も出現しながら、斜度が緩まない上りが続きます。
上れない坂ではありませんが、この日の二人には余計に厳しく感じられました。
いや、私だけかもしれませんが。

格好だけはしっかり上っているように見える

デローザさんは少々余裕があるらしく、軽やかに動きながら写真を撮ってくれました。
撮影者の腕のおかげか、格好だけ見ればしっかり上っているように見えますが、速度はスローモーションそのものです。

どこまでも続くかと思われる上り。
途中、斜度が5~6%になると、平坦かと思う程楽に感じます。
ようやく国道469号の分岐に到達したところで、堪らず休憩、自転車を降ります。

汗が滴る

デローザさんは余裕

座り込むと、額や肘からは汗がポタポタと落ちます。
デローザさんも口では厳しいねぇと仰っていますが、笑顔で余裕がありそう。
実は、ここから国道469号を西進すれば、当初予定のコースより楽にミルクランドに向かうことができます。
一瞬それを提案しようかとも思いましたが、休むとそれなりに回復したので富士山こどもの国方面へと進むことにします。

再スタート

再スタート。
上りはまだ続きますが、ここまでくれば比較的走り慣れた道です。
坂の終わりもわかっているので、ペース配分しながら上ります。

やがて、富士山こどもの国前に到達。
残念ながら富士山には雲がかかっていたので、スルーして進みます。

十里木カントリークラブの入り口を左折。
ここから広域林道に入ります。
私とデローザさんが大好きなコースです。

左はこどもの国、右はゴルフ場の道沿いに植えられた木々は青葉濃く。
昨年は紅葉の季節に訪れられず残念でしたが、今年は来たいねと話合います。
この気持ちよい緑を撮影。

林道の並木

今日のカメラもCanon PowerShot G9 X
調子が悪い時こそ、存在を忘れられるほど軽量なこのカメラの有難味が増します。

気持ちよいと言っても序盤は上りの道。
何とかそこをクリアすれば、あとはアップダウンの続く直線路です。
調子は相変わらずですが、それでも気分はこれまでとは違います。

林道を進む

調子が上がらないせいか、いつもより長く感じる林道でしたが、やがて登山道(富士山スカイライン周遊区間)に出ます。
今日ほどここを右に折れて上らなくてよいことに感謝したことはありません。
寸分の迷いもなく左に折れ、下りはじめます。

篠坂交差点までは一気の下り。
汗が冷えて身震いするほどです。
標高1,000m超から500m付近までのダウンヒル。
篠坂交差点を右折し、県道72号に入ります。

県道72号は緩いアップダウンの道。
奇石博物館前を通過し、上井出へと走ります。

上井出交差点を右折。
今度は県道71号の上りですが、ここはもはやホームコース。
後ろからデローザさんのプレッシャーを感じながらも、マイペースで上ります。

程なく富士ミルクランド到着。
予定では11:30過ぎの到着でしたが、20分程早着しました。
こんなことなら、もう少しゆっくり走ってもよかったのですが、家族に先着できたのでよしとしましょう。
二人、ジェラート(この日二つ目のアイス)でリラックスします。

富士ミルクランド到着

ジェラートを食べ、ドリンクを補給して歓談していると、家族が到着します。
デローザさんは息子を車まで迎えに行ってくれました。
この日は、息子の友達として走ると約束してくださっていたのです。

家族到着

ここから走る息子は事前の補給。
娘は妻と車でフードパークへと向かい、道の駅朝霧高原北の周回路を走る予定です。

準備

車から息子の自転車を降ろします。
相変わらずずっしりと重い自転車。
我々の二台分よりも重く感じます。
これは明らかにハンデですが、彼は若いので良しとしましょう。

公道で長距離(約10km)を走るのは初めての息子。
しかも、ミルクランドからフードパークまでには300m程の標高差があります。
安全を考え、ルートは農道中心。
一部県道71号を走りますが、それ以外は車の極めて少ない道です。

あさぎりフードパークへの走り

あさぎりフードパークへの走り

あさぎりフードパークへの走り

あさぎりフードパークへの走り

斜度がきつめの所もあり、押し歩きが入るかと思った息子。
ところが、なかなかどうして、淡々としたペースでペダルを踏んでいます。
思ったよりも確かな走りと頑張りにびっくりしました(親バカ)。

私とデローザさんは交互に写真を撮り合います。
息子はそれを意識しながらも、マイペースで進みました。

一旦平坦基調になった道は県道71号に出ると再び上りに。
荻平付近の傾斜は大人でも堪えるものです。
そこを、懸命に上ります。

頑張って上る

県道71号でも押し歩きするかと思った上りはすべてクリア。
再び農道に入れば、これまでよりぐっと楽になります。
ここにきて、息子もリラックスした様子。
デローザさんの励ましもあり、着々と距離を稼ぎます。

再び農道へ

再び農道へ

やがて、朝霧アリーナ裏手の上りもクリア。
ここまでくれば、もうあとはほぼ平坦です。
最後の短い上りもクリア。
一度も休むことなく、10kmの道のりを走り切った息子。
デローザさんとともにあさぎりフードパークに到着です。

あさぎりフードパーク到着

息子はまだ少し余裕がありそう。
売店で挨拶だけして、妻と娘が走っている道の駅北周回路に向かいます。

周回路を一周すると、道の駅そばに妻と娘の姿。
既に二周して、もうへこたれている(妻は)模様です。
皆でもう一周だけしようと提案、妻も渋々スタートします。

周回路を走る

周回路を走る

周回路を走る

一周1km程のこのコースは、途中に短いながら10%の坂がある道。
息子はここまでの疲れがあるものの、しっかりとクリアします。
娘も淡々とクリア。
今度はデローザさんが娘に付き添ってくれています。

走り終えた一行は、車に自転車を積み込み、朝霧乳業露店へ。
デローザさんがピッツァとじゃがバターをごちそうしてくださいました。
息子の表情は、どこか満足そうです。

お楽しみ

楽しいひと時

皆でピッツァ、じゃがバター、バターチキンカレーを食べながら、ここまでの走りのこと、その他諸々話に華が咲きます。
今日はいないトキちゃんの話も多々。
きっとくしゃみをしていたことでしょう。

娘はたってのお願いで、デローザさんと顔出しパネルで写真を撮ります。
こちらも満足そうです。

顔出し

そんな中、突然「買手屋さん」と声をかけられます。
振り向くと、そこにはなるしまフレンドクラブ員仲間のYSDさんが。
富士ヒルの帰りに、仲間とフードパークに立ち寄ってくださっていたのでした。

実は直接お目にかかるのは初めての私。
記念に写真を撮ってもらいます。

YSDさんと

昨年も、一昨年も富士ヒル帰りにお越しいただいていたYSDさん。
いつかしっかりご挨拶したいと思っていましたが、思いがけない出会いに嬉しさ一杯でした。

そうこうしている内に、時は過ぎます。
一同は帰宅の途につくことに。
私とデローザさんは自走で、家族は車で帰宅することにします。

調子もかなり戻り、しかもほとんど下りの道。
デローザさんと景色を楽しみながら走ることにします。
富士山は相変わらず雲の中だったので、この日は猪之頭経由で。
途中、陣馬の滝に立ち寄りました。

陣馬の滝

陣馬の滝をいたく気に入った様子のデローザさん。
夏になったらまた皆で来たいですね。

この日は北山から裏道を通って自宅へ。
前週立ち寄った富士山本宮浅間大社はスルーです。

この日も無事自宅着。
その後帰宅(途中で買い物をしていた)した家族とともに、デローザさんを新富士駅まで送りがてら夕食にします。
とんかつに舌鼓をうち、この日の辛くも楽しいサイクリングは終わりました。

息子の成長に驚いた(相変わらず親バカ)嬉しさが自分の不調を帳消しに、そしてデローザさんとともに過ごした楽しいひと時が「終わりよければすべてよし」にしてくれました。

この日、私の走行距離は102.93kmで獲得標高は1,746m、実走行時間は5時間17分29秒で平均速度は19.4km/hでした。

この日、息子が走ったルートは以下の通りです。


|

« 富士四湖周遊サイクリング | トップページ | 西湖合宿合流サイクリング »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

すぎです。
林道の「緑」の写真、とっても素敵ですね。木漏れ日が絶妙です。サイクリングのアシストをしてくれたのではないでしょうか?
5月14日に富士芝祭りを訪れた際は、まだ春らしく緑も濃淡だったのですが。季節の移ろいを感じました。
紅葉も楽しめるとのこと、行けるといいですね。

(追伸)
イワツバメの着陸、地上歩行を撮影できました!(巣の材料集めに違いないです。)
通勤途上で発見、慌ててカメラを取り出しました。程なくいなくなってしまったので、幸運でした。

投稿: すぎ | 2017/06/20 22:21

すぎさん、ありがとうございます。
林道と言っても、この入り口付近はゴルフ場の横を通り抜ける部分、植樹がしっかりなされています。
確かに、きれいですよね。
標高800m以上なので涼しくはありましたが、木陰がありがたいことにも変わりはありません。
イワツバメの地上歩行、珍しいですね!
この季節ならではのこと、わかる人には季節感も伝わるよい写真になったことでしょう。
ラッキーでしたね♪

投稿: あさぎり | 2017/06/21 06:34

あさぎりさんこんにちは!

トキコーチとの富士ヒルクライムからの「予想外本栖湖一周プラスride」から2週間。
少しずつですが、アップダウンの走り方を忘れないように走っております。

スゴーイスゴーイ!
奥さんも長い直登!スゴーイ!
子どものパワーも本当にすごいですねー!!

頭で考えてから登ろうとすると変な緊張が走り動揺してしまうことも。
全くめんどくさい脳だ!!

またあさぎり高原に鍛えてもらいに連れていってもらいます!

投稿: びび | 2017/06/25 13:21

ビビさん、こんにちは。
予想外本栖湖、トラウマになりそうで危なかったですね。w
昨日土曜日は好天の中、デローザさんとのグルメライドを楽しめたようで、何よりでした。
デローザさんのブログでも確かな走りを褒められていましたね。
奥さんは長い直登、していません。(^^;)
短い直登を押し歩きで二度上っただけです。w
子供のパワーは確かにすごいです。
すぐに置いて行かれる日も近そうです。
そう、頭で考えずに上りましょう。
朝霧高原でお待ち申し上げております♪

投稿: あさぎり | 2017/06/25 18:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/65435496

この記事へのトラックバック一覧です: あさぎりフードパーク(息子と)サイクリング:

« 富士四湖周遊サイクリング | トップページ | 西湖合宿合流サイクリング »