« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

なるしま蓼科ロングラン2017(二日目)

満を持して?参加したなるしまフレンド蓼科一泊ロングラン二日目の様子です。

160km以上の距離をずっと雨の中走った初日
なんとなく浅い眠りから覚めると、窓の外には爽やかな青空が広がっています。

蓼科の朝

ゆったりと起き、どことなくボーっとした頭のまま、荷物をまとめ片付けます。
昨晩洗ってバスタオル脱水しておいたジャージ類はほぼ乾いた状態。
しかし、この日は別のジャージを用意していたため、サポートカーに預けるバッグへと収納します。

7:00から朝食会場へ。
相変わらずのバイキングには心躍り、ついつい取り過ぎてしまいます。
おにぎりをおかずにご飯を食べる?と言う、我ながら訳の分からないチョイス。

朝食

炭水化物の量が多いですが、この日は途中の補給が限られるため、たくさん食べておきたいのです。
いや、嘘です、単に食欲に勝てないだけ。
ま、それも含めてのロングランです。

朝食後、宴会場に預けておいた自転車を取りに行き、外に出ます。
ちょっとひんやりした空気ですが、半袖で問題なし。
アームウォーマーもバッグにしまいました。

集合場所に行くと、鳴嶋会長も出ています。
会長は換えのビブショーツを忘れたらしく、パッドなしタイツの上にレインウェア(下)と言ういでたち。
自転車歴60年以上のレジェンドですが、どことなく初心者のようと言いながら笑います。

鳴嶋会長

淳さんのブリーフィングとサポートメンバーの紹介の後、スタート前の集合写真を撮影。
ホテルスタッフにカメラを預けましたが、若干ブレていたため私が撮影した写真です。

今日も安全第一で

集合写真

これだけのメンバーを無事故で立川まで帰すのは、スタッフの心労もさぞかし大きなことでしょう。
それ以前に、前日の悪条件の中、事故なく蓼科に到着したこともさすがです。
ベテランでもあの雨と低温の中では集中力が削がれる状況でした。

集合写真撮影後は、三々五々スタート。
ふと気づくと、鳴嶋会長の姿はもうありません。
数年前までは皆を見送り、最後尾で淳さん、木下さんとスタートしていた私。
今年もそうしたいのは山々ですが、会長が自宅まで自走するとのことだったので、そのサポートもしたく、慌ててスタートしました。

ビーナスラインの下りは路面状況もあり神経を使います。
路面のうねりがバイブレーションを呼び、自転車が不安定となる箇所もあるので慎重に下ります。

そして、エコーラインに入ると、今度は上り基調の道に。
前日寒さに震えた部分です。
エコーラインに入ってすぐに、会長たちのグループに出会います。

ここで先行して撮影。
その後も、次々やってくるグループを撮影します。
やや雲が多くなっていたものの、前日とは打って変わった爽やかな蓼科に、皆笑顔です。

帰路のエコーライン

帰路のエコーライン

帰路のエコーライン

帰路のエコーライン

いくつかのグループを見送り、私も再スタート。
あまりグズグズしていると、会長を見失ってしまうかもしれません。
もっともこの後のコースでは下りも多く、体重を活かして追いつけるとは思いましたが。

上りでの追走はきつく、ちょっと息が上がると何かが出てきそうになります(確実に朝食)。
あまり無理をし過ぎない範囲で頑張り、やがてこの人たちの背中に。

Aコースグループ

前日の飯島さんに続き、この日は都貴さんの背中を見ながらしばらく走りらせてもらいます。
快速列車で、難なく会長の場所に復帰。
ここからは鈍行の機関車となります。

走りながら会長と話をすると、どうもお尻が痛いとのこと。
パッドなしのウェアでは、自宅まで走れそうにないとのことでした。
しばらく走ると、三妙さんと伊美社長のサポートカーに出会います。
挨拶をし通過しましたが、ふと気づけば、そこに私のビブショーツ入りバッグがあるはずです。

会長に提案をし、Uターンしてサポートカーの場所まで戻ります。
会長のサイズはXS、私のサイズはXLですが、今のパンツの上から履けばどうにかなるはず。
果たして、お尻の痛みはかなり軽減されたとのことで、安心して進みます。

七里岩ラインを会長と快調(自分比)に走ります。
時折ある上り返しではプレッシャーを受けながらも、前を走るグループをいくつかパス。
長坂手前で、AKさんとM子さんに追いつきました。
「あ、買手屋さんだ! 会長も!」と声をあげてくれたAKさん。
そう、昨年は甲府からずっと一緒に立川まで戻ったのでした。

こうして4人になった一行は、長坂のコンビニをパス。
笹子峠を上る前提で、韮崎から甲府目指して走ります。
この日はなるべくバイパスを走りたくないと言うM子さんの意向もあり、旧道へ。
甲府市街も、確かにこちらの方が走りやすく、今後はこのルートがよいと感じました。

石和駅手前で、陸橋を渡り駅前へ。
トイレに立ち寄るためです。
ここで、M子さんは輪行にて笹子を越えるとのことで離脱。
再スタートは3人となりました。

甲州街道に入り、石和から勝沼を目指します。
実は、勝沼では昨年も一緒だったS木さんが合流予定。
日程の関係でフル参加はできなかったものの、帰路だけでもと輪行で勝沼まで来て待っていてくれたのでした。

勝沼にて

勝沼インター手前のコンビニで、無事合流。
到着する我々を、S木さんが撮影してくれました。

再会を喜び、会長もここで初の補給。
会長は朝食も摂らず、ここまで走っていたのでした。

再び4人になったグループは、ゆっくりと笹子への上りに入ります。
パワーを一定に保ち(メーターはありませんが)、息を上げないように意識してペースをつくります。
後ろの女性二人は言葉を交わしながら上る余裕あり。
会長は上りに入った時点で最後尾に回ります。
笹子峠への分岐前で加速して撮影。

笹子峠へ

皆元気です。
この直後、信号で笹子峠への旧道へ入ります。
ここから7kmの峠へのアプローチ。
昨年同様、会話を楽しみながらゆったりと上ります。

会長は、この上りが想定以上に遅く面食らった模様。
そうです、チーム一桁倶楽部の峠はこんなものなんです。
走りではなく、話が弾み、それでも1時間ほどで峠へ。
毎年恒例の記念撮影は、今回このメンバーでした。

笹子峠

トンネルをくぐっての下りはセミウエット。
木の葉や枝も落ちているため、慎重に下ります。
若干神経を使いましたが、無事甲州街道に復帰。
前日の補給ポイントでは、仲間が走りの様子を撮影してくれていました。

笹子からの下り

下りに入ると、速度は一変します。
私の体重で下るのですから、後ろの女性二人+会長はクランクを回さねば追いつけません。
ここから大月までは下り基調ですが、路面が悪く神経を使いました。
向かい風もあり、ソロではきつく感じたかもしれませんが、後ろにメンバーがついていると思えば脚にも力が入ります。

大月市街に入ると、いつの間にやらメンバーが増えています。
同室だったY崎さんと、神宮店スタッフのサトショーさんです。
これで、グループは6名に増えました。

猿橋でトイレ休憩。
Y崎さんとサトショーさんも休憩に入ります。
ここで、相談。
私のペースをもう少し見て、サトショーさんがそれに合わせて牽いてくれることになりました。
ありがたやです。

再出発。
猿橋からひとまず上野原を目指します。
サトショー列車は快適。
上野原の上りも、絶妙の速度コントロールで全員で乗り切ります。

上野原から藤野、相模湖へは軽くアップダウンのある道のり。
これまたソロでは辛い部分ですが、グループ最後尾で走りモチベーションを維持できます。
やがて、二つほどのグループに合流。
前後しながらメンバーは一気に増えます。

相模湖の上りでインナーに入れようとしてチェーンを落とした私。
最後尾で気づかれず、その後追走する羽目になりましたが、無事グループに復帰しました。

サトショーさんは相模湖コンビニで補給ストップ。
会長はじめ他のメンバーは先行します。

そして、最後の難所大垂水峠へ。
ここの途中で、撮影のために前に出ます。
峠よりはかなり手前ですが、メンバーの撮影をしました。

大垂水峠へ

撮影後、グループ復帰。
峠手前ではサトショーさんが猛スピードで追いつき、先行しました。

私も家老の後ろについて下りに入ります。
途中で相談し、高尾山口でトイレストップ。

会長はここを通過し、自宅に戻るとのことで、ここでランデブーも終了です。
ビブショーツは後日、素敵なプレゼント、メッセージとともに送り返してもらいました。
感謝、感謝です。

高尾山口からは再び私が先頭に。
AKさん、S木さん、Y崎さん、サトショーさんと5名のメンバーで立川を目指します。
そして、17:30前に無事なるしまフレンド着。
AKさんを迎えに戻ってきた(愛だ)小畑さんとは、日野自動車を過ぎてから出会いました。
昨年より早い到着です。

ゴール!

途中から再び自走したM子さんも到着済み。
この日ともに走ったメンバーで記念撮影です。

各々が自己の責任で(そうは言ってもスタッフのサポートあり)走る帰路は、いつも楽しみが一杯です。
特に今回のようにコンディションに雲泥の差があればなおさら。
年一回の機会ですが、こうして一緒に走ってくれる仲間に感謝です。
もちろん、これだけの企画を実行してくれるなるしまフレンドと淳さんにも感謝しています。

こうして幕を閉じたなるしま蓼科ロングラン2017。
完走証代わりのどら焼きをいただき、車に自転車を積み込み、富士宮への帰路につきました。

本当にありがとうございました!


| | コメント (4) | トラックバック (0)

なるしま蓼科ロングラン2017(初日)

ここのところバタバタしており、ブログの更新も滞っております。
そのため、朝霧高原をウロウロするソロサイクリングは割愛し、特筆すべきサイクリング日記のみ記述して参ります。

さて、そんなチャンスが訪れたのは、5月13日(土)・14日(日)の週末。
この日は年に一度の大イベント、所属するなるしまフレンドの蓼科一泊ロングランです。
今年は走行不足、体重増とやや(かなり?)不安材料がありましたが、ひとまずエントリ。
コースはもちろん、最も難易度の低いCコース(甲州街道直進)です。
もとより同窓会的要素の強い(私にとって)このイベント。
走りで消耗するより、夜の懇親に力を残しておきたいのです。

ところが、日程が近づくにつれ、天気予報は悪化。
曇りから時々雨、雨時々曇り、そしてついに雨へと変化します。
それも、ほぼ一日中降るとの予報。
金曜日午後に立川入りし、店で雨具を購入します。

雨用グッズ

レインシューズカバーはゴム製のシューズにピッタリつくもの。
レインウェアと言うより雨合羽に近いビニール素材のオーバーウェア。
そして、雨滴が目に飛び込まないよう、つば付きのキャップです。

これに加え、雨天走行後に自転車をメンテするケミカル類も購入します。
皆笑顔で話をしていますが、ややテンションに陰りが見えるのは気のせいでしょうか。

ホテルにチェックインし、夕食に。
実家両親との食後、友人と二次会。
楽しい時を過ごさせてもらいます。

そして、4時過ぎ起床。
の、はずが二度寝をし、目覚めたのは5時前でした。
慌てて準備をしホテルを飛び出すと、雨がちょうど降りはじめていました。
激しい雨ではないものの雨滴は大きく、見る見るうちに路面はウエットになっていきます。
サイクルウェアで荷物を背負い、傘をさすというアンバランスないでたちでなるしまフレンドへと歩きました。

幸いにしてスタートには間に合いました。
サイクルシューズに履き替え、レインシューズカバーを装着。
レインウェアとキャップも身に着け、準備完了です。

この雨により、当初のコースはキャンセル。
すべてのメンバーがCコースとなり、さらに笹子峠もキャンセル、トンネルをくぐる指示となります。
安全第一なので、これは致し方ありません。

集団を大きくしないため、各自グループ分けの名前を呼ばれスタート。
私は小西(兄)さんのグループで出発します。

日野、豊田、八王子と市街地を走る一行。
簡易的な泥除けや跳ね防止のプレートを付けてはいるものの、水飛沫は相当なものです。
この時点では気温も低くなく、寒さを感じなかったのは幸いですが、会話もできず皆黙々と走っていきます。

八王子市街を通過、高尾から大垂水峠へと入ります。
この雨だと、むしろ上りの方が走りやすい気が。
ビニール製レインウェアの中で汗はかきますが、これでむしろ二日酔防止(水分入れ換え)になるかと前向きに考えました。

雨でブレーキの効きは鈍く、下りはより神経を使います。
大垂水峠からは前とたっぷり間隔を空けて下ります。

相模湖のコンビニで最初の休憩ストップ。
ビショビショの格好で店内に入るのは気が引けますが、ひとまずおにぎりをひとつ購入して補給します。
ここでサポート三妙さんより情報をいただき、鳴嶋会長がすぐ後ろにいるとのこと。
そんな話をしていると、会長通過。
小西(兄)さんに会長とともに走ると告げ、すぐに追います。

会長もこの雨の中、無言。
挨拶だけし前に出て、あとは二人で黙々と走ります。
藤野を過ぎて小西(兄)グループに抜かれますが、つかずにマイペースで。
上野原でパンクのN野さんをパス、猿橋までノンストップで走り、小西(兄)グループから少しだけ遅れて到着しました。

猿橋でサポートカーからの補給を受けます。
いつも感謝のアズマ産業伊美社長、三妙さんに加え、今年もブリヂストンアンカーのサポートカー。
初日のドライバーは昨年もサポートいただいた清水都貴さんです。
もう一名飯島誠さんは初日自走サポート、この雨の中頭が下がります。

トイレを済ませ、会長と先行して出発します。
そして、相変わらずの黙々の走り。
私のペースが遅いのか速いのかはわかりませんが、会長の前を牽けるのは幸せです。

大月市街を抜けると、笹子までは上り基調。
再び小西(兄)グループに抜かれますが、その他のグループとは出会わずマイペース維持です。
往路でもこれだけ会長と長く走れたのは初めてのことでしょう。
こんな状況下ですが、いつもより距離が短く感じたのはそのせいもあったかもしれません。

やがて、笹子トンネル手前の補給ポイントへ。
おにぎりの補給を受けます。
先行した小西(兄)グループに加え、小西(弟)グループも到着。
Aコース(当初)グループは笹子休憩せずに先行した模様でした。

会長は道路脇に立ち、後続グループを待ちます。
しかし、後続は姿を見せず。
補給後じっとしているとどんどん体温が下がり、寒さを感じます。
そこで、会長と数名で先行スタートすることに。

私を先頭に家老、会長、もう一名の4人でトンネルをくぐります。
笹子トンネルを抜けると、長めの下り。
ここでは体重のある私が加速します(してしまいます)。
雨の中慎重に下ったつもりですが、会長はこの下りにつけず、マイペース走に切り替え。
勝沼から石和は三名での走行となります。

石和を過ぎ、甲府市街に入ると、前方に数名のグループ。
小畑さん、飯島さんを含むAコース(当初)のメンバーです。
渋滞の中やがて追いつき、後ろにつかせてもらいます。

車の多い甲府市街ですが、信号からスタートすると、速度はさすがに快速メンバー。
この列車に乗らせてもらえるのは大いに助かります。
ふと気づくと後ろに誰もおらず。
結局Aコースグループ+私と言うアンバランスなメンバーで甲府市街を抜けました。

やがて、釜無川沿いに。
しばらく走った信号で、小畑さん、飯島さんと私だけが取り残されます。
信号が青になり、二人は前を追います。
私はここで無理をすると、終盤の脚に影響が出そう(脚が攣る)。
追走を諦め、ここからソロとなります。

ソロになると、雨と寒さが急に気になりはじめます。
しかし、幸いにして追い風気味。
走り自体は何とかペースを維持(自分比)できました。

長く感じる釜無川沿い。
穴山橋まで行けば、インターマックスの設営下さる補給ポイントです。
毎年楽しみなそこを目指し、淡々とペダルを踏みました。

ようやく穴山橋に到着。
Aコースグループに次いでの到着です。
木下さんをはじめ皆様に挨拶をし、補給を受けます。

雨のインターマックス補給所

楽しみにしていたお稲荷さん、漬物に加え、この日は味噌汁も。
冷えた身体に暖かい味噌汁はありがたく、二杯いただきました。

やがて、会長も到着。
寒さもありかなり疲れている様子、ここでサポートカー乗車も勧められていました。
この後、小西(弟)グループも到着します。

私はここで小西(兄)グループの到着を待ち復帰を考えるものの、ストップしていると寒さが身に沁みます。
身体の震えもあり堪らず、Aコースグループ出発直後に穴山橋を出てソロランとしました。
上り基調ではあるものの、傾斜は緩く平坦部もある道のりをまたもや淡々と走ります。

次なる休憩ポイントは道の駅蔦木宿。
その手前で前走の一名を見つけ、パスします。
道の駅に入り、トイレのみ済ませます。
先ほどの一名はここを通過した模様、姿は見えません。

出発しようとすると、ちょうど小西(弟)グループが入ってきます。
一瞬、このグループにつこうかとも思いましたが、この雨ではマイペースの方が楽かと考え先行します。

富士見への上り序盤で先ほどの一名を再びパス。
後ろにつくかと思いましたが、相当疲れているらしく、やがてつづら折れでも姿が見えなくなりました。

富士見峠へと上っていると、サポートカーが横に並び、会長が声をかけてくれます。
後ろの一名はやはり相当消耗している模様、今後が心配です。
会長がサポートカーに乗ったことで安堵し、少し脚に力も戻ってきました(この時は)。

富士見で右折、エコーラインへと走ります。
ここの序盤の上りが、実にきつく感じました。
例年仲間と走ると、加速して写真を撮る余裕すらある場所。
ところがこの日は、インナーギアすら重く重く感じます。
直前で一旦止んだかに思われた雨は霧となり、そして再び降りはじめます。
それもテンションダウンの要因となります。

ビーナスライン手前に差し掛かると、今度は平坦~下り基調の道に。
途端に、寒さが身に染みてきます。
この雨の中、ソロで標高1,000mの高原を走る自分。
もはや、何のために走っているのかさえよくわかりません。
先ほどの一名を待ってサポートしようなどと言う余裕も全くなく、ただただ自分のゴールのためにのみ走っています。

ようやくビーナスラインに到達。
斜度のきつい上りですが、先ほども書いた通り、下りよりましです。
遠慮なくギアをインナーローに入れ、残っている気力を引っ張り出します。

道端のジェラート屋は二件。
最初の一件に仲間の姿はありません。
それも当然と、さらにきつくなる上りをジワジワ、淡々とクリアしていきます。
登坂車線が終わり、ソーセージ屋(二件目のジェラート屋)にも人の姿なく。
もちろん、自分も立ち寄ろうと思えずにパスします。

すると、ここで小畑さんと出会います。
道端のポリス人形を撮影しに戻ってきた模様。
流石雨でも走る実業団メンバー、余裕が違います。

二言三言交わして先行。
滝の湯への最後の上りをクリアします。

滝の湯到着!

ようやく、ようやく滝の湯到着です。
思い起こせば小西(兄)グループの立川~相模湖、会長と二人道中の相模湖~笹子、Aコースグループとの石和~甲府、ソロランの穴山~ゴールまでと、それぞれに感慨深いものがある道中ではありました。
後ろから迫っているであろう小西(弟)グループに先着できたことで安堵するローディー本能の欠片に自分でも驚きながらホテル入り口へと向かいます。

ホテルで受け取ったウエスで自転車の水分と汚れを落とし、自転車を格納。
雨のためメーターを装着せず、この時点で走行距離・時間や平均速度もわかりません。
ただぐったりと消耗し片付けをしていると、Y崎さんが声をかけてくれます。
彼は雨を避け、輪行で到着していました(これが正解)。
同室とのことで、一緒に部屋に向かいます。

この時点でサポートカーに預けたバッグは到着していませんでしたが、寒さもあり、下着の到着を待たずに温泉へ。
ここでウェアと洗い、乾かしておいたことが後に功を奏しますが、この時点ではただ惰性で行った作業です(翌日用の換えのウェアは別に持参)。

やがて、次々とグループが到着。
宿の部屋は活気に満ちていきました。

19:00過ぎより夕食。
温泉にも入り、この時点では体力もかなり戻ってきていました。

同室の三名とともにテーブルにつきます。
先ほどまであれほど寒さに参っていたのに、生ビール飲み放題を頼み、つまみもたくさん取ってきます。

滝の湯バイキングにて

乾杯!

楽しい時はあっという間。
生ビールを5杯半飲み、たらふく食べてお次は部屋飲み。
と、思いましたが、訪れた会場で眠気に負け、ほぼ最初から睡眠モード。
時折むくっと起きて写真を撮り、また横になると言う不思議なオブジェと化してこの日は幕を閉じました。

二日目に続く


| | コメント (4) | トラックバック (0)

暮れ行く富士山

牧草地を照らす夕日と

この季節ならではの逆さ富士

茶畑の夕暮れ時

2017年のG.W.も終わりましたね。

今年のG.W.はあさぎりフードパークの朝霧乳業売店での仕事が多く、せっかくなので何日かは自転車で通勤しました。
流石にこの季節になると日が長く、仕事を終えて朝霧高原から下る際にも明るさが残っています。
連休最終日となった5月7日(日)の夕方も、まだ太陽が西側の山々の稜線から照らしていました。

あさぎりフードパークから農道、県道71号、大月線と下り、自宅へと向かう過程では、そんな夕暮れの光景を存分に楽しむことができます。
牧草地に影となって映る自撮り?から、この時期ならではの水田に映る逆さ富士、そして雲がほんのり焼ける日没後まで、G.W.の締めくくりに相応しい光景でした。

今回の写真はCanon PowerShot G9 Xにて撮影(現在はMarkⅡが発売)。
サイクルウェアのポケットにスッと入るサイズ・重さながら、実に頼りになる相棒です。

G.W.は終わりましたが、高原の牧草地が気持ちよい時期は続きます。
本栖湖近くの富士芝桜まつりもこれからが見頃。
是非、朝霧高原を一日中ご堪能ください。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

朝霧高原も春から初夏へ

牧草地の緑

牧草地の緑

ちょっとバタバタしている日々。
そんな中、ふっと目を上げると、いつの間にか季節が心を追い越しています。

今年の静岡は平野部の桜が遅れた分、高原とのタイムラグが少ない印象。
麓が初夏の装いになると同時に、標高800mの朝霧高原も春から初夏へと急激に移ろっていました。

出勤時、牧草地脇で富士山からの日の出を待っていると、足元には青々とした牧草。
決して華美ではありませんが、それでも懸命に存在をアピールしているかのような色合いも見られます。

背後の桜も、薄桃色の花弁から青葉へ。
リレーのバトンが渡っている最中でした。

牧草の緑、木々の若葉のもえぎ色も眩しい朝霧高原は、一年で最も気持ちの良い季節を迎えています。
広大な高原地帯で、そんな色合いと雪の残る富士山を堪能したいですね。

撮影はCanon EOS 5D Mark ⅢEF100mm F2.8L MACRO IS USMです。

高原の桜も終わり

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »