« 富士ヶ嶺サイクリング | トップページ | 朝の相模灘 »

大室山西展望台サイクリング

2月12日(日)に、サイクリングに行ってきました。
早起きしての早朝サイクリングは疲れもあり叶いませんでしたが、妻から「昼過ぎまで」の言葉をもらい、9:00頃のスタートです。

抜けるような青空、前週の不安な天気とは段違いです。
空気は冷たく、この時期らしいと言えばそんな気候でした。
自宅から朝霧高原を目指すのはいつものルートです。

富士山に向かって

そして、背中ポケットにはCanon PowerShot G9 Xでこれまたいつも通り。
なんだか、判で押したようなサイクリング日記をつらつら綴っても意味がないのですが、いずれ読み返す(のか?)忘備録としての意味合いが強いでしょう。

山宮で登山道を横断、国道469を北山へと進みます。
この日、富士宮では駅伝が行われるとのことで、各所で交通規制の準備が進んでいました。
コースをよく理解していないので、時間帯によっては規制にかかるかもしれません。

駅伝の準備

応援の練習をする太鼓の音を聞きながら、大月線へと入ります。
そのまま上井出を過ぎ、富士ミルクランド方面へ。
考え事をしながらミルクランドを通過、実走行時間はチェックし忘れました。

これまでも何度も書いていますが、こうして自転車で坂を上っていると、実に考え事がはかどるのです。
むしろ、デスクで集中して考えている時の方が、堂々巡りに陥り何も出てこないケースが多いと感じます。
もちろん、安全最優先なので、交通量も少なくまっすぐな上りと言うこのコースならではのことですが。

ミルクランドを過ぎた沢には雪の名残。
白い流れが表現されていました。

雪の沢

人穴小学校、カフェナチュレの先で県道71号を右折。
富士ヶ嶺方面へと進みます。
ここから日陰も増え、雪の量も増す地点ですが、ひとまず大丈夫そうです。

雪はわずか

しかし、油断大敵です。
経験的に朝霧高原は標高700mと900m付近に気候の区切りがあるようです。
実際この日も、荻平から広見へと上っていくと路面状況が怪しくなってきました。

広見の牧草地脇

懸念された雪は、しかし県境を越えても増えず。
むしろ、日当たりが良くなれば路面はドライで実に快適です。
風は追い風気味。
帰りの向かい風は覚悟せねばなりませんが、今だけ捉えればさらに快適さをプラスしてくれます。
この辺りが走っていて一番気持ちよいポイントかもしれません。

富士ヶ嶺から大室山西展望台へ

まもなく大室山西展望台と言うポイントに来ると、再び路面に張り出す雪の量が増えます。
それでも、もちろん走れないような状況ではありません。
この付近の標高は1,100m超。
さすがに展望台から河口湖方面へ進むのは避けた方がよいかもしれません。

再び雪が

やがて大室山西展望台に到着。
素晴らしい眺めに気持ちが楽になります。

大室山西展望台

写真を一枚撮って退散。
来た道を戻ります。

富士ヶ嶺交差点を右折し、国道139号へ。
県境の温度計は0℃を表示していました。

気温は0℃

県境付近の光景

陽射しがあるせいか、それほどの寒さは感じません。
しかし、ここからの下りはさすがに肌に冷たく感じます。
向かい風もあり、イヤーパッドを装着しました。

国道139号から県道71号に復帰。
上井出まで下って、前週同様篠坂方面を目指します。
あとちょっと走りたいときに、このコースはピッタリです。

林間の緩いアップダウンを楽しみながら(眺望はゼロですが)、篠坂の交差点を直進。
国道469号へと向かいます。
国道に出てからは、これまた前週同様裾野方面へ。
まだ時間があるので、走れるところまで行こうとペダルを踏みこみます。

ゆったりしたペースで進み、やがて自宅へと下る地点へ。
ちょっと迷いましたが、できれば県道24号まで走ってくだろうと直進しました。

ところが!
その先の急坂途中で何やらハザードをつけて停まっている車がいます。
見ると、路面にはみぞれ状の氷雪。
所々は完全に凍っています。

ひとまず車をやり過ごしましたが、この急坂でこの路面はちょっと厳しい状況です。
インナーローでできる限り緩くトルクをかけ、ズルズル滑る後輪(下手すると前も)をコントロールしながら、なんとか上り切りました。
もちろん、途中で止まって写真を撮る余裕はなし。
戻って撮るリスクも取りたくありません。

上り切った交差点を右折。
大渕方面へと大人しく下ることにしました。

大渕へと下ると、自宅へと向かう道沿いにコンビニ。
出がけにチョコレートをひとかけら食べただけなので、さすがにエネルギー切れです。
昼食(家族にはパスと伝えている)も兼ねて、がっつりといただきました。

昼食

補給も終わり、満足。
ここから自宅へは、もう数kmの距離です。
またもや緩やかなアップダウンを走りながら帰宅。

途中ちょっとひやっとしましたが、終わりよければのサイクリングでした。

この日の走行距離は78.39kmで獲得標高は1,421m、実走行時間は3時間36分29秒で平均速度は21.7km/hでした。

|

« 富士ヶ嶺サイクリング | トップページ | 朝の相模灘 »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

キートンです。
 10~12も行っていました。 この時は、本当に寒かったですね。ドクタービレッジ手前の電光表示が -12 を 初めてでした。11日は昼過ぎまで氷点下、北麓公園近くの坂でも、車2台が立ち往生 それでも139号線では自転車何台か見ましたよ。元気ですね。

投稿: キートン | 2017/03/05 22:27

キートンさん、ありがとうございます。
さすがにこの季節、富士山日和も多いため活動も積極的ですね。
この時の空気の冷たさは堪えましたが、何しろ陽射しがありがたかったことを覚えています。
自転車乗りにとっては、どれだけ寒くても路面さえ許せばコンディションは上々と言えます。(^^)

投稿: あさぎり | 2017/03/06 08:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/64963822

この記事へのトラックバック一覧です: 大室山西展望台サイクリング:

« 富士ヶ嶺サイクリング | トップページ | 朝の相模灘 »