« 道の駅朝霧高原サイクリング | トップページ | Campagnolo(カンパニョーロ)スプロケット交換 »

清水サイクリング

相変わらず滞りっぱなしのサイクリング日記です。
やっと(日記上では)年が明けた1月3日(火)に、サイクリングに行ってきました。

今回はここ数年恒例となっている、年末年始休業明け前日の留守電チェックです。
一応、ほんのちょびっとだけ、仕事と言う名目での出発。
しかし、妻には当然バレバレです。
そもそも、雨だったら車で行くのか!?と。

そんな後ろめたさもあり、朝7:00には家を出て、清水の営業所まで午前中に往復する予定とします。
自宅から営業所までのルートは、いつも通り岩本経由。
よく晴れて富士山もきれいに見えています。
新年らしく、茶畑にも注連縄(ではないか?)が飾られていました。

富士山と茶畑

岩本山を下り、雁堤をゆったりと走ります。
風も弱く、陽射しもあり、実に穏やかな年明けです。
旧東海道に出て、富士川の橋を渡ります。
これだけ車が少ないのも、三が日ならではでしょうか。

富士川を渡る

ここからは、東海道をひた走るコース。
くどいようですが、一応仕事なので、旧東海道の宿場町を楽しむ余裕はありません。
富士川、新蒲原、蒲原と駅前を過ぎ、由比は駅前をパスして倉沢へと入ります。
ここは、大好きな道です。
ひっそりとしていて、実に趣があります。

倉沢地区

倉沢を抜けると、ここで新年恒例の力試し、通称「由比の壁」薩た峠への上りです。
ギアをインナーローにセットし、上りはじめます。

入り口からの急坂ですが、ひと段落したかに見せかけた直後の方が傾斜は急です。
落ち葉等で後輪がスリップしないよう気をつけながらジワジワ上っていきます。

すると、突然、前方から「みかん」がひとつ転がってきます!
ひとまず交わしましたが、あれを踏んでいたら落車する可能性もある、この日最大のピンチでした。

ともあれ、短い激坂は終わり、ここからは絶景を堪能しながら進みます。
単に呼吸を整えているだけとの疑いもありますが、いやいや写欲が掻き立てられているんですよ。

薩た峠からの絶景

薩た峠からの絶景

駿河湾洋上には「ちきゅう」も浮かんでいます。
富士山を撮るために遊歩道展望台まで行きたい気持ちもありましたが、半分宙に浮いている仙人のようなデローザさんと異なり、体重のある私がクリートで歩くと土がガッチリ入ってしまいます。
断念し、そのまま興津側に下りました。

興津川を渡って、またもや旧東海道、興津宿の街並みを抜けます。
清水駅前から押切の営業所へ。
ここで本日の本題、留守電チェックです。

留守電自体は問題なかったのですが、蓄冷材用の冷凍庫ファンがとんでもない音を立てています。
そこで、営業所に置いてあるメンテルーブをと思いきや、空です。
これに関しては、翌日自宅のものを持参し対処しました。

一仕事終え(た気になり)、早々に営業所を出発します。
帰路は追い風気味。
往路もそれほど向かい風だった気がしないので、これは新年早々縁起が良いことです。
運が割ると、行きも帰りも向かい風なんてことがありますからね。

興津までは往路と同じルート。
帰路は薩た峠をパスし、駿河健康ランド前を通って海沿いを走ります。

興津川を渡ると、東名高速の高架手前から富士山がきれいに見えます。
そこで写真を撮ろうと停まっていると、一人のサイクリストが通り過ぎていきます。

富士山とサイクリスト

好ペースでの走りで去っていくサイクリストを見送り、私も再スタート。
スマル亭前から歩道に入り、倉沢への信号まで到達すると、先ほどのサイクリストが信号待ちをしていました。

挨拶を交わすと、なんと、知人のF巻さんでした。
SNSでの交流もあり、これまでも何度か出会っているF巻さんですが、まさか新年早々ここでお会いできるとは。
嬉しさを感じながら、倉沢、由比と一緒に走り、話します。

由比の市街を過ぎると、F巻さんは家族との約束があるため東海道を直進。
私はまだ少し時間があったため、入山から大代峠を通って松野に下るルートを走ります。
序盤の緩さから中盤に向け次第に急になっていく大代峠への道を上りながら、F巻さんと一緒に東海道を走ればよかったかと若干後悔しながら進みます。

大代峠への上り

一旦緩くなる上りも、峠直前ではまたきつくなります。
ようやく峠を越えると、下りで家族連れサイクリストとすれ違いました。

下りきった先のコンビニで、この日初めての補給。
あとは松野の上りだけなので無補給でもよいのですが、年明け初回でハンガーノックも嫌ですからね。

おかげで、松野の上りは快調(自分比)。
富士宮市街へと下り、富士山本宮浅間大社前から商店街を抜けます。

富士山本宮浅間大社

浅間大社付近は初詣客で賑わっていました。
私もこの後、家族とともに初詣に訪れる予定です。

緩い上りを走り、自宅到着は11:30前。
約束通りの時間に帰宅し、新年最初のミッションは無事終了しました。

この日の走行距離は75.24kmで獲得標高は825m、実走行時間は3時間20分45秒で平均速度は22.4km/hでした。
背中ポケットのカメラは、この日もCanon PowerShot G9 Xです。

|

« 道の駅朝霧高原サイクリング | トップページ | Campagnolo(カンパニョーロ)スプロケット交換 »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/64818649

この記事へのトラックバック一覧です: 清水サイクリング:

« 道の駅朝霧高原サイクリング | トップページ | Campagnolo(カンパニョーロ)スプロケット交換 »