« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

Campagnolo(カンパニョーロ)スプロケット交換

先日、愛車(自転車)のスプロケット(後輪のギア歯)交換をしました。
普段、自転車のメンテナンスや部品交換はショップにお任せの私ですが、この程度ならとのチャレンジ(大袈裟)です。

私の自転車のコンポーネントは、イタリアのCampagnolo(カンパニョーロ)社製。
多く流通するSHIMANO(シマノ)社のものとは異なります。
1999年頃にそれまで使用していたシマノからなんとなくカンパニョーロ(以下カンパ)に変えて以来、何世代か愛用を続けています。

そもそも今回交換に至ったのは、歯飛びするようになってしまったから。
歯飛びとは、力を入れてペダルを踏みこむと、一部のギアでガツンとチェーンコマが飛んで空転してしまう現象です。
その原因は、チェーンとスプロケット歯の関係にありました。

実は年明けにチェーンが伸びている(リンク部分が削れて間隔が開く)ことに気づき、ショップにて新品のチェーンに交換してもらいました。
しかし、旧い伸びたチェーンで削られたスプロケットの歯が新しいチェーンのピッチと合わず、新品に換えたことで逆に歯飛びするようになってしまったのです。
その原因はこれまでの経験ですぐにわかりましたが、これを直すには新しいスプロケットに交換するしかありません。

そこで、早速新しいスプロケットを調達。
しかし、これまで使っていたSUPER RECORD(スーパーレコード)のスプロケットにはチタンが多用され、とても高価です。
5年ほど前はコンポーネントのセットで(勢いで)入手しましたが、ある種消耗品と考えるととても踏み切れません。
そこで、すべての歯がスチール製のCHORUS(コーラス)グレードのスプロケット(11スピード)を入手しました。

カンパコーラススプロケット(11S)

カンパコーラススプロケット(11S)

カンパのスプロケット(11S)は、コーラスグレード以上の基本的な構造は同じ。
すべてスチール製なのがコーラス。
ロー側から3枚がチタン製になっているのがレコード。
ロー側から6枚がチタン製になっているのがスーパーレコードです。

今回入手したコーラスでは、すべての歯がスチールなので銀色に輝いています。
本来であればこれをそのままセットすればよいのですが、今回はちょっと異なる作業となりました。

私が使用するスプロケットはトップ12Tからロー25Tの11スピード。
そして今回歯飛びすることが判明したのは17T、18Tの2枚です。
スプロケットはロー側から3枚、3枚はユニットになっており、一枚単位では変更できませんが、ユニットまとめてなら変更可能です。
歯飛びする17T、18Tはいずれもロー側から二つ目のユニット。
つまり、そこさえ新しいものにすれば、他は以前のものを使用できるのです。

とは言え、トップ側5枚はこれまでもスチール製。
ここを旧いままにしておく意味はありません。
そこで、ロー側3枚のユニットのみこれまでのものを使用し、ロー側3枚がチタン、つまりレコードグレードとして使用することにしました。
もちろん、実走テストにてロー側3枚の歯飛びはしないことを確認の上でのことです。

ひとまず、現在ついているスプロケットを外します。
これには別途入手したスプロケット廻しロックリング廻しを利用します。

スプロケットを外す

ロックリングは正ねじ。
ロックリング廻しで左方向に廻そうとするとフリーが空転してしまうため、スプロケット廻しでそれを抑えて廻します。
写真では寝かせていますが、実際にはホイールを立てて行いました。

スプロケットのロックリングを外した後、旧いスプロケットを抜き取り、洗浄します。
捨てる部分もオイルまみれでは何なので洗いますが、流用するロー側3枚(21T、23T、25Tのユニット)は特に念入りに洗浄しました。

さて、これで準備は完了です。

スプロケットをばらす

新しいコーラススプロケットの内、ロー側3枚のユニットは使用しないため、ガイドに残しておきました。
本来全部交換するのであれば、白いガイドをフリーボディ内側にセットしてスプロケットをずらせば装着できるようになっています。
今回、ここでばらしたことで失敗もあったのですが、それは後程。

フリーボディのグリスを拭き取り、新しいグリスを塗ります。
そして、チタン製のロー側3枚(これまで使用していたもの)をセット。
カンパのスプロケットはフリーボディと合わせ一部内側の突起が特殊形状となっており、セットする時に迷う要素はありません。

ロー側3枚のユニットを装着した後は、新しい3枚のユニット、そしてトップ側のギアをセットしていきます。
間に挟むスペーサーは二つ目のユニットの後のもの以外共通のようですが、念のためもともとセットされていた通りにつけていきました。

ギアをセットしていく

トップギアをセットし、ロックリングを手で廻し込みます。
そして、ロックリング廻しでロックリングを締め込んでいきます。
今度は右廻しなので、フリーを固定する必要はありません。

ここで、大失敗。
装着する時に気づかなかったのですが、ロー側3枚のユニットを装着した後、スペーサーを入れるのを忘れていたのです。
にもかかわらずロックリングを力いっぱい締めてしまったため、ロックリング内側のスプリング(ワッシャー)を壊してしまいました。

ロックリングスプリングを壊す

ロー側から二つ目のユニットのスペーサーは特殊なもので、ユニットに嚙み合ってすぐには外れないようになっています。
しかし、ロー側ユニットのスペーサーは他のものと同じく独立しているのです。
それをセットし忘れた挙句、ロックリングを締める前に間隔をチェックしなかった完全なミスでした。

気を取り直して、以前のロックリングを使用して再度チャレンジ。
もちろん、スペーサーはしっかりとセットしました。

再度チャレンジ

完了!

今度は難なく完了。
ロックリングは壊してしまいましたが、フリーボディのねじ山を壊さず何よりでした。
ちなみに、ロックリングの締め付けトルクは40Nmとのこと。
もちろんトルクレンチを使用してはいませんが、トップギアとロックリングに刻まれたギザギザが噛み合ってゴリゴリと音がする程度に締め込みます。

新しいスプロケットをつけたホイールを自転車に装着。
変速のチェックも行いましたが、問題ありません。

自転車にセット

そしてこの日、インナーローからアウタートップまで使うコース100km程を走りましたが、実に快調です(あくまでもギアは)。
逆にこれまで伸びたチェーンとすり減ったギア歯でトルクのロスがあったことも実感できました。
脚には若干きますが、その分推進力は確実に増しています。

以上、ミスもありましたが、スプロケットをすべて新しいものに換えるのであれば起こりようもないミスです。
道具さえあれば意外に簡単な作業。
不器用な私でもどうにかなるスプロケット交換でした。


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清水サイクリング

相変わらず滞りっぱなしのサイクリング日記です。
やっと(日記上では)年が明けた1月3日(火)に、サイクリングに行ってきました。

今回はここ数年恒例となっている、年末年始休業明け前日の留守電チェックです。
一応、ほんのちょびっとだけ、仕事と言う名目での出発。
しかし、妻には当然バレバレです。
そもそも、雨だったら車で行くのか!?と。

そんな後ろめたさもあり、朝7:00には家を出て、清水の営業所まで午前中に往復する予定とします。
自宅から営業所までのルートは、いつも通り岩本経由。
よく晴れて富士山もきれいに見えています。
新年らしく、茶畑にも注連縄(ではないか?)が飾られていました。

富士山と茶畑

岩本山を下り、雁堤をゆったりと走ります。
風も弱く、陽射しもあり、実に穏やかな年明けです。
旧東海道に出て、富士川の橋を渡ります。
これだけ車が少ないのも、三が日ならではでしょうか。

富士川を渡る

ここからは、東海道をひた走るコース。
くどいようですが、一応仕事なので、旧東海道の宿場町を楽しむ余裕はありません。
富士川、新蒲原、蒲原と駅前を過ぎ、由比は駅前をパスして倉沢へと入ります。
ここは、大好きな道です。
ひっそりとしていて、実に趣があります。

倉沢地区

倉沢を抜けると、ここで新年恒例の力試し、通称「由比の壁」薩た峠への上りです。
ギアをインナーローにセットし、上りはじめます。

入り口からの急坂ですが、ひと段落したかに見せかけた直後の方が傾斜は急です。
落ち葉等で後輪がスリップしないよう気をつけながらジワジワ上っていきます。

すると、突然、前方から「みかん」がひとつ転がってきます!
ひとまず交わしましたが、あれを踏んでいたら落車する可能性もある、この日最大のピンチでした。

ともあれ、短い激坂は終わり、ここからは絶景を堪能しながら進みます。
単に呼吸を整えているだけとの疑いもありますが、いやいや写欲が掻き立てられているんですよ。

薩た峠からの絶景

薩た峠からの絶景

駿河湾洋上には「ちきゅう」も浮かんでいます。
富士山を撮るために遊歩道展望台まで行きたい気持ちもありましたが、半分宙に浮いている仙人のようなデローザさんと異なり、体重のある私がクリートで歩くと土がガッチリ入ってしまいます。
断念し、そのまま興津側に下りました。

興津川を渡って、またもや旧東海道、興津宿の街並みを抜けます。
清水駅前から押切の営業所へ。
ここで本日の本題、留守電チェックです。

留守電自体は問題なかったのですが、蓄冷材用の冷凍庫ファンがとんでもない音を立てています。
そこで、営業所に置いてあるメンテルーブをと思いきや、空です。
これに関しては、翌日自宅のものを持参し対処しました。

一仕事終え(た気になり)、早々に営業所を出発します。
帰路は追い風気味。
往路もそれほど向かい風だった気がしないので、これは新年早々縁起が良いことです。
運が割ると、行きも帰りも向かい風なんてことがありますからね。

興津までは往路と同じルート。
帰路は薩た峠をパスし、駿河健康ランド前を通って海沿いを走ります。

興津川を渡ると、東名高速の高架手前から富士山がきれいに見えます。
そこで写真を撮ろうと停まっていると、一人のサイクリストが通り過ぎていきます。

富士山とサイクリスト

好ペースでの走りで去っていくサイクリストを見送り、私も再スタート。
スマル亭前から歩道に入り、倉沢への信号まで到達すると、先ほどのサイクリストが信号待ちをしていました。

挨拶を交わすと、なんと、知人のF巻さんでした。
SNSでの交流もあり、これまでも何度か出会っているF巻さんですが、まさか新年早々ここでお会いできるとは。
嬉しさを感じながら、倉沢、由比と一緒に走り、話します。

由比の市街を過ぎると、F巻さんは家族との約束があるため東海道を直進。
私はまだ少し時間があったため、入山から大代峠を通って松野に下るルートを走ります。
序盤の緩さから中盤に向け次第に急になっていく大代峠への道を上りながら、F巻さんと一緒に東海道を走ればよかったかと若干後悔しながら進みます。

大代峠への上り

一旦緩くなる上りも、峠直前ではまたきつくなります。
ようやく峠を越えると、下りで家族連れサイクリストとすれ違いました。

下りきった先のコンビニで、この日初めての補給。
あとは松野の上りだけなので無補給でもよいのですが、年明け初回でハンガーノックも嫌ですからね。

おかげで、松野の上りは快調(自分比)。
富士宮市街へと下り、富士山本宮浅間大社前から商店街を抜けます。

富士山本宮浅間大社

浅間大社付近は初詣客で賑わっていました。
私もこの後、家族とともに初詣に訪れる予定です。

緩い上りを走り、自宅到着は11:30前。
約束通りの時間に帰宅し、新年最初のミッションは無事終了しました。

この日の走行距離は75.24kmで獲得標高は825m、実走行時間は3時間20分45秒で平均速度は22.4km/hでした。
背中ポケットのカメラは、この日もCanon PowerShot G9 Xです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道の駅朝霧高原サイクリング

まだ2016年にとどまっている本ブログですが、いよいよ年末最終日、12月31日のサイクリングです。
この日、会社は年末年始休業ですが、私は物品の仕分けと搬送で出ることに。
しかし、一日仕事ではないため、ひとまず朝の時間帯を活用します。

とは言え、疲れと寒さで早起きはできず。
自宅を出たのは結局8:00頃となってしまいます。

時間の関係で、行先は後に仕事でも向かう朝霧高原です。
妻からは「後で行った時に売り切れているといけないので先に野菜を買っておくように」とのミッションを与えられての出発でした。

比較的暖かな年末とは言え、自宅そばの茶畑には薄っすらと霜柱。
空気は冷たく感じますが、陽射しは穏やかに降り注いでいます。

茶畑と霜柱

そんな陽射しの後押しを受けて、坂を上っていきます。
若干の追い風なのか、この日は忘れずに吸引したフルティフォームのおかげか、坂を上っていても前回より楽に感じます。

富士ミルクランド到着、やはりここまでの実走行時間は前回より2分ちょっと短くなっていました。

富士ミルクランド

ここまでの実走行時間

再スタート。
この日は距離が短いこともあり、先ほどまでとそれほど変わらぬペースでペダルを踏みます。
野菜が売り切れると、今後のサイクリングに支障をきたすことも予想されるので、気は急いています。

しかし、前回とは打って変わって、富士山はきれいに見えています。
この光景はカメラに収めずにはいられません。

牧草地からの富士山

荻平の先で農道を左折、あさぎりフードパークへと向かいます。
ここまでくれば、もう傾斜もそれほどではありません。
時間を気にしながらも、引き続き撮影をしながら進みます。

途中の牧草地では、富士山頂に浮かぶ雲と太陽が面白い配置に。

富士山と雲と太陽と

それにしても、Canon PowerShot G9 Xの逆光耐性は特筆すべきものがあります。
小ささ、軽さだけでなく、この点を取ってもこのカメラはサイクリングにうってつけです。

程なくしてあさぎりフードパークに到着、通り抜けて道の駅朝霧高原へと入ります。
まずは妻からのミッション、野菜の買い出しです。
自転車を降り、白菜、キャベツ、ブロッコリーなどを購入。
この日は背負って帰らずともよい(後で車で来るため)ので、気軽に買えます。

野菜GET!

購入した野菜は朝霧乳業へと預け、帰路につきます。
下りは国道139号からもちや裏手、ミルクランドと走り、そこからは来たとおりの道で自宅へ。

この日のサイクリングは距離53.94kmで獲得標高854m、実走行時間2時間19分59秒で平均速度は23.1km/hでした。
距離、時間共に短かったですが、年の瀬に走らせてもらったことに感謝です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大室山西展望台サイクリング

もはや単なる記録、忘備録となっていますが、ブログタイトルもWEB日記なのでご容赦ください。

昨年、12月25日(日)に、サイクリングに行ってきました。
この前の週、デローザさん、みかん、ビビさんとの富士山一周+パノラマ台サイクリングで燃え尽きた感があったこの年。
しかしまだ締めには早いと6:30過ぎに家を出ます。
門限は10:30なので、実質的には3.5h程の走行時間で平均速度を考えても富士ヶ嶺周遊がせいぜいです。
ジャージ背中ポケットにはいつものCanon PowerShot G9 Xが入っています。

前週比較的調子が良かったので期待して臨んだ朝霧高原への上り。
しかし、富士ミルクランド到着時の実走行時間は、これまで通り。
出発前にフルティフォームを吸引し忘れたのが原因か?
だとすれば、前週の好調は完全にドーピングです。

富士ミルクランド

どうにか1時間は切っていますが

この日の風景は、楽しむと言うにはほど遠いもの。
前週4人の時は全方位から、そして朝から夕方までしっかりと富士山を楽しめたのに、一人になったとたんこれです。
行いが・・・と言う論争には、もはや参加できそうにありません。
前週デローザさんが最後の写真を撮ったポイントで振り返りますが、その違いは歴然でした。

富士山見えず

前週の写真がこれ

下が行いの善い方の写真、上が・・・以下略

特に見るべきものもなく、淡々とペダルを回します。
でも、これはこれで考え事にはピッタリ。
ゆったりと富士ヶ嶺交差点を通過、時間的には大室山西展望台まで行けそうです。

やがて、展望台到着。
一応本栖湖を望む光景をカメラに収めます。
タイムは、相変わらず平々凡々。
ここにきての気温は0℃で、これも前週のコンディションとはだいぶ異なります。

大室山西展望台からの眺め

気温は0℃

さて、帰り。
門限もあるので、ペダルを回しながら下ります。
富士ヶ嶺付近まで走ると、雲間から富士山が。

富士山見えた

これはこれで幻想的な光景。
多少テンションを上げ(遅い)、国道139号から上井出、北山と下り自宅へと戻りました。

この日の走行距離は71.07kmで獲得標高は1,234m、実走行時間は3時間10分27秒で平均速度は22.3km/hでした。
門限まで20分を残して終了した燃えカスサイクリングでしたが、それでも走りたいのは困ったものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪景色の朝霧高原

雪の朝霧高原牧草地と富士山

雪の朝霧高原牧草地と毛無の山々

1月8日(日)昼頃から降り出した雨は、朝霧高原の標高700m以上の地点では雪となりました。
その雪は予想よりも勢いが強く、夜半過ぎまで降り続きました。
この時、少なからずの人の頭をよぎったのは、二年前の2月に降った大雪のことです。

しかし、今回の雪は幸いにしてその時のようにはならず。
除雪作業をスムーズに行ってくださったこともあり、翌9日の昼前の時点で主要道路はノーマルタイヤでも問題ない状況に。
ちょうど朝霧高原での打ち合わせがあった私も、雪景色を楽しみながら訪れることができました。

あさぎりフードパークそばの農道から見た牧草地越しの富士山は半分隠れていましたが、久々の雪景色は広大な景色をまた違った趣にしてくれます。
そして反対側、毛無の山々を見ると「これはいったいどこの国だ?」といった風情。
いずれの写真も撮影はCanon EOS M3+18-55mmキットレンズです。

この日は気温も高く、積もった雪はどんどん緩く、重くなっていきました。
上にも書いた通り、路面の除雪はすっかり終わり、通常の走行に雪の影響はありません。
しかし、これから一週間ほど強い冷え込みとの予報。
朝晩の凍結は予想されるため、十分ご注意ください。

あさぎりフードパークで8日に行われるはずだったどんど焼きのイベントは15日(日)に延期。
まだ雪の残る朝霧高原を愛でながら、是非ご参加ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

運と機材頼りの「月面X」

2017年1月5日の月面X

昨日(1月5日)、打ち合わせを終えた朝霧高原でふと外に出て空を見ると、月が浮かんでいます。
きれいな上弦の月に、思わず車からカメラを取り出しました。

機材は偶然積んでいたCanon EOS 7D Mark ⅡSIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryです。
35mm判換算で960mm相当の画角になるこの組み合わせで、月を狙います。

狙うとは言え、いつものズボラ撮影。
手持ちでISOは400に固定、絞り優先f8.0、月面のクレーターが写るようにと露出補正-2段です。
カメラが設定したシャッター速度は1/100秒でした。

換算960mmで1/100秒手持ちは厳しい条件ですが、レンズ手ブレ補正機構のおかげもあり(拡大するとブレはあるものの)ひとまず撮影ができました。
素人が適当に撮ってこれだけ写るのですから、大きく、重くとも、やはりこの機材の破壊力は凄いと実感します。

こうして撮影した画像を拡大して見ると、なんと月の断面に“X”の文字が浮かび上がっているではないですか!
本当に偶然ですが、この時は通称「月面X 」が見られる日、そして時間帯だったのです。

写真はトリミングしていますが、それをせずともわかる程に、この日のそれははっきりと見えていました。
もちろん、肉眼では月が小さく、そして明るすぎて見えませんが・・・。

以前はSNSで情報を得て、狙って撮った月面X。
たまたま持っていた機材で何気なく撮った月にそれが見えたことで、なんとなく嬉しくなった夕暮れでした。
何かよいことあるかな? あるといいなの2017年です。

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

富士山本宮浅間大社に初詣

富士山本宮浅間大社拝殿

1月3日(火)の昼過ぎ、一仕事を終えて家族とともに富士山本宮浅間大社に初詣。
毎年のことですが、お参りと縁起物の調達です。

これ以上ない天気と美しい富士山。
私は肩からCanon EOS 5D Mark ⅢEF85mm F1.2L Ⅱ USMを提げて。
息子はサンタさんに貰ったCanon IXY 180を腰につけています。

そこここでカメラを構えるのが二人になってさらに鬱陶しいとは妻の弁。
ま、それはそうでしょうね。

穏やかな空気の流れる浅間大社境内には、賑やかな神輿も。
息子も目を輝かせて撮影していました。

おみくじは私と娘が末吉、妻と息子は大吉。
これは家庭内での力関係か?
少し悔しかったので、持ち帰らずに結んできました。

なにはともあれ、こうして新年に家族そろって詣でられるのは嬉しいことです。
末筆になりましたが、皆様の平成29年が幸多き年であることを願っております。

富士山本宮浅間大社参道

神輿

カメラマン2

神籤をひいて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年明けましておめでとうございます

2017年富士山からの初日の出

2017年が明けました。

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

今年も元旦は快晴。
例年通り朝霧高原へと出向き、富士山から昇る初日の出を撮影してきました。
あさぎりフードパーク、道の駅朝霧高原からは多くの方々が初日の出を楽しんでいらっしゃいました。

撮影はCanon EOS 5D Mark Ⅲ+EF100mm F2.8L MACRO IS USMです。

2017年が皆様にとって幸多き年であることを願っております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »