« 2016年富士山初冠雪 | トップページ | 富士宮まつり撮影 »

なるしまグランフォンドサポートサイクリング

10月23日(日)に、サイクリングに行ってきました。

この日は、東京のショップなるしまフレンドのグランフォンドイベント。
当初秩父方面で企画されたこのイベントですが、大雨の影響で道路状況が悪く、急きょ昨年同様のコースに変更しての開催となりました。
そのため、私も昨年と同じく、御殿場駅スタート/ゴールでの富士山一周をするSF(シニアフォンド)コースのサポートをさせていただくことにしました。

SFコースの御殿場駅出発は9:00の予定。
自宅から御殿場駅までは約30kmで獲得標高もありますが、2時間もあれば到着できます。
しかし、御殿場駅で補給をしたかったため、6:30前に出発。
のんびりと御殿場駅を目指すことにします。

実は、前週のサイクリングで強度を上げ過ぎたのか、途中で脚が攣って危うい状況になった私。
その筋肉痛は治まっていましたが、この日も同様の事態に陥る危機感はもっていました。
そんなこともあり、特にソロ部分はいつも以上にゆったりペースを心がけます。

自宅から国道469号、そして富士山こどもの国までの道のりはずっと上り。
家を出ると、期せずして青空の下、富士山もきれいに見えています。
そんな富士山を眺めながら、十里木、須山、御殿場市街と進んでいきます。

富士山

富士山

なお、この日の写真はすべてCanon PowerShot G9 Xで撮影しています。

東富士演習場を過ぎ、板妻に入ると、トヨタスポーツ800(ヨタハチ)が次々と通ります。
どうやら、その関連のイベントがある様子。
ざっと20台以上は見かけたでしょうか。

ヨタハチ

予定通り、8:30頃に御殿場駅に到着します。
皆のいる場所に行く前に、補給。
自宅でパン2個は食べていますが、塩分補給も兼ねて駅のそば屋に入ります(前週の教訓)。
きつねそば、美味しくいただきました。

きつねそば

そばでお腹を満たし、トイレも済ませて集合場所へ。
そこでは、既に多くのメンバーが準備をしていました。
その中には、かつての仲間である誠さんやぎっちょんさんの姿も。
懐かしい面々に、テンションが上がります。

SFの参加メンバー

SFの参加メンバー

SFの参加メンバー

他にも、かつてSNSで交流のあったおじゃるさんとも初対面。
もちろん、勇さん、荒木さんをはじめ、昨年、一昨年と馴染みのある方々もいらっしゃいます。

ひとしきり準備が整ったところで、集合写真を撮ります。
親切な外国人旅行者の方が、シャッターを切ってくれました。
水平の取り方、構図ともに只者ではありません。

スタート前の集合写真

この後に合流した方も含め、参加者はスタッフ含め17名。
なかなかの盛況ぶりです。

勇さん、荒木さんと打ち合わせをし、ひとまず私の先導で出発することに(勇さんは遅れた人を待つ)。
昨年、スタートからの上りが速すぎて集団がばらけてしまったので、今年はさらに抑えるように指示を受けます。

当初はポタリングペースでスタート。
すると、しばらくして勇さんが追いつき、前に出てくれます。
後ろを見ると、さすがに17名は長い列。
交通量の多い国道138号なので、二つに分けることにし、私は第二グループの先頭を担当します。

途中、信号で離れ、第一グループは見えなくなります。
それでもペースを上げずに走りながら確認すると、むしろ遅いとのこと。
そこで多少ペースを上げ、前の集団を追うことにしました。

その結果、やや離れた人もいましたが、須走では2名を除き合流します。
側道をのんびりと走ると、正面には富士山が。
こんなに良いコンディションとは思っていなかったので、皆喜んでいました。

富士山に向かって

ここまでくれば、最初の休憩ポイント道の駅すばしりはもうすぐ。
先行して、道の駅に到着するメンバーを撮影します。

道の駅すばしり

道の駅すばしりにて、再び勇さん、荒木さんと相談。
遅れた2名はマイペースランに切り替えてもらい、さらに速く走りたい人には先行してもらうこととしました。
それ以外のメンバーはまた二つのグループに分け、第一グループを勇さん、第二グループを私が担当することとします。

しかし、蓋を開けてみれば、先行グループと第一グループが出発した道の駅には誰もおらず。
私は5分ほど待って後続が来ないことを確認し、一人で最後尾を走ることにしました。
勇さんグループから遅れた人をサポートするためです。

しばし強度を上げて追いますが、サイクリスト一名をパスした以外は誰とも出会いません。
後に分かったのですが、このパスした一名も今回の参加者でした。
ジャージが違ったので気づかず、申し訳ないことをしました。

これは、籠坂峠まで一人か?と思いながら走っていると、女性Itさんが一人で走っています。
前に出て確認すると、あえてマイペース走とし、無理をしていない様子。
まだ先が長いので、それが賢明です。
私はしばらくサポートしながら走りますが、ペースは決して悪くありません。

しばらく走ると、道端で荒木さんが撮影をしてくれています。
挨拶をしながら前方を見ると、勇さん達の集団もいました。
そこで、せっかくなら一枚写真を撮ることにし、後ろは荒木さんに任せ加速します。

籠坂峠へ

撮影後はまた後方に戻り、籠坂峠を越えます。
峠からの下りはそこそこのペース。
あっという間に山中湖畔、旭ヶ丘に到着です。
突き当りを右折し、補給ポイントへ。
ここでは昨年同様、オーストリッチの伊美社長親子がサポートに立っていてくれました。

伊美社長と

伊美社長には、毎年なるしま蓼科ロングランでもお世話になっています(夜も含め)。
再会を喜び、一緒に写真を撮らせていただきました。

ここでボトルを満たし、再出発です。
私はまたなんとなく後方担当で皆の出発を見送りましたが、ここからの平坦、下り基調で遅れる人はいないでしょう。

出発

少しして私も出発し、湖畔を離れる前に集団後方につきます。

ここから河口湖手前まではまた交通量の多い場所。
再び集団を二つに分け、第二グループを担当して進みます。

河口湖を過ぎると、道幅も広がり、交通量もいくらか減ります。
走りながら勇さんと相談し、この先のコンビニでストップすることに。
トイレの数を考えると道の駅なるさわの方が有利ですが、後半補給ポイントがないので、ここで補給食等を調達しておきたいからです。

片側一車線になってすぐ、左側に新しくできたローソンに寄ります。
この先、コンビは朝霧高原までありません。
棚のおにぎりは空。
品薄な状態ですが、皆思い思いに補給をしました(写真は撮り忘れ)。

ここで、皆にこの先のコースを告げます。
鳴沢までは緩い上り、その先県道71号入り口は8%の坂(短い)となり、大室山西展望台まで上りが続きます。
鳴沢以降富士ヶ嶺交差点まではフリーランとすることとしました。

今度は私が第一グループを先導し、出発します。
鳴沢までは皆一定のペースで走り、いよいよ県道71号に左折します。

入り口の坂を上っていると、おじゃるさんが「行けるところまで行きます」と加速先行。
後方を見ると、女性Nさん(健脚)がついていますが、他の方々とは距離が開いています。
しばらくそのまま走りましたが、Nさんに「前(おじゃるさん)につけますか?」と確認し、先行してもらいます。

私は後方を待ち、ペースダウン。
すると、すぐに2名の方が追いついてきます。
脚が揃っているようなので、この2名とともに走ることに。
ペースを上げていきます。

やがて、先行したNさん、おじゃるさんを吸収。
5名のグループとなって、大室山西展望台へと到着しました。

大室山西展望台

風景を撮影しながら歓談していると、勇さんグループが通過。
声をかけましたが、走り去ってしまいます。
そこで、私がすぐに追い、下りで追いつき、ここが先頭であることを告げます。

そして、富士ヶ嶺交差点へ。
ここでは昨年同様、富士五湖巡りのサイクルイベントとコースが重なります。

交差点で後方待ちをし、右折。
国道139号へと出て、道の駅朝霧高原からあさぎりフードパークへと入ります。
フリーランの2名を除いた15名は、一団で到着することができました。

あさぎりフードパーク到着

ここで昼食休憩。
朝霧乳業前にて、バターチキンカレー、ピッツァ、富士宮やきそばなどを楽しみます。
そして、あさぎりソフトクリームも堪能。
いつもながら、手前味噌で申し訳ございません。

昼食休憩

昼食を摂っていると、身延の山々にかかる雲が次第にこちらにも覆いかぶさり、暗くなってきます。
かろうじて雨は落ちていませんが、不安な状況。
そこで、この後のルートを確認し、早々に出発することにしました。
この時点で、昨年より30分以上は早い状況、やはり今年は脚が揃っています。

あさぎりフードパークを出た後は、農道から県道71号を上井出まで下り、そこから県道72号で篠坂、国道469号へと入るコースです。
序盤の下りは皆快調に飛ばします。

上井出から県道72号に入ると道は一変。
序盤の長めの上りから先はアップダウンが繰り返される道です。
ひとまず、国道469号までは一団での走行。

国道469号に入ると、富士山こどもの国までの延々上りです。
ここで、おじゃるさん、Nさん他数名は元気に飛び出して行きました。

さあ上りだ!

私はここでは後方サポートに徹するつもり。
ゆったりと誠さん達と話しながら走ります。
途中、遅れたIjさんと三人で国道469号を進みます。

すると、県道24号との合流まで2km程の地点でIjさんがストップします。
脚は大丈夫そうなので、一呼吸入れる様子。
ここは誠さんに任せ、私はその状況を伝えがてら前を追うことにします。

一向にペースは上がりませんが、それでも県道24号合流地点で待っていた勇さん達と合流。
そのまま皆と一緒に走ることにします。

ここまでくれば、あとは富士山こどもの国までひと頑張り。
籠坂峠で遅れていたItさんも、ここでは元気いっぱい。
最後の上りを一気にクリアします。

さあ最後の上り

富士山こどもの国前を無事通過。
富士山は厚い雲の向こうで見えませんが、気持ちは晴れ晴れします。

その先、十里木の軽いアップダウンで遅れたItさんと二人で、富士サファリパーク前から須山まで下ります。
須山のコンビニには誰の姿もなし。
このまま御殿場駅まで走るようです。

今日二度目の東富士演習場内を、Itさんとともに走り抜けます。
御殿場の市街地に入ると信号も増え、先行していた勇さんグループに追いつきました。
さらにその前には、おじゃるさん達のグループも見えます。

さてこのまま御殿場駅までと思いましたが、帰宅時間を考えると微妙なタイミングです。
さらに、そこまで我慢していた空からポツポツと雨滴も。
そこで、国道246号を横切る手前の信号で荒木さんに戻ると告げ、Uターンしました。

もと来た道を走ります。
板妻付近まで戻ると、誠さんとIjさんとすれ違いました。
どうやらIjさんは復活したようで、おそらく20分程度の差で御殿場駅に到着したことでしょう。
そのことを勇さんに電話で伝え、さらに進みます。

雨は所々で少し強めになり、路面がほんのり濡れた地点も見受けられました。
しかし、幸いにして、飛沫を上げるほどにはならず。
やがて、須山にたどり着きます。

ここからは我慢の上り。
フロントをインナーに落とし、ノソノソと上ります。
幸いにして、ここまで脚攣りの兆候はなし。
無事自宅までたどり着けそうです。

富士サファリパーク前をクリアし、本日の上り終了!
あとは自宅までほとんど下りのルートです。

さすがに暗くなってきたので、VOLT300を点灯。
すると、同じくCATEYEのメーター(CC-AT200)が感知しなくなります。
ノイズがでてワイヤレスの電波が阻害されるという状況で、どうやら位置関係がよくないようです。
点滅なら問題ないのですが。

そんなこともありながら、17:00過ぎには無事自宅着。
本日の走行距離は172.86km(メーター読み)で獲得標高は2,742m、実走行時間は8時間18分43秒で平均速度は20.8km/hでした。

家族も含め皆に感謝しながら、シャワーを浴びて楽しいグランフォンドは終了しました。

この日のルートは、以下の通りです。


|

« 2016年富士山初冠雪 | トップページ | 富士宮まつり撮影 »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

あさぎりさん、こんにちは!

170キロ!!!
さすがの走りですー!!
女性でも走れる方が沢山いるので、凄いなぁーと思うばかりです!!

キレイな景色に、美味しいあさぎりフードパーク!
昨晩私もあさぎりさんのさけるチーズを頂きました(^-^)
今日はサイタマクリテに来てます!
フルームのTシャツを着てます(笑)

イメトレします!!

投稿: びび | 2016/10/29 10:39

ビビさん、ありがとうございます。
今回このコースに参加された女性の方は、皆健脚でいらっしゃいました。
でも、無理してそこまで走る必要もないんですよ。
美味しいところ持って言っちゃいましょう! (^^)
さいたまクリテ、うらやましいです。
存分に楽しんでくださいね♪

投稿: あさぎり | 2016/10/29 10:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/64405118

この記事へのトラックバック一覧です: なるしまグランフォンドサポートサイクリング:

« 2016年富士山初冠雪 | トップページ | 富士宮まつり撮影 »