« 富士山初冠雪は幻に | トップページ | 久しぶりにスッキリした朝 »

河口湖サイクリング

9月11日(日)に、サイクリングに行ってきました。
この夏~秋は仕事の日程や天候不順により、8月、9月ともわずか二度のサイクリング。
それをいちいち記していくもの面倒で、もう書くのをやめようかとも思いましたが、忘備録代わりに残しておきます。

この日、天気は万全とは言えない予報。
しかも疲れもあり、正直気は進まなかったのですが、それでも久しぶりにと6:00頃スタートします。
妻からは、昼までに戻ればよいと言われていたので、もっと早く出て距離を伸ばすこともできたのですが、その気力はなし。

いつも通りのコースをいつも通りのペースで、朝霧高原へ。
富士山は雲の向こうですが、県道71号の牧草地に入ると、ボワンとした太陽に稜線が浮かび上がります。

太陽の左下に富士山

気温は高く、高原地帯にも関わらず汗がジャージを濡らします。
それでも、雲のおかげで陽射しは柔らか。
ノタノタと富士ヶ嶺交差点を過ぎ、大室山西展望台へ。
ここでの展望も全く開けず、スルーして走ります。
展望台までで実走行時間2時間をようやく切るくらい、やはり間が開くとだめですね。
それでも、思ったほど調子は悪くなく、鳴沢から国道139号を河口湖方面へと向かいます。

河口湖大橋を渡って御坂峠へと言う目論見は、時間的、体力的制約により断念。
のんびりと温泉街を抜け、またもその存在がほとんどわからない富士山を撮影します。

河口湖と雲に巻かれた富士山

淡々と湖畔を走り、西浜から西湖へ。
トンネルが見えるとホッとする程度の調子でした。
西湖を走りながら考え、それでも帰路は県道71号経由とすることにします。

国道139号を再び鳴沢方面へと走り、県道71号を右折。
緩急ある上り基調の道を走っていると、軽い寒気と脚の攣りそうになる兆候を感じます。
朝、パンをちょっとだけで走り出したせいもあるでしょう。

そこで、富士ヶ嶺のJAでストップ、ドリンクでエネルギー補給(兼水分補給)します。
これで、だいぶ生き返りました。

助かる~♪

国道へと下りながら、エネルギーが身体に回るのを待ちます。
曇天の下、毛無の山々は低い雲に隠されていました。
牛たちは、のんびりと草を食みます。

放牧

国道139号に復帰。
道の駅朝霧高原に立ち寄り、少々用事を済ませます。

再スタート。
ようやくクランクを積極的に回すエネルギーが戻ってきました。
下っていると、前方にローディー発見。
パスしますが、その後曼殊沙華を撮影しているタイミングで先行されました。

曼殊沙華

彼はマイペースで走っているようでしたが、私としてはこの体重を活かした下りで負ける訳にはいきません。
と言うのは冗談として、せっかくエネルギーが戻ったので、クランクに力を込めます。
富士ミルクランドを過ぎた地点で再びパス。
上井出交差点を直進し、自宅へと戻ります。

結局、門限に30分弱を残して帰宅。
この日の走行距離は、112.39kmで獲得標高は1,453m、実走行時間は4時間53分54秒で平均速度は22.9km/hでした。

走行距離

この後、自宅でねばねばうどんを食べ、夕食は家族と蒲原館へ。
かつ丼をいただき、エネルギーの需給関係的にも微妙なサイクリングとなってしまいました。

昼食

夕食

ま、走れただけ良しとしましょう。

|

« 富士山初冠雪は幻に | トップページ | 久しぶりにスッキリした朝 »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/64278528

この記事へのトラックバック一覧です: 河口湖サイクリング:

« 富士山初冠雪は幻に | トップページ | 久しぶりにスッキリした朝 »