« やっぱ雲でしょ! | トップページ | OLYMPUS 自動開閉式レンズキャップ LC-37C »

富士ヶ嶺サイクリング

8月23日(火)にサイクリングに行ってきました。
この日は平日ですが、用事で東京へと出かける前の時間を利用しての早朝サイクリングです。

天気予報は曇り。
しかし雨の心配はなさそうな中、朝6:00頃に自宅を出発します。
出てみると、富士山は雲の中。

自宅から国道469号、県道71号へといつものコースを走ります。
8月はこの日含めて2回しか自転車に乗りませんでしたが、前回一週間前に乗っているせいか、調子は悪くありません。
もとよりしっかりとトレーニングしているわけではないので、ブランクがあってもこの程度の落ち込みで済むのでしょう。

上井出を過ぎ、風の湯前に到達すると、富士山が雲間から見えはじめました。

富士山登場

時間はあまりないので、県道71号を富士ヶ嶺へと向かうコースを取ります。
短くても強度が高い(ペースは遅くとも)このコースは、時間がない時にも最適です。

雲がなくなると朝日が眩しく、気温もぐんぐん上昇していることを感じます。

太陽が強烈

高原地帯の早い秋の訪れへと季節が加速する頃ですが、この日の太陽はまだ夏のそれでした。

県境への上りを淡々とこなし、県境を越えて3つ目のピークが富士ヶ嶺交差点。
まだ少しだけ時間に余裕がありそうなので、交差点を直進します。
ドクタービレッジ前を通り、大室山西展望台への長い上り。
斜度はそこそこなので、シッティングとダンシング織り交ぜての走りです。

やがて、大室山西展望台へと到着します。
ここから先へは進む気力も体力も、そして時間もありません。

大室山西展望台

夏の割には空気の抜けがよい展望台からの景色を楽しみ、折り返します。
そして、富士ヶ嶺交差点を右折、国道139号へ。
その後、道の駅朝霧高原へと立ち寄り、新設されたサイクルラックを撮影します。

ここからは、向かい風の中での下り。
時間には余裕があったので、それほど焦らず。
自宅到着時の走行距離は、67.21kmでした。

帰着!

短い距離で実走行時間にして3時間弱(2時間55分27秒)のサイクリングでしたが、獲得標高は1,060mあり、平均速度は22.9km/h。
今の自分としてはそこそこ満足できたサイクリングでした。

|

« やっぱ雲でしょ! | トップページ | OLYMPUS 自動開閉式レンズキャップ LC-37C »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/64201704

この記事へのトラックバック一覧です: 富士ヶ嶺サイクリング:

« やっぱ雲でしょ! | トップページ | OLYMPUS 自動開閉式レンズキャップ LC-37C »