« 久しぶりにダイナミックな雲と富士 | トップページ | 9月1日の富士山 »

道の駅朝霧高原にサイクルラック

道の駅朝霧高原のサイクルラック

このたび、道の駅朝霧高原にサイクルラックが設置されました。
場所は店舗北側トイレのそばです。

このサイクルラックは富士山型で、地元の富士ひのきを材料とした富士山型。
計8台が停められるようになっています。

現時点では試験設置となっているこのラックは「静岡県東部地域スポーツ産業振興協議会」においてサイクリストを歓迎する地域づくりを進めるためのものとのこと。
富士市が中心となり動いているようです。

設置動機がどうであれ、サイクリストにとって便利になることは歓迎です。
盗難防止策は各自で取ってもらうことになりますが、私の自転車をセットしてみたところグラつきもなく、安定していました。

こうしたサイクルラックが各所にあれば、サイクリングもさらに便利になりますね。
道の駅朝霧高原にお立ち寄りの際には、ぜひご利用ください。

道の駅朝霧高原のサイクルラック

道の駅朝霧高原のサイクルラック

|

« 久しぶりにダイナミックな雲と富士 | トップページ | 9月1日の富士山 »

静岡観光情報」カテゴリの記事

コメント

すぎです。
「サイクリストのためにサイクルラックの設置」までは平凡ですが、それに「富士ひのき」を用いた発想が凄いですね。
「富士ひのき」ブランドのPRに繋がります。余り材で賄えると思うので、材木の有効活用が図られ、またコストも低く抑えられると思います。
実際、「富士ひのき」は、ここで初めて知りましたので、既にブランドの周知に成功しています。(笑)
単独で設置するためには、「富士山型」が設計上、合理的なのでしょうが、設置場所がまさしく富士山の麓というのも面白いです。
それにしても、「試験設置中」の案内札が「静岡国道事務所 管理第二課」名で掲出されているのが謎ですね。

投稿: すぎ | 2016/08/26 22:23

すぎさん、ありがとうございます。
富士ひのきを使い、富士山型です。
ちょっとベタな感じもしますが、それだけにわかりやすいですね。
こんな小さな富士山が、富士、富士宮市のあちこちに設置されているのでしょう。
探しにサイクリングで回ってみるのも面白いかも。
どの組織がどんな風に関わっているのかは謎です。(^_^;)

投稿: あさぎり | 2016/08/26 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/64111710

この記事へのトラックバック一覧です: 道の駅朝霧高原にサイクルラック:

« 久しぶりにダイナミックな雲と富士 | トップページ | 9月1日の富士山 »