« 清水(ゆるポタ失敗)サイクリング | トップページ | あさぎりフードパークなげ餅サイクリング »

御坂峠(天下茶屋)サイクリング

6月19日(日)に、サイクリングに行ってきました。

梅雨ではありますが天気に恵まれ、二週連続のサイクリングです。
そして今回も、カメラはFUJIFILM X70
PowerShot G7Xより大きくて重いですが、不思議と負担は少なく感じます。

この日、子供たちは午前一杯勉強する予定とのこと。
昼までよいと許可をもらい、門限はいつもより2時間遅い12:30になりました。

4:45にアラームをセット、起床します。
せっかくならもっと早く起きてロングと言う手もありましたが、どうもそこまでモチベーションが上がりません。
ノタノタと準備をし、家を出たのは一時間後になりました。

さて、家を出ても目的地が定まりません。
しかし、ひとまず朝霧高原へと足が向くのは常です。
少々モワッとした、湿気を帯びた空気に包まれ、早く高原まで上りたくなります。

国道469号に出て、北山へ。
そこから大月線でと言う定番コース。
高い雲はあるものの、富士山はきれいに見えています。

朝の富士山と雲

この日、知人が富士山新五合目まで富士山スカイラインを上るとのこと。
一瞬そちら方面も考えましたが、体調もモチベーションもそこまで至らず。
彼とは、帰路の登山道山宮交差点でニアミス(目の前を横切った)したのは奇遇でした。

大月線をゆっくりと上りながら、この先のコースを考えます。
そして、ひとまず河口湖を目指し、御坂峠を上ってみることにしました。

実は7月上旬の週末、前職の仲間の富士山合宿に参加させていただく予定となっています。
その際、御坂峠を走りたいとの要望を受け、私がコースをつくりました。
ところが、私自身、これまで御坂峠を上ったことがないのです。
しかし、この日の門限ならそこにアクセスする余裕がありそう。
そこで、下見を兼ねて走ることにしたのです。

そうときまれば、もう迷うことはありません。
上井出の交差点では白糸の滝方面へと直進。
最近できたラウンドアバウトを初体験します。

白糸の滝そばのラウンドアバウト

このラウンドアバウトは試験運用中。
思ったよりも半径の小さな円ですが、少なくとも早朝で交通量が少ない状況ではスムーズです。
もとよりここの通行量であれば、これまでより流れがよくなることを期待しての導入でしょう。
ちなみに、元からここにあったコンビニは、現在建て直している最中でした。

猪之頭方面へは向かわず、国道139号へと合流する方向に直進します。
そして、国道139号に合流。
まかいの牧場前を通り、朝霧高原へと向かいます。

やがて、ドライブインもちや前も通過。
登坂車線のある坂をクリアし、朝霧さわやかパーキング前へ。
この付近からの富士山には、薄い雲がかかっていました。

さわやかパーキングからの富士山

天下茶屋付近からの絶景富士が眺められるのか若干不安になりましたが、この日の目的は景色ではないと思いなおします。
道の駅朝霧高原前を通過、根原の上りを過ぎて山梨県へ。
ここからは、淡々と進みます。

本栖湖、精進湖と通り過ぎ、やがて西湖への上り。
ここの上りはいつも陸橋の立派さと山の緑の濃さに感心しているうちに終わります。
そして、西湖へと下る分岐へ。

左に折れると、なにやらランナーをはじめとした人々の姿が見受けられます。
そして、その数は湖が近付くにつれ激増。
この日は、西湖ロードレース(ランニング)が開催される日でした。

会場

民宿村手前からは、交通規制もあり。
当初考えていた反時計回りのコースは取れず。
湖の北岸を回り込むように河口湖へと向かいます。

やがて、河口湖への分岐。
ここから、西浜へと下ります。
河口湖畔へと出た後は、反時計回りで船津へ。
途中、河口湖大橋をくぐる道への分岐を見落とし戻るはめに。
やはり、下見は必要です。

河口湖畔

無事に河口湖大橋をくぐり、船津へと出ます。
そこから温泉街を回り込み、御坂みちへとアクセスします。
回り込んでの富士山は、かろうじて姿を見せてくれていました。

河口湖からの富士山

御坂みち(旧道)の入り口でもやや迷い、すぐに修正。
下見の意義はこれで十分ありました。

旧道を上り、やがて国道137号に合流。
交通量が一気に増えます。
ここからの上りは、思ったよりも斜度、長さともあります。
すぐに御坂峠への分岐だと思った楽観視は、脆くも崩れ去りました。

御坂峠への分岐

ようやく、御坂峠への分岐に差し掛かります。
天下茶屋は営業中(日没まで)との看板が立っていました。
いずれにせよ、立ち寄って休む余裕はなさそうでしたが。

御坂峠への旧道に入ると、また一気に走りやすくなります。
カーブが続く道は、傾斜も控え目。
緑が濃くなっているこの時期に、実に気持ちのよい道です。

御坂みち

ここを走っていると、5月に走った笹子峠や長尾峠が彷彿されます。
この三つの峠は、雰囲気がよく似ているかもしれません。
いずれも、過去には交通の要所だった道だからかもしれませんね。

途中、三つ峠への登山道入り口を通り過ぎます。
登山道には数組のハイカーがおり、これから登るための準備をしていました。
もちろん、私はスルーです。

思ったよりも時間はかかりましたが、ようやく天下茶屋に到着です。
その先のトンネルには入らず、茶屋での折り返しを決めました。

天下茶屋

天下茶屋からの景色

現在の茶屋は、昭和58年に建てられたものとか。
それでも、充分に趣があります。
そして、期待された絶景は、残念、富士山が隠れてしまいました。

しばらく待ってみたものの、雲が取れる様子はなし。
かなり汗をかき、濡れたジャージに冷たさも感じたため、早々に下ることにしました(この時の気温は19℃)。
相変わらず潤いも余裕もないサイクリングですが、致し方ありません。

御坂峠を下り、国道137号を直進して河口湖大橋へ。
下りは旧道に外れず、トンネルを越えて行きました。

河口湖大橋を渡り、国道139号へと直進します。
西湖ではロードレースのまっ最中でしょう。

途中、コンビニで休憩。
アイス、おにぎりとドリンクで補給をします。

国道139号を鳴沢へと向かい、そこからは定番の県道71号。
こちらも、緑が色濃くなり、実に見事な色合いです。

県道71号の緑

ここまでくれば、勝手知ったる道。
時間も読めます。

富士ヶ嶺交差点で右折、再び国道139号へと出ます。
根原から見る富士山は山頂が顔を覗かせてくれていました。
この時なら、天下茶屋からの富士山も望めたかもしれませんが、時すでに遅し。

根原県境付近からの富士山

道の駅朝霧高原前を通過。
ドライブインもちや裏手から県道71号に復帰し、富士ミルクランド前を通るいつものルートで家へと向かいます。

自宅到着は門限の10分前。
結果、この日の走行距離は134.98kmで獲得標高は1,813m、実走行時間は5時間54分47秒で平均速度は22.8km/hでした。

シャワーを浴びて、昼食を済ませた子供たちとキャッチボールをし、面目を保った日曜日でした。

この日のルートは、以下の通りです。


|

« 清水(ゆるポタ失敗)サイクリング | トップページ | あさぎりフードパークなげ餅サイクリング »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

キートンです。
 お久しぶりです。17~19日行っていました。18日には水ヶ塚を経由して、5合目に。水ヶ塚の売店 外観は完成していましたよ。3合目あたりから霧が出て一時何も見えないほどの濃さ、着いたときには時々頂上が見えるほどの状況になり、去年、教えていただいたことを思い出して、宝永火口までスニーカーで・・・宝永山は見えなかったですが面白い景色でした。今度はカメラと三脚を持って行きたいですね。ありがとうございました。

投稿: キートン | 2016/06/24 22:46

キートンさん、おはようございいます。
先週末は梅雨の中休みと言った感じの週末でしたね。
気温が高かったですが、富士山を見るにはよい週末だったと思います。
しかし、霧ですか。(^^;)
宝永火口まで行って宝永山が見えないとなると、かなりの濃さですね。
霧(雲?)のない時にぜひ再訪して見てください。
別世界が広がります。

投稿: あさぎり | 2016/06/25 06:52

すぎです。
このラウンドアバウト、先日あさぎりフードパークへ行った時に、路線バスで初めて通りました。標識を見て、こんな所に、と驚きました。仰るとおり、かなり小さいですよね。バスだと、とても狭く感じました。

また、御坂みちは、河口湖駅から路線バスで何度か甲府や石和温泉へ行ったことがあります。河口湖大橋は経由しないバスだったのですが、温泉街からの富士山、とてもきれいですよね。
バスは新御坂トンネルを通りますが、峠を越えて少し行ったところにスキー場があって、これも驚いたことがありました。

投稿: すぎ | 2016/06/27 21:38

すぎさん、ありがとうございます。
バスだと確かに狭く感じますよね。
基本的には想定される交通量が少なく、方向もある程度決まっているのではと思っています。
御坂峠は、普通トンネルで越えますので、目的がないと旧道には行きませんね。
天下茶屋があるので、それでも峠越えのかんこうきゃkは多いのでしょう。
御坂のスキー場は有名ですね。
私は行ったことがありませんが、妻はよく練習に行ったそうです。

投稿: あさぎり | 2016/06/27 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/63818107

この記事へのトラックバック一覧です: 御坂峠(天下茶屋)サイクリング:

« 清水(ゆるポタ失敗)サイクリング | トップページ | あさぎりフードパークなげ餅サイクリング »