« FUJIFILM X70(実写編) | トップページ | 御坂峠(天下茶屋)サイクリング »

清水(ゆるポタ失敗)サイクリング

6月12日(日)に、サイクリングに行ってきました。

何十年振りだろうと言う月間1,000km超の走行をした5月を終え、6月は一転この日が初のサイクリングとなります。
しかし楽しかったなるしま蓼科ロングランの燃え尽き症候群か、はたまた仕事等でのバタバタか、今ひとつモチベーションが上がらない状況です。
それでも前週雨で乗れず、二週間ぶりのサイクリング。
しかも、なるしまでホイールの調整もしてもらい、さらにははじめてFUJIFILM X70を持ってのサイクリングと気持ちを盛り上げていきます。

目的地に関しては当日朝まで迷ったのですが、清水方面に決めました。
実はこの日、地元JCサイクリングクラブの仲間が清水~三島方面サイクリングを企画していたのです。
その集合は、8:00頃に清水駅。
久しぶりにそれに乗って、富士まで走りそこで別れて帰宅しようと考えました。
それなら、門限の10:30に間に合いそうです。

出発は5:30頃。
清水駅までは自宅から最短距離で向えば1時間30分程です。
充分に余裕があるので緩くポタリング、所謂「ゆるポタ」で向おうと考えました。

しかし、自宅を出るとすぐに、真っすぐ清水駅に向かうのはもったいないと貧乏症が顔を覗かせます。
そこで、平坦を走る後半までに獲得標高を稼ごうと、少々遠回りをすることにします。
これが、間違いのはじまりでした。

ひとまず、自宅から国道469号までの坂を上ります。
薄く雲がたなびいているものの、気持ちのよい青空。
気温も高くなく、実に爽快な気分です。

朝の光景

山頂にわずかに雪を残すだけとなった富士山を愛でながら、ここはマイペースで上っていきます。
さすがに冬場とは異なり汗は出ますが、不快な程ではありません。

やがて、国道469号に出て、山宮方面へと左折します。
夏至まで一週間ほどとは言え、6:00前の太陽はまだ低く、影が長く伸びていました。

国道469号

工業団地のダウンヒルを楽しみ、山宮にて登山道を横切ります。
そして、北山で大月線も横切り、大石寺前を通過。
立派な三門は工事中で、プレハブで覆われていました。
まるで、工場を建ててしまったかのようです。

大石寺三門

そんな様子に驚きつつ、上野を通過。
国道469号を柚野に向かって下りはじめます。
柚野からは稲子へと抜ける桜峠を走るつもりです。

桜峠に向けて再びの上り。
無意識のうちにこの先の行程を考え、強度が上がりはじめます。
ゆるポタの雲行きが怪しくなりはじめたのは、この頃からでした。

思ったよりも長い(ここはいつもそうです)上りをようやく終え、稲子へと下ります。
稲子川沿いのユー・トリオ周辺では稲子まつりが行われる様子。
早朝にも関わらず、テントが張られ準備の人が多く出ていました。

ユー・トリオ

さて、ここからのルートを考えながら走ります。
採石場を抜け、稲子駅が近づくまでに結論を出さねばなりません。
時間とペースとの相談。
当初考えた、松野から大代峠を越えてのルートは時間的に厳しそうです。

そこで、稲子駅を過ぎ、芝川駅手前で右折、富士川を渡ります。
ここから国道52号県境付近へと出て、宍原経由で興津を目指すことにしました。

ここは、過去に走ったことはあるものの、走り慣れないコース。
時間も今ひとつ読めません。
そこで、止むなくペースアップ(自分なりに)。

国道52号に出てからの上りをクリアしていきます。
ようやく上りがひと段落し、少し下ると新東名高速新清水I.C.へと出ます。
ここまでくれば、少しの上り返しで後は下り。

新清水I.C.付近

この時点で残り時間は1時間を切り、少々焦ります。
下りでも積極的にクランクを回し、興津を目指します。
興津まで下ってしまえば、後は国道1号を清水駅方面へと走ればよいだけです。
万が一彼らの出発に間に合わずとも、すれ違った時点でUターンすることができます。

そうは言っても、せっかくなら集合地点で会話をしたいですし、片利きが気になっているリアブレーキの調整もしたいと思っていました。
そこで、興津からの平坦路もペースを上げていきます(くどいようですが自分なりに)。

やがて、清水駅到着。
この時、時刻は8:07頃でした。
ここまで誰ともすれ違っていないので、まだいるはず・・・。
と、思いきや、誰の姿も見当たりません。

清水駅

後に確認したところ、私が見に行かなかったロータリー反対側のコンビニにいたとのこと。
私の確認不足でした。
もちろん、私がこの日合流することは誰にも言っておらず(急な思いつきなので)、彼らが私に気付かないのも当然です。

しばらくキョロキョロしましたが見当たらないので、ひとまず帰路につくことにします。
もし、何らかの原因で行き違いになっているのなら、コース上で会うかもしれません。

そこで、帰路もそこそこのペースを維持。
興津まで走り、そこから海側に出て駿河健康ランド前を通過します。
ここまで走っても誰の姿も見えません。

そこで、ひとまずリアブレーキの片利きを直すことにしました。
海沿いの遊歩道で停車。
工具を取り出し、調整をします。
そして、再出発。

往路の走りで脚を使っているためか、それとも最近の不摂生のためか、復路の走りはどうも辛く感じます。
ちょっと悩みましたが、復路も大代峠はパス。
旧東海道をひたすら走り、由比、蒲原、富士川とこなしていきます。

富士川から松野へはゆったりと裏道を。
当然のことですが、この手前で皆に会うことは完全に諦めています。

新東名高速

往路に新清水I.C.付近を通った新東名高速を、今度は富士川でくぐります。
そして、その先のコンビニで小休止。
自宅まではあと少しですが、ここで補給しておかないと辛いことになりそうと考えたのです。
実際は、補給しても辛かったのですが。

アイスとおにぎり、ドリンクで補給します。

コンビニで小休止

さて、ここからは松野の上りを越えて富士宮市街へ。
松野の上りは、補給効果もあってそこそこのペースでクリアできました。

しかし、ここで脚が売り切れ。

浅間大社前から商店街を抜け、自宅へは緩やかな上りです。
上りと言っても、自動車なら気付かない程の傾斜。
にもかかわらず、まるで歩いているかのようなペースです。

時間的には余裕があり、まだちょっと遠回りして走ることも可能。
でも、到底そんな気持ちにはなれません。
これが、ソロの辛いところです。

結局、門限まで30分を残して帰宅。
妻に「早かったじゃない」(決して速かったではない)と驚かれる始末でした。

結局ゆるポタに失敗したこの日、走行距離は102.40kmで獲得標高は1,228m(メーター読み)、実走行時間は4時間7分58秒で平均速度は24.7km/hでした。

この日のルートは、下記の通りです。

|

« FUJIFILM X70(実写編) | トップページ | 御坂峠(天下茶屋)サイクリング »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

すぎです。

月間1,000km超達成、凄いですね。何十年振りとのことですので、おめでとうございます。
ルートラボを拝見しますと、清水駅へ向かうのに、反対方向、遠回りで出発するとは、また思いきったルートです。
お仲間とわずかの差でお会いできなかったのは残念でしたね。

余談ですが、
ハプニングといえば、6/19(日)に久しぶりに河口湖に行ってステーキを食べてきました。前日までホリデー快速富士山の指定席が満席だったので、当日の朝、再度チャレンジしたらたまたま1席だけキャンセルがでていたので、即、予約、直ちに出発したのでした。ここまでは順調だったのですが...。

河口湖駅に着くと、たまたま「西湖ロードレース」の開催のため、いつも乗るバスが運休。やむを得ずタクシーで行ったら、今度はなぜかお店の開店(11:00)が20分遅れ。次にたまたま「八木崎公園ハーブフェスティバル」開催中で、道路が混雑し、帰りのバスが全然来ないので、再びタクシーで河口湖駅へ。
富士山駅であさぎりソフトクリームを食べて、富士急の(中古・魔改造ですが)念願の新規導入車両に乗って帰ってきました。

投稿: すぎ | 2016/06/21 23:25

すぎさん、ありがとうございます。
月間1,000km超と言っても、ほんの数km超えただけですけどね。(^^;)
でも、ありがとうございます。

この日は、後半は会話を楽しみながらのゆったり走(の予定)でしたので、前半ちょっと獲得標高を・・・と思ったのが運のつきでした。

そう、この日は西湖ロードレースで交通に様々影響が出ていたようですね。
私は精進湖側から走っていったのですが、西湖に下る分岐までに警告が出ていなかった(見過ごしたのかもしれませんが)ため、湖畔に下りてからビックリしました。
もっとも、お店の開店とハーブフェスティバルはそれとは関係ないですね。
災難でした。

ソフトクリーム、ありがとうございます!
とにかく、御無事で何より。(^^)

投稿: あさぎり | 2016/06/22 06:31

あさぎりさんこんにちは!

コーチから聞いているかと思いますが、私が初めてなるしまのイベントに参加をして精神的にも撃沈した房総半島リベンジしてきました。
平坦基調とはいえ、スタート早々に暑さにやられそうになりながら山間部を通過。
そのあとは、後で反省と後悔をしましたが、何本もの炭酸でゴールまでたどり着きました。

後半は、足が回りはじめてかるいアップダウンも楽しめたのが、とーーっても嬉しかったです。残り10キロで、モビスター率いる3人組に後ろから追われ、25~30キロで飛ばしてゴールしました。
キツかったですー

デローザさん行き着け?の海鮮丼も頂き、久しぶりに走れた感じがしました。レベルはひくーい完走ですが( ̄▽ ̄;)
もっと走れるように頑張りたいです‼

投稿: びび | 2016/06/22 19:49

ビビさん、こんばんは。
リベンジなったようでなによりです!
着実に力をつけ(取り戻し)つつありますね♪
暑い日の炭酸飲料は、何よりのご馳走です。
かちわり氷のカップを買って豪快に流し込んでいた頃が懐かしいです。(^^)
逃げ切りも果たしたとは…乗り越えられる日もすぐそこです。
また是非、ご一緒しましょう!!

投稿: あさぎり | 2016/06/22 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/63808780

この記事へのトラックバック一覧です: 清水(ゆるポタ失敗)サイクリング:

« FUJIFILM X70(実写編) | トップページ | 御坂峠(天下茶屋)サイクリング »