« 富士スバルラインサイクリング(後編) | トップページ | 久しぶりに「農鳥」見ました »

河口湖サイクリング

5月1日(日)に、サイクリングに行ってきました。

この日は、あさぎりフードパークにて新緑わくわくフェスティバルが開催される日。
今後のためにも写真を撮っておきたいので、参じることにしました。
家族は後から車で来るため、私だけ先行して自転車で。
いつもながら、感謝です。

イベント撮影に望遠レンズも使用したいため、この日のカメラはPanasonic LUMIX DMC-GM1Sを持ち出します。
キットレンズ(35mm判換算24-64mm)を装着すればサイクルジャージの背中ポケットにも収まり、レンズ交換ができるため望遠撮影にも対応できます。
交換用の望遠レンズはあらかじめ朝霧乳業に置いておきました。

せっかくなら約束の12:30までにある程度走ろうと、朝8:00前に自宅を出発します。
コースはいつもの通り朝霧高原方面へ。
八十八夜近くの新茶葉と富士山がきれいに見えています(霞んでいはいますが)。

茶畑と富士山

この二日前に富士スバルラインを上っていますが、脚の調子は悪くありません。
それよりも、適度な追い風が背中を押してくれ、国道469号~大月線は比較的調子よく走ることができました。

そして、富士ミルクランド着。
途中から意識的にペースを上げ、息が上がった状態で到着。
ここまでの実走行時間をチェックします。

富士ミルクランド

ここまでの実走行時間

実走行時間は53分台。
久々に55分を切ったような気がします。
もちろん、追い風参考です。

ここからはペースをいつも通りに戻し、県道71号を右折し富士ヶ嶺方面へ。
判で押したようなコースです。
二日前にはクリアに見えていた富士山ですが、この日の霞みようはご覧の通り。
本当に、空気の状況で見え方は変わります。

朝霧高原からの富士山

この後も緩やかな追い風を背中に感じながら牧草地を上っていきます。
やがて、富士ヶ嶺交差点を通過、ドクタービレッジ前からの上りの先で、大室山西展望台に立ち寄ります。
ここでも、霞の影響を受けた光景を撮影します。

大室山西展望台からの眺め

新緑心地よい県道71号を鳴沢へ。
さすがに交通量は多く、まだ朝にも関わらず芝桜まつりの影響を感じます。

鳴沢にて時間をチェックすると、まだ余裕はありそう。
河口湖方面へと右折し、道の駅なるさわ前を通り過ぎ、河口湖大橋を目指します。

河口湖大橋を渡り、湖の北岸へ。
初夏の様相を楽しみながら、無理ないペースで走りました。

河口付近

河口湖からの富士山

この日は気温が高く、空気が乾いているため汗がどんどん蒸発していきます。
ボトルの水も心許なくなってきたため、西湖畔の自販機に立ち寄るつもりで走ります。
西浜からの上りをクリアし(ここでは少々脚にきていた)、自販機でドリンク補給。
ボトルの水も補充して西湖北岸を回ります。

西湖からの富士山

西湖の駐車場付近にはサイクリストの姿も多く見られました。
そんな中を通過し、国道139号に向かいます。
坂を上り、国道139号に出ると、本栖湖方面はここから既に渋滞!
車列をすり抜けて走るのはストレスがかかるため、左折して再び鳴沢へと走ります。

国道139号は渋滞

結局、この渋滞は富岳風穴付近まで続いていました。
鳴沢から県道71号を右折。
再び気持ちの良い新緑の中を走ります。
上り基調の道も、この環境ならさほど苦になりません。

県道71号

やがて、富士ヶ嶺手前に到達。
ここで少し迷いましたが、富士ヶ嶺から国道139号に出る際の交通状況を見ておきたかったので交差点を右折。
国道139号への道は、果たして1km以上渋滞していました。
突き当たり、渋滞している国道139号への右折をしようとしている車が多いので当然です。

予想以上の渋滞

この予想以上の渋滞に、自転車と言えども国道139号に至るまで時間を要します。
ようやく国道139号に至り、左折。
これまた気持ちよいダウンヒルを道の駅朝霧高原目指して走ります。

約束の時間前にあさぎりフードパーク到着。
しばし撮影をしてから、家族と合流、ピッツァやバターチキンカレー、ミルクコーヒー、こけももミックスソフトを楽しみます。

あさぎりフードパークにて

あさぎりフードパークにて

あさぎりフードパークにて

この日のいでたちは、フードパークでのイベントを意識して、牛。
しかし、まったく周囲の注目を集めることなく(反応なく)完全に空振りでした。

牛!?

補給後、撮影を続け、かなりの枚数写真を撮りました。
これで、来年のイベント告知用写真は充分・・・なはずです。

家族より少し早くあさぎりフードパークを出発。
自宅へ戻るため、国道139号を下りはじめます。
途中、放牧地では牛たちがのんびり。
そんな光景に、思わず自転車を停めて写真を撮ります。

放牧地の牛たち

牛たちも私を仲間とは認識してくれなかったようで、軽く無視でした。

その後、県道71号に復帰し、ミルクランド前を通過。
後は来た道をトレースするように自宅へと戻りました。

この日の走行距離は112.45kmで獲得標高は1,508m、実走行時間は4時間42分21秒で平均速度は23.8km/hでした。

8:00前に自宅を出てから16:00前に帰宅するまでほぼ屋外にいたこの日。
夜、腕を見ると、日焼けが凄いことになっていました。

日焼け

逆に言えば、それだけ長い時間楽しめたと言うこと。
家族と天気、環境に感謝した一日でした。

|

« 富士スバルラインサイクリング(後編) | トップページ | 久しぶりに「農鳥」見ました »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

キートンです。
 陽の強さが増してきましたね。自分も富士山行以外の週末は、近辺の干潟に出かけては野鳥の写真を撮っていますので、朝霧さんの写真のごとく日焼けしています。これからは熱中症にも気を付けたいですね。ここ豊橋の町の背後の山々も富士山と同じように霞がかかって見えづらいですね。スカッと晴れれば暑くても我慢できるのですがね。

投稿: キートン | 2016/05/09 08:34

キートンさん、ありがとうございます。
この季節の紫外線は、真夏より強いと言いますからね。
野鳥撮影も屋外での時間が長いので、同様になろうかと思います。
空気は、日によって霞み具合が極端に異なりました。
霞を上手く利用した写真を撮りたいのですが、サイクリングの場合コンデジなのでそれも難しいです(腕の問題)。(^^;)

投稿: あさぎり | 2016/05/09 09:35

「芝桜まつり+ゴールデンウィーク+天気良い」の3連コンボで、混んでますね。全部が全部「芝桜まつり」ではないとは思いますが。恐らくバイクも車の間をすり抜けて走っていたと思われますので、自転車だとかなりのストレスだったと思います。
国道139号への細い道(抜け道?)、前方に観光バスがいますね。かなり絶望的な光景です。

さて、イベントの方は、天気が良くて何よりでした。
天気が怪しいと、人の入りが違いますからね。
ソフトクリームの後ろに富士山が写っていますが、狙って撮ったのでしょうか?
靴下まで牛模様とは、凝っています。

余談ですが、私、ご当地もののコーヒー牛乳、大好きなのです。
旅先での買い物の楽しみの一つです。(^^)
こちらでは「ミルクコーヒー」となっておりますが、何かこだわりがあるのでしょうか?

投稿: すぎ | 2016/05/09 21:19

すぎさん、ありがとうございます。
もちろん全ての車が芝桜まつりに向かっている訳ではないでしょうが、あそこがボトルネックになっていることは間違いありません。
ま、それだけ集客力のある人気イベントということですね。

ソフトクリーム後ろの富士山は狙って撮っています。
割と見えていましたからね〜。

ミルクコーヒーとなっているのは、厳密にルールを守っているからです。
牛乳という言葉を使うには、厳しい規制があります。
あくまでも牛乳ではなく、乳飲料ですからね。(^^)

投稿: あさぎり | 2016/05/09 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/63592969

この記事へのトラックバック一覧です: 河口湖サイクリング:

« 富士スバルラインサイクリング(後編) | トップページ | 久しぶりに「農鳥」見ました »