« 久しぶりに「農鳥」見ました | トップページ | 清水~富士川サイクリング »

伊東マリンタウンサイクリング

5月4日(水)に、サイクリングに行ってきました。
この日、G.W.の休業で会社の通常業務は休み。
そのため、道の駅伊東マリンタウンにあるテナントに顔出しをする予定としました。

状況によっては店舗手伝いになる可能性もあったのですが、直前になってその必要はなくなっています。
それであればと、自転車で向かうこととしました。
この日は家族もマリンタウンで楽しむことになり、現地合流で帰路は家族とともに車です。

さてどんなコースをと考えましたが、夜半過ぎまでまるで台風のような荒天が続きました。
路面が乾くのを待っていたところ、既に遠回りをする余裕はなし。
千本街道経由で直接マリンタウンを目指すこととしました。

前夜、長く使ってひび割れが激しかったフロントタイヤを交換します。
相変わらずの大汗作業でしたが、今回はタイヤレバーを上手に使ってできました。

新品のフロントタイヤ

9:15頃に出発、家族との待ち合わせは現地12:30です。
少々モワッとする空気の中、それでもしっかり乾いている路面をこぎ出します。

自宅から国道139号まで下り、富士市街へ。
G.W.中のためか、車は多目ですが走りにくくありません(大型が少ない)。

富士市で旧国道1号に入り、沼津を目指します。
途中から、雲がかかりながらも富士山がクリアに見えていました。
本当に、台風一過のような風合いです。

富士市からの富士山

富士市に下る時には強烈な向かい風でしたが、幸いにして千本街道ではそれほど影響を感じません。
それでも決して速いとは言えないペースで、淡々と距離を稼いで行きます。

沼津市街が近付き、沼津港へと松林の中を走ります。
沼津港は多くの車と人でごった返していました。

そんな港をかすめて狩野川を渡り、国道414号へ。
ちょっと迷いましたが、熱函道路から熱海経由を走る時間はなさそうです。
いつも通り、口野まで走り、そこから伊豆長岡温泉郷を抜けます。

大仁から直接亀石峠へは走らず、修善寺へ。
いつも通りのコースですが、こちらの方が好みなのです。
大仁、百笑の湯前からは狩野川越しに富士山が。
ここから富士山が見えることははじめて知りました。

大仁からの富士山

やがて、修善寺駅近くにきます。
ここで、この日四回目の狩野川を渡りますが、その橋の手前には鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいました。

修善寺の鯉のぼり

修善寺駅前を過ぎ、ここからは県道80号で田原野を目指します。
ここは、なんとなく好きな道。
田園風景を愛でながら進みます。

それにしても、新緑がまばゆい季節。
青空とのコントラストも含め、なんとも気持ちよいではありませんか!

県道80号沿いの景色

県道80号沿いの景色

ゆったりとしたペースで上り基調の道を進み、やがて田原野の交差点に到達。
少々脚が疲れていたのでまた迷いましたが、時間的に間に合うかと交差点を直進、山伏峠を越えることとします。

山伏峠も新緑まばゆいのですが、あまりの傾斜にその気持ちよさは半減です。

山伏峠へ

幸いにして、風は背中から吹きつけてきます。
そんな風に押され、なんとか急斜面をクリアしていくと、やがて山伏峠が見えてきました。

山伏峠

峠を越え、少し下ると陸橋があります。
この陸橋からの景色は、まさに絶景。
この色合いを見られただけでも、峠道を上った甲斐があります。

峠付近から相模灘を望む

しかし、私にとってどうも苦手なのが、この後の道。
分岐の度に迷ってしまいます。
実は、ここを下るのはこの日が三度目なのですが、三度ともJRのガードは異なるものをくぐっています。

この日のガード

地図で確認したところ、Y字の分岐二か所は、左、右と抜けるのが県道80号直進となるようです。
初回は最初を右に行ってしまい、今回は二つ目を左に行ってしまいました。
今回海沿い国道135号に出た場所は、想定よりも熱海寄り。
そのため、時間的にちょっと焦ります。

しかも、海沿いに出ると向かい風。
疲れた脚を回しても、一向に速度は上がりません。
抜けの良い海の景色だけは楽しめましたが、気は焦ります。

網代

多賀、網代と過ぎますが、ここから宇佐美までが思ったよりも長い距離です。
多少の上りもあり、正念場でした。

それでも何とか宇佐美へ。
海沿いを走って伊東マリンタウン手前まで来ると、駐車場待ちの列に家族の車が。
なんとか間に合いました。

家族の到着を待ち、自転車を車にしまいます。
そして、店舗へ。
ちょっとした確認事項を行った後、新発売のサンシャインパフェをいただきます。

サンシャインパフェ

疲れた身体に、ソフトクリームとシャリシャリの冷凍みかんが沁み渡ります。

その後、家族でシーサイドスパへ。
今度は温泉が身体を癒してくれます。

ゆったりと休み、夕食もマリンタウンのじゃんマリンさんへ。
ラーメンのセットで栄養補給のとどめです。

じゃんマリンさんにて

こうして、4日のサイクリングは幕を閉じました。
この日、メーターが途中でおかしくなりましたが、5月累計から逆算した走行距離は81.23km。
ルートラボによると獲得標高は736mとのことでした。

この日のルートは、以下の通りです。


|

« 久しぶりに「農鳥」見ました | トップページ | 清水~富士川サイクリング »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

すぎです。
今回は風と坂と時間に苦戦されたようですが、天気も良く、新緑が本当に綺麗で、また田園風景がのどかで、良い感じのルートですね。

鯉のぼりは、元気に泳いでいてたのこと、旅先で、こういう思わぬ発見があると嬉しいものです。

大仁、百笑の湯前は、橋の赤と、山の緑と、控えめな富士山の組み合わせが新鮮です。対岸の右側に見える橋脚?は旧道の名残りでしょうか。

新発売のサンシャインパフェ、冷凍ミカンがアクセントになり、美味しそうです。

メーターが故障で残念でしたが、獲得標高が少ないのが意外でした。

投稿: すぎ | 2016/05/12 23:23

すぎさん、おはようございます。
本来であれば、そんなに苦労する程の坂(獲得標高)ではないはずのコースです。
むしろ、いつもより穏やかなコースのはずでした。
が、やはり疲れもあるのか、それとも単なる不摂生か、後半に登場する坂と、終盤海沿いの向かい風には難儀しました。
写真の赤いものは、おそらく旧道の名残でしょうね。
サンシャインパフェで元気補充でした。(^^)

投稿: あさぎり | 2016/05/13 06:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/63604201

この記事へのトラックバック一覧です: 伊東マリンタウンサイクリング:

« 久しぶりに「農鳥」見ました | トップページ | 清水~富士川サイクリング »