« 春富士をお届け | トップページ | 幸せの黄色いトイレ »

河口湖サイクリング

4月10日(日)に、サイクリングに行ってきました。
前週は雨で乗れず、二週間ぶりのサイクリングとなります。

しかし、日中は子供たちとのお出かけ日和になりそう。
そして翌週以降も日曜日の予定が立て込んでおり、どうも4月はあまり乗れそうにありません。
そんな訳で、いつもよりもさらに早朝サイクリングです。

5:30前に自宅を出発、朝霧高原を目指します。
近所の茶畑越しからは、日の出前の富士山。
気温も低すぎず、絶好のサイクリング日和を予感させます。

早朝の富士山

日の出前と言ってももう明るく、ライトの必要はありません。
そのまま国道469号に出て、山宮、北山と進み、大月線へ。
この日は狩宿の下馬桜にてまつりが開催される日です。
まだ静かなうちに桜を見ておこうと、途中立ち寄ります。

狩宿の下馬桜

まだ満開少し前でしたが、巨木は実に見事。
富士山周辺の空(と言うより空全体)は思ったほど晴れず、一面白っぽい感じでした。
撮影はそこそこで終え、大沢川沿いの桜並木の下を大月線へ戻ります。
こちらの桜は、そろそろ終わりを迎えるところでした。

大沢川の桜

上井出を過ぎ、県道71号へ。
富士ミルクランドを通過、人穴小学校の先を右に折れます。
牧草地へと出ると、雲の向こうに朝日が輝く光景。
富士山の雪も、だいぶ減っています。

朝霧高原からの富士山

ここからは、ただ淡々とペダルを回しながら進みます。
あれこれ考え事をしていると、長い上りもそれほど苦になりません。
この日は100km程を走るつもりだったので、まだ先は長いのです。

県境を越え、富士ヶ嶺交差点を通過。
やがて、最後の長い上りを終え、大室山西展望台へと到着します。

大室山西展望台

整備工事が終わった展望台。
ベンチが設置され、柵の位置が下げられて開放感は増しました。
が、反面、柵が遠くなったことで広角レンズでの撮影時、柵が画角に入りやすくなってしまいました。
万人向けの設計は実に難しいものですね。

再びバイクに跨り、富士の樹海を鳴沢へ。
ここまでは、ほぼ目論み通りの時間で進んでいます。

鳴沢にて国道139号に突き当たり、右折。
河口湖方面を目指します。

ほんのり下りになる道を快調に飛ばし、やがて片側二車線になろうかと言う直前、パコンッと音がし、何かが落ちたような気がします。
走りながらバイクを見ましたが、特に落ちたものはなさそう。
何かを跳ねあげたかと思い、そのまま走り続けます。

ところが、しばらくしてまたふと下を見ると、なんとボトルのキャップがありません。
落としたのは、これだったのです。

すぐにUターンをし、仕方なく歩道をゆっくりと戻ります。
かなり走ってしまっていましたが、探しながらここと思われる付近に達すると、路肩に落ちていました。
幸いにして、車に轢かれておらず、無傷です。
今度はしっかりと締め、仕切り直しました。

相変わらず路面のストレスが大きいこの区間ですが、途中から舗装が直され、快調に走ることができました。
そして、程なく河口湖大橋への分岐。
立体交差を側道に入り、左に折れてさらに坂を下ります。

久しぶりの河口湖大橋。
船津の温泉街に回り込む時間的余裕はなさそうだったので、そのまま橋を渡ります。
数組の外国人観光客が、橋を渡りながら富士山の写真を撮っていました。

河口湖大橋

河口湖大橋の先で、湖の北岸を回り込みます。
この近辺は、桜が見頃。
途中途中で桜と富士山の写真を撮りながら走りました。

河口湖の桜と富士山

河口湖畔を西浜まで進むと、ここからは西湖への上り。
ちょっと急な上りで、休み休み上っていたローディーを一名パスします。
トンネルを抜け、西湖へ。
西湖も反時計回りに北岸を走りました。

西湖からの富士山

西湖西側から坂を上り、国道139号へと復帰します。
ここから精進湖、本栖湖とかすめ、県境へ。
県境付近では、野焼きが終わった荒涼とした雰囲気と富士山を楽しみます。

根原県境付近からの富士山

どうも最後までスッキリしない空に、ちょっとだけがっかりしましたが、野焼きの後の光景とは曇り空の方がマッチするかもしれません。

ここにきて、時間的に余裕もなくなってきます。
しかし、幸いにして追い風。
快調に脚が回り、上井出、北山と戻ってきます。

山宮付近ではまもなく終わりそうな春もカメラに収めました。

梅桃

そのまま自宅へ直行。
到着は門限の10分程前でした。

結局、この日の走行距離は106.20kmで獲得標高は1,405m、実走行時間は4時間31分14秒で平均速度は23.5km/hでした。
春風の気持ちよいサイクリング、この後子供たちを連れて公園へとピクニックに出向きました。

|

« 春富士をお届け | トップページ | 幸せの黄色いトイレ »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

河口湖、本当に外国人観光客が多いです。
ご存知とは思いますが、河口湖駅は「鉄道+高速バス+観光向け路線バス」の組み合わせで、
「どこの国際空港よ?」という様子です。
コインロッカーの大荷物の利用も多いので、ここを拠点に行動するのでしょうね。

投稿: すぎ | 2016/04/20 19:52

すぎさん、ありがとうございます。
以前湖畔を歩いたことがあったのですが、日本人は私たちだけ(あとは店の方)でした。
平日だったこともあったのでしょうが、本当に国際色豊かですよね。
船津から離れて北岸を進むとそうではないので、やはり鉄道+高速バスのお陰が大きいのでしょう。

投稿: あさぎり | 2016/04/21 06:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/63502919

この記事へのトラックバック一覧です: 河口湖サイクリング:

« 春富士をお届け | トップページ | 幸せの黄色いトイレ »