« 桜の終わりに | トップページ | 富士スバルラインサイクリング(前編) »

河口湖サイクリング

4月24日(日)に、サイクリングに行ってきました。
どうも天候とタイミングに恵まれない4月、気づけばまだ一回しか自転車に乗っていない状態。
この日も伊東での仕事がありましたが、これではいけないと早朝サイクリングです。

自宅出発は5:30過ぎ。
ちょっとグズグズしてしまいました。
前夜の雨が明け方まで残り、路面はウエットです。
自宅近くのお茶畑では、八十八夜が近い新茶葉の萌黄色が輝いていました。

茶畑の萌黄色

ここのところの不摂生(いつもそんなことを言っていますが)が祟り、体重は重め。
脚もどうもスッキリと回りません。
路面の状況もあってモチベーションも今ひとつ。
そんな中ですが、考え事をしながら坂をクリアしていきます。

山宮、北山と走り大月線へ。
相変わらず淡々と、ゆっくりとした走りで上井出へ。
上井出からはなにも考えずに富士ミルクランド方面へと進みます。

ミルクランドまでの実走行時間は見る必要もない程のものですが、実際に考え事をしていてスルーでした。
県道71号を右折し、林間の道へ。
相変わらず路面はウエット、しかし飛沫を上げるほどでなく助かります(少なくとも上りでは)。

林間を上る

この付近で、一頭の鹿が道を横切ります。
続いてくるかとカメラを持ってしばらく待機しますが、それっきり。
やはり、警戒されたのでしょう。

牧草地に抜けると、さらに上りが続きます。
富士山は雲の中で見えず、牛馬混合の放牧地で動物に少し癒されます。

牛馬混合

相変わらずのモチベーションのまま、県道71号を進みます。
ここの長い上りや繰り返すアップダウンは、考え事をしていると楽にクリアできます。
見るべき景色もない中、淡々と進みやがて富士ヶ嶺へ。
ここにきて、富士山が姿を現してくれました。

富士山

しかし、この日富士山が見えたのはこのタイミングだけ。
後は、やはり雲の中に隠れてしまいました。

ドクタービレッジ前の長い上りをクリアすれば、大室山西展望台。
しかし、ここからの景色もどんよりとし、映えません。
近くの富士桜はそんな中でも白く輝いて見え、思わず停まってカメラを取り出しました。

富士桜

さて、ここからは下り基調の道。
しかし、路面はまだウエットなため、スピードは控え目です。
新緑の芽ぶきまであとちょっとと言う状態の道を走り、鳴沢へと向かいます。

鳴沢へ

さて、鳴沢手前で少し悩みます。
今日のモチベーションと時間を考えると、鳴沢折り返しで戻りたいところ。
しかし、4月まだ二回目のサイクリングの上、この先の予定を考えると少しでも乗っておきたいことも事実です。

鳴沢近くで路面もドライになり、それも若干モチベーションへと繋がります。
そこで、国道139号を右折、前回同様河口湖を目指しました。

これまでよりは少々ペダルに力を込め(下りですが)、河口湖へ。
河口湖大橋へと左折すると、たくさんのランナーが走っています。
どうやら、この日は富士五湖を巡るウルトラマラソンが開催されていた模様。
各種コースがあるようですが、最長は富士五湖全てを周り、距離は118km(確か)とのこと。
沿道には応援の方々も見られました。

河口湖大橋

この後の私のコースはずっとこのマラソンのコースと被ります。
さすがにこの距離のマラソンなのでランナーはバラけているので特に問題なし。
私はと言えば、門限が迫っているので少々ペースアップして走ります。

ところが、あんなにダラダラ走ってきたつもりなのに、脚には少々疲れが溜まっていました。
しかも、この日はダイエット走と思っていたので、朝出発前に口にしたのはチョコレート数個。
軽いハンガーノックで、痺れを感じてきます。

一行にペースは上がらない中、気持ちだけ急いて進みます。
河口湖北岸を走り、西浜から西湖へ。
こんな状況だと、この坂もいつもよりキツく感じます。
かろうじてランナーに負けない程度の速度でクリア。
今度は西湖北岸を反時計回りに走ります。

西湖から国道139号へと復帰する手前で、いよいよハンガーノックの兆候が厳しくなります。
これはいけないと、自販機でエネルギー飲料を調達。
今まで実感したことはなかったですが、これは即効性があるようです。
この後の走りは、グッと楽になりました。

国道139号に復帰。
精進湖、本栖湖を素通りし、県境を越えて道の駅朝霧高原へ。
路面はすっかりドライになっています。

道の駅で簡単な用事を済ませ、さてここからは時間との闘い。
下りでもクランクを回しながら、走りなれた道を戻ります。

結果、自宅到着は門限の6分前。
走行距離は103.36kmで獲得標高は1,359m、実走行時間は4時間31分18秒で平均速度は22.8km/hでした。

終わりよければすべてよし!
低いモチベーションとハンガーノック手前の中でも、つじつまを合わせて走れたのは収穫です。
シャワーを浴び、伊東への仕事に向かった日曜日でした。

|

« 桜の終わりに | トップページ | 富士スバルラインサイクリング(前編) »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

河口湖方面は、すっかりご無沙汰しております。
富士急行の(中古車両ですが)新型特急待ちということもありますが。
(代替え運行の一般車両で特急料金を払うのは悲しい。)
ただ、芝桜まつりもあるので、当分、混みそうで、躊躇しております。

さて、お茶畑の様子、瑞々しさが伝わってきます。
言われてみればもう八十八夜、一年が経つのは早いものですね。
富士桜も背景のボケが良く、可憐ですね。

先日のブルベに続き、今度はウルトラマラソンに遭遇ですか。
世の中には凄い大会があるものです。

それにしても、チョコレート数個で出発とは、驚きのスタミナです。

余談ですが、私、この日(4/24)は福島県喜多方市に行っていました。
磐越西線の車窓から見える桜が綺麗でした。
日本の季節は広いものだと改めて思いました。

投稿: すぎ | 2016/04/30 23:01

すぎさん、ありがとうございます。
確かに、特急料金で普通車両だとがっかりですね。
河口湖周辺は芝桜まつり会場からは遠いため、マイペースな感じです。
この日のウルトラマラソンは一体何人位エントリしていたのでしょうね、
自転車よりは走る方が気軽にできそうですが、どうも得意ではありません。(^_^;)
喜多方はまだ桜ですか。
以前食べたラーメンが美味しかったのを思い出します。

投稿: あさぎり | 2016/05/01 20:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/63557415

この記事へのトラックバック一覧です: 河口湖サイクリング:

« 桜の終わりに | トップページ | 富士スバルラインサイクリング(前編) »