« 富士山雪化粧! | トップページ | 富士ヶ嶺サイクリング »

夢の国紀行(東京ディズニーランド)二日目後編

先日、子供たちの休みを利用して久しぶりの家族旅行に出かけました。
行き先は夢の国、東京ディズニーランドです。

初日夕方からでかけ、無事前泊した一行。
二日目の朝からの様子は、前編にてお届けしました。

これまでも書いている通り、今回持参したカメラは二台。
ひとつはコンパクトデジカメ、Canon PowerShot G7X
もうひとつはデジタル一眼レフ、Canon EOS 7D Mark Ⅱに単焦点レンズEF35mm F2 IS USMをセットしたものです。
その双方で撮影した写真を入れ込んでUPしていますので、どの写真がどちらのカメラで撮影したものか、ご判断ください。
今回も一枚以外はすべてデジタル一眼レフ撮影ですが。

撮影はJPEGにて行い、Adobe Photoshop Elementsにて各種調整しています。

パレードを楽しんだ一行は、人気アトラクションのひとつ、ビッグサンダーマウンテンに向かいます。
昭和育ちのため、どうしても遊園地=アトラクションの価値観が抜けない夫婦。
子供たちも喜ぶだろうと、あえて突撃です。
ファストパス? もちろん持ってません。

ビッグサンダーマウンテン

列に記載された待ち時間は、100分。
ま、軽く2時間待ちですね。
街中の飲食店ならもちろん諦める時間ですが、不思議と並んでしまいましたs。
ディズニーの魔法でしょうか?

スズメは本物

ようやく屋内へ

外を見る

列から見たコースター

子供たちもよく頑張りました。
不平も言わず、じっと列に並びます。
私は時折見えるアトラクションのコースターを撮影。
EOS 7D Mark Ⅱをはじめて連写で使ってみます。

そして、ようやく乗車。
待った時間の1/30位で絶叫(妻と息子)の時間は終わりました。

お次は、ファストパスを取り損ねたスペースマウンテン。
まったく懲りない親子です。

表示された待ち時間は60分。
ポップコーンもゲットしたし、気分を変えて並び直しです。

またもや列に

次第に高まる緊張感

いよいよ乗車目前

先ほどよりはストレスなくたどり着いたスペースマウンテン。
ここにきてもうわかってはいましたが、息子は絶叫マシーンが苦手なようです。
妻の遺伝子でしょうか。
私と娘は、割とへっちゃらです。

暗い中、縦横無尽に走るコースター。
隣で叫び続ける息子の声が突然止みます。
気絶したのかと気がかりで、私はそればかり気になります。

ともあれ、無事に降車した一行。
娘はコースターは大丈夫なのですが、三半規管がまだ弱いのか、若干の目眩があるようです。
そこで、外をうろついて休める場所を探します。

すると、またもやパレード待ちの場所に行きあたります。
例によって、まだ前で座って見られる模様。
そこで、休みを兼ねて見ることにしました。

私は家族と離れ、立って撮影できる場所に。
再びパレードを楽しみます。

ハピネス・イズ・ヒア

ハピネス・イズ・ヒア

ハピネス・イズ・ヒア

ハピネス・イズ・ヒア

ハピネス・イズ・ヒア

ハピネス・イズ・ヒア

ハピネス・イズ・ヒア

ハピネス・イズ・ヒア

ハピネス・イズ・ヒア

ハピネス・イズ・ヒア

ハピネス・イズ・ヒア

ハピネス・イズ・ヒア

ハピネス・イズ・ヒア

パレードの後について、家族のもとへと戻ります。
パレードで休んだと思いきや、子供たちはかえって?疲れた模様。
考えて見れば、ここまで昼食も摂っていません。

ベンチで休みながらチュロスをもぐもぐ。
相談の結果、ここで帰ることにしました。

チュロスを食べる

どっぷりと疲れた一行。
これには、戦略ミスと言う要因が多分にあります。
園内の混雑は週末に比べそれほどでもなかったのでしょう。
しかし、若い学生が多く、アトラクションの競争率は高い状態でした。
そんな中で同じ狙いで動いてしまったのは失敗でした。

9:00に入園し、15:00に退園。
この正味6時間でアトラクション3つ、パレード2つを楽しめたのはよかったのかそうでなかったのか。
息子の背中に、哀愁が漂っていたことは事実でした。

さようならディズニー

帰路の交通は山手トンネルのお陰で実にスムーズ。
17:00過ぎには富士宮着。
お腹の空いた一行は、丸亀製麺で夕食を摂り、自宅へと戻りました。


|

« 富士山雪化粧! | トップページ | 富士ヶ嶺サイクリング »

あさぎりWEB日記」カテゴリの記事

コメント

長時間の行列、大変お疲れ様でした。
60分待ちは、まあ、我慢できるとして、100分待ちなんて、気が遠くなりますね。

長時間の行列といえば、「科学万博-つくば'85」で、富士通パビリオンの
「コスモスモスドーム全天周立体映画」で2時間くらい?待ったことがあります。
待っている間の暑いこと、暇なこと、落ち着かないこと。
でも、内容は素晴らしかったので、良かったです。

投稿: すぎ | 2016/03/11 22:43

すぎさん、ありがとうございます。
本当に、普段並ぶことがないので、この日は一年分以上並んだ気がしました。
子どもたちも「また来たい!」と目を輝かすことなく終わったので安心しております。w
科学万博は並ぶのが嫌い故、行きませんでした。
他の万博もです。
なのにディズニーは、これも魔法でしょうか?

投稿: あさぎり | 2016/03/12 07:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/63329549

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の国紀行(東京ディズニーランド)二日目後編:

« 富士山雪化粧! | トップページ | 富士ヶ嶺サイクリング »