« 夢の国紀行(東京ディズニーランド)二日目後編 | トップページ | 富士山と朝焼け »

富士ヶ嶺サイクリング

3月6日(日)に、サイクリングに行ってきました。

周期的に天気が変わるこの時期。
予報では昼頃から雨が降るとのこと。
早い時間に出てたっぷり走るのが定石ですが、どうもモチベーションが上がりません。

それでも5:40起床。
ところがその後もたもたしているうちに子供たちも起きてきたりなどし、結局家を出たのは7:00近くなってからと言う状況でした。

外に出て見ると、雲は多いながらも青空も覗く天気。
ひとまず、雨の心配はなさそうです。
富士山は大きな雲に隠されていましたが、朝日が早咲きの桜を照らし、春の雰囲気は感じられます。

朝日に照らされる桜

気温は高めで、この日は冬用アンダーに半袖ジャージ、アームウォーマーと言ういでたち。
この気温なら、やはり向かう先は朝霧高原です(寒くても向かっていますが)。
やがて雨が降るとは思えない空ですが、予報を考えると急激な天候悪化にも注意が必要です。
その気配を感じたら、ショートコースで戻ることも考えながら進みます。

空模様

モチベーションは上がりませんが、脚の調子は悪くありません。
若干の追い風気味なのか、心拍が上がるほど力を込めずとも進みます。
北山、上井出と通過し、富士ミルクランド着。
時間をチェックして見ると、やはり1時間は切っていました。

富士ミルクランド着

ここまでの実走行時間

さてここからどうするか。
まだ天気は大丈夫そうです。
かといって、鳴沢まで走るのは時間的(門限)にも厳しそう。
朝霧高原でちょっと迂回をしながら距離を稼ぎ、ひとまず富士ヶ嶺を目指すことにしました。

この日の朝霧高原も春の様相。
これにて完全に冬は終わったかと思いきや、この数日後にはまた雪になりました。

春の雰囲気

荻平の先で農道を左折。
あさぎりフードパーク方面へと進みます。
富士山は相変わらず雲の中ですが、時折裾がちょっと見えたりします。
もしかしたら、牧草地越しの富士山が見られるかもしれません。

ところが、やはり雲はどかず。
それでも、雲のスクリーンにシルエットが浮かび上がっている光景が見られました。

シルエット富士

途中、朝霧カントリークラブ方面へと右折し、県道71号へと復帰します。
小さなピークをひとつ越え、次は富士ヶ嶺交差点への上り。
富士ヶ嶺からの富士山は、やはり雲の中でした。
富士山も大きいと思いますが、やはり空のスケールは別格です。

富士山を取り巻く雲

富士ヶ嶺で時間をチェックすると、まだ少し余裕があります。
そのため、ドクタービレッジ前を通り、大室山西展望台まで走ります。
この区間は適度に上りがあり、獲得標高を増すことができるのです。

ベンチやフェンスを設置する工事中の展望台。
本栖湖方面を望むと、気温のせいか湿気のせいかやや霞んでいます。
向こうに見える南アルプスの山々にも雪がない模様。
やはり暖冬なのでしょう。

本栖湖と南アルプス

すぐに折り返し、富士ヶ嶺交差点を右折。
国道139号根原からの富士山も不発。
道の駅朝霧高原に立ち寄り、ちょっとだけ仕事の用事を済ませ、出発します。

国道139号をドライブインもちや前から外れて県道71号へ。
富士ミルクランド前を通過して風の湯前まで来ると、富士山朝がチラリと見えました。

富士山頂

これが、この日見た唯一の富士山。
その後、すぐにまた山頂は雲の中に消えていきました。

下りはずっと向かい風。
思うように速度も上がりません。
上井出から県道72号を篠坂へと向かい、さらなる距離稼ぎ(たかが知れていますが)。

篠坂の交差点を直進し、工業団地でのダウンヒルを楽しみ、自宅へ。
門限の10:30ギリギリの到着となりました。

ここまで雨の心配は全くなし。
結果、降り出したのは14:00過ぎになってからでした。

この日の走行距離は74.86kmで獲得標高は1,226m、実走行時間は3時間19分43秒で平均速度は22.4km/hでした。

|

« 夢の国紀行(東京ディズニーランド)二日目後編 | トップページ | 富士山と朝焼け »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

キートンです。
 11日夜から13日昼まで行ってきました。
 雪予想で今冬最後の雪景色を期待していったのですが、曇り、曇り、曇り、13日昼前に陽が差して曇り空の中でもはっきりと姿を写真に収めることができました。でも、寒いけれども確実に春に向かっていますね。

投稿: キートン | 2016/03/14 09:06

寒の戻りはありますが、春も、もうすぐですね。

当地では、イワツバメの第一陣が戻ってきました。
例年より10日ほど早めです。
これも暖冬のせいなのでしょうか。
彼らの食料が心配です。

投稿: すぎ | 2016/03/14 18:20

キートンさん、ありがとうございます。
この週末はあんな天気予報の割に見えたと言うべきか、それとも期待より見えなかったと言うべきか、そもそも予報自体が二転三転しましたからなんとも言えないですね。
それでも、その姿を捉える事ができて何よりでした。
雪は、昨晩(14日)に降りました。
西臼塚や水ヶ塚はおそらく除雪するまで通行できないレベルです。
そう言う意味でも、ラッキーだったかもしれませんね。

投稿: あさぎり | 2016/03/15 06:39

すぎさん、ありがとうございます。
本当に、そろそろいい加減本格的な春にやってきて欲しいものです。
鳥たちがやってきたということは、これからは暖かくなるのでしょう。
彼らの感覚はおそらく私たちの比ではないでしょうから。
確かに、食料は心配ですね。
無事に次の世代にバトンを渡せることを願って止みません。

投稿: あさぎり | 2016/03/15 06:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/63343045

この記事へのトラックバック一覧です: 富士ヶ嶺サイクリング:

« 夢の国紀行(東京ディズニーランド)二日目後編 | トップページ | 富士山と朝焼け »