« 富士山の雪もめまぐるしく | トップページ | 朝霧アリーナでの遊び(EOS 7D MarkⅡ+EF85mm F1.2L Ⅱ USM) »

道の駅朝霧高原(おつかい)サイクリング

2月7日(日)に、サイクリングに行ってきました。

この日の天気はひとまず不安なさそう。
前夜どこに行こうか考えていると妻が「朝霧高原に行くなら用事を頼みたい」とのこと。
もとより毎週サイクリングに出ることで肩身が狭い私はもちろん承知し、道の駅朝霧高原に書類を届けに行くことになりました。

日曜日の朝、6時前頃起床。
いつもよりゆっくりですが、この時期はまだ早朝暗いので、この位がちょうどよいのです。
朝食に買っておいたパンを食べ、6:30過ぎに出発します。

自宅を出てみると、冷たい空気。
やはり、寒さが残っています。
こんな気温で朝霧高原の雪は大丈夫なのだろうかと少々不安になりますが、暖かな日もあったので少なくとも路面凍結はないと思いなおします。

自宅から国道469号への坂を上ると、富士山に朝日が当たりほんのり染まっています。
気温は0℃。
この後、陽が昇ってもずっとこのままでした。

富士山が染まる

気温は0℃

この気温では、道の駅朝霧高原はともかく、富士ヶ嶺方面は厳しそうです。
そこで、ちょっと遠回りをしながら朝霧高原を目指すことに。
国道469号に合流する地点で、裾野方面へと細い山道を進んでいきます。

これまで何度か通っている道ですが、この日は傾斜がきつく感じます。
やはり、寒さで身体が動いていないのか。
ジワジワとペダルを回し、上りをクリアしていきます。

ようやく、国道469号の太い部分に合流。
ここから、再び山宮方面に下ります。
先ほどの場所から1kmない地点まで一旦戻る形です。
ダウンヒル前に、美しく輝く正面の山々を撮影しました。

朝日の当たる山々

工業団地脇を豪快にダウンヒル。
とは言え、寒いのでスピードは控え目です。
信号にて右折。
いつもの道に戻り、山宮の信号で登山道を横切ります。

その先、山宮小学校付近から、この日二回目の遠回りです。
山宮小学校脇から奇石博物館に抜けるルートは、この近辺でも有数の激坂。
もちろん、前週上った浜石岳とは比べようもありませんが、ロードバイクで上るには斜度、長さともちょっときつい坂です。
ここを走り、奇石博物館先で県道72号に合流します。

山宮小学校脇より

やはり調子が上がらず、途中でゼイゼイバクバク。
それでも、浜石岳とは異なり、上れないと言うことはありません。

県道72号に入ってからは、坂も緩斜面に感じ、そのまま上井出まで走ります。
林間の道を抜けると、背後から当たる朝日が温かく感じます。
それでも気温は0℃のままですが。

朝日が暖か

ここまで遠回りし、獲得標高も稼いできました。
上井出からはいつもの道。
富士ミルクランドに向かって走り慣れた道を流します。

富士山はきれいにその姿を現してくれていました。

風の湯前からの富士山

それでも、富士山右裾には低い雲がかかっています。
この雲により、富士宮市街地からの富士山は見えたり隠れたりしていた模様です。

ここまで、心配した雪の影響はありません。
と言うより、残雪すら皆無。
富士ミルクランド前を通過しても、その状況は変わりません。

しかし、カフェナチュレの先で県道71号を右折すると、やはり路肩の日陰には残雪が見られます。

路肩の残雪

その量は思ったほどではなく。
しかも、気温が低いため融けださず、路面もドライなままです。
懸念した走りにくさは皆無。
傾斜はともかく、それ以外は快調に進んでいきます。

途中から農道に入り、あさぎりフードパーク方面へ。
いつもの牧草地も、雪の状況はまだら模様でした。

牧草地からの富士山

あさぎりフードパークを通過し、道の駅朝霧高原へ。
ここまで気になっていた背中ポケットの封筒をようやく渡すことができました。

道の駅朝霧高原

無事おつかいを終え、ひと安心。
さてここからどうしようと考えますが、富士ヶ嶺方面へと進むのは諦め、国道139号を戻ることにします。
気持ち遠回りをするため、途中猪之頭方面へと入り、白糸、上野経由で。

猪之頭から見る富士山は、大沢崩れまで真っ白のまさに冬富士でした。

猪之頭からの富士山

大石寺の前を通り、国道469号から自宅へ。
自宅付近では気温も上がり、二桁目前の9℃。
そのおかげもあってか、ダウンヒルの際の手足がしびれるような寒さは感じずに済みました。

結局、この日の走行距離は64.73kmで獲得標高は1,171m、実走行時間は3時間12分17秒で平均速度は20..2km/hでした。

この日のルートは、以下の通りです。


|

« 富士山の雪もめまぐるしく | トップページ | 朝霧アリーナでの遊び(EOS 7D MarkⅡ+EF85mm F1.2L Ⅱ USM) »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/63233265

この記事へのトラックバック一覧です: 道の駅朝霧高原(おつかい)サイクリング:

« 富士山の雪もめまぐるしく | トップページ | 朝霧アリーナでの遊び(EOS 7D MarkⅡ+EF85mm F1.2L Ⅱ USM) »