« 富士山の雪は寂しいまま | トップページ | 富士山の雪増えています »

清水サイクリング

新年が明けて1月3日(日)に、サイクリングに行ってきました。
この日は、2016年最初のサイクリング。
事前には元日の初日の出を自転車で撮影に出ようかとも思っていたのですが、31日にも乗ったこと、寒さや疲れも厳しそうだったのでパスしました。

3日は、翌日から通常営業する会社の留守番電話を確認しに行くとの口実で、清水を目指すことにします。
午前中には戻りたいため、朝6:30過ぎには自宅を出発しました。
すでに明るくなりつつある頃ですが、気温は最も低くなる時間帯。
暖冬傾向のこの冬ですが、足の指はすぐに冷えて痺れてきます。

自宅から大月線へと下り、身延線の陸橋を渡って高原、岩本と進みます。
途中、勘助坂の上から富士山と新東名の光景を撮影します。
風は弱く、穏やかな気候に助けられます。

勘助坂からの富士山

岩本から坂を下り、富士川沿いへと進みます。
雁堤まで来ると、少ないながらも富士山の雪がほんのりピンクに染まっていました。
朝日が昇っての放射熱が待ち遠しい空気の冷たさです。

雁堤からの富士山

富士川を渡り、今度は東海道線沿いに富士川、新蒲原、蒲原、由比と進みます。
この付近は、若干の追い風に押され、心地よいペースで走れました。
由比でご無沙汰している知り合いの社長さんに偶然出会います。
新年のあいさつを交わし、さらに進んで倉沢地区へ。
途中、駿河湾を見渡せる場所で昇ってきた朝日と東名高速由比P.A.を撮影します。

東名高速由比P.A.

この由比P.A.(下り線)は、駐車場のすぐ脇が海。
何も遮るものなく駿河湾と伊豆半島が見渡せます。
元旦の初日の出の時間帯は混乱を避けるため閉鎖されると言うのも頷けます。

ここからさらに由比の旧街道を進みます。
正月の由比の町家は実に趣き深く、私の好きな光景です。

由比の街並み

そんな街並みを過ぎると、薩た峠の上り口です。
相変わらずの急坂。
地元の自転車乗りが勝手に「由比の壁」と呼んでいる場所です。
この日は、迷わずこの坂を上って興津側に抜けることにします。

薩た峠の入り口

インナーローでよじ登るようにペダルを踏みしめます。
もはやクランクは回転ではなく完全に上下動と言った感じ。
それでも気温が低いせいか、汗は出てきません。
息はあがりますが、以前よりは少し楽に上れている気がするのは気のせいでしょうか。

駐車場手前まで上り、振り返って富士山を撮影します。

薩た峠からの富士山

駐車場には入らず、そのまま興津側に下ります。
しばし興津川沿いを走り、河口付近の橋で川を渡り、興津の市街へ。
そのまま旧国道1号を清水駅手前まで走ります。
北街道を通り、営業所着。
平たん路と追い風に助けられ、平均速度は25.1km/hとまずまずです。

営業所到着

営業所での仕事を終えて、帰りです。
気温は上がり、寒さはほとんど感じません。
特に問題なく仕事を終えられたので、時間には若干余裕があります。
そのため、帰路は由比から入山を通って富士川に抜ける道を予定して走り出します。

来た道を通って興津へ。
興津からは駿河健康ランド前を通って海沿いに走ります。
薩た峠興津側からの上りはパスです。

海沿いを走る

スマル亭を過ぎて、信号で国道1号を渡り、再び倉沢地区へ。
この時間になると、歩いている人の姿も見受けられます。
旧街道から旧道(紛らわしい)に出て、入山入口へ。

途中、コンビニでこの日はじめての補給をします。
チョコレートのアイス、菓子パン二個は食べ過ぎかとも思いましたが、年末年始で体重が増えている身体は燃費も悪いだろうと想定してのことでした。

補給

入山入口の信号を左折、川沿いを走ります。
東海道新幹線の橋をくぐると、やがて道は上り基調へ。
造り酒屋を過ぎると、本格的な上りがはじまります。

薩た峠とは異なり、こちらは以前走った時より辛く感じます。
やはり、不摂生がたたっているのでしょうか。
直前に補給をしておいて正解でした。

しばらく走ると、光景は海沿いから山間部に急変。
標高はそれほどではありませんが、見た目は完全に山です。

入山地区

ようやく急な部分をクリアと思いきや、最後がまたつらいこの峠。
しかし、峠では富士山が正面にど~んと見えるご褒美が待っています。
子の光景だけで、上ってきてよかったと思えます。

峠をクリア

峠をクリアし、下りへ。
凍結はしていないようですが、慎重に下ります。
車とほとんど出会わず、セブンイレブンを過ぎれば蓬莱橋が見えてきます。

蓬莱橋で富士川を渡り、松野の上りへ。
先ほどの入山と比べれば緩い坂です。
ゆったりとクリアし、下れば富士宮市街。
初詣客で賑わう富士山本宮浅間大社前を右に折れ、商店街を通って自宅へと走ります。

富士山本宮浅間大社前

予定よりやや早く、11:00前には自宅着。
午後からの予定に余裕を持って帰着でき安堵です。

この日の走行距離は75.03kmで獲得標高は825m、実走行時間は3時間17分22秒で平均速度は22.8km/hでした。
新年最初のサイクリングは穏やかな気候に恵まれ気持ちのよい行程となりました。

|

« 富士山の雪は寂しいまま | トップページ | 富士山の雪増えています »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/63070708

この記事へのトラックバック一覧です: 清水サイクリング:

« 富士山の雪は寂しいまま | トップページ | 富士山の雪増えています »