« しばらく朝の富士山撮れません | トップページ | Canon EF85mm F1.2L Ⅱ USM(導入編) »

あさぎりフードパークサイクリング

11月22日(日)に、サイクリングに行ってきました。
この前日は、旧友トキちゃん夫婦にSさん、Kさんも加わっての富士山周遊サイクリング
150km以上を走ったため、この日は家族サービスと考えていました。

しかし、相談の結果、家族でちょっと自転車に乗ることに。
場所はいつもの富士川河川敷~駿河湾沿いではなく、道の駅朝霧高原北側の周回路と決めました。
そのため、私はいつものように先行してあさぎりフードパークへと向かうことにします。

サイクリングは昼食後と決めていたため、11:00過ぎに自宅を出発します。
出発前の朝食はハムとチーズ入りホットサンドを家族とともに食べました。

家を出てみると、気温は18℃程。
これは暖かかった前日とほぼ同じような気温です。
麗らかな陽気に嬉しくなり、脚に疲れは残っているものの少々遠回りをして向かおうと言う気になります。
自宅そばで見かけたコスモスの花には蜂が忙しそうに飛び回っていました。

コスモスと蜂

自宅から裏道を通って国道469号へと続く坂道を上ります。
スタート時のみちょっとルートは異なりますが、途中からは前日御殿場駅へと向かう際に通った道と同じ。
傾斜はきつ目ですが、脚へのダメージは思ったほどない様子。
ペースさえ気にしなければ、上るのに苦はありません。

たっぷり時間をかけて、ゆっくりと上ります。
途中、皇帝ダリアの咲く民家の庭先越しに見た富士山には山頂付近に雲がかかっています。
空気の抜けも前日の方がよく、やはり富士山周遊サイクリングが昨日でよかったと思いながら上っていきました。

富士山と雲

前日と同じ道に出ると、明るい昼間の陽射しの下、晩秋から冬にかけての光景が見られます。
前日はまだ暗い中を走っていたので気付かなかった光景。
思わず何度かストップしながら、それらをカメラに収めます。

みかんの木

銀杏の落ち葉

やがて、国道469号に到達。
前日とは反対側、左に折れて進みます。
軽い上りの後は、下り基調の道。

途中で国道469号を逸れ、白糸の滝方面へと県道72号を走ります。
ここは林間の道で、見通しはよくありません。
どうやら、そこを走っているうちに、雲が増えたようです。
上井出に到達し、富士ミルクランド方向に上りはじめた時には、空はグレーになっていました。

富士ミルクランド前を通って、県道71号を右折。
林間の急な坂をクリアすると、牧草地に出ます。
富士山方向には厚い雲。
富士山は完全に雲の中です。
ここにきて、前日とは完全に様相が異なってきました。

富士山は雲の中

すっかりモチベーションもダウンしましたが、同時に気温も下がってきます。
かろうじて二桁ではありましたが、12℃程では汗が冷えて冷たく感じてきます。

やがて、あさぎりフードパークに到着。
富士山だけではなく、反対側の毛無の山々まで霞みに包まれて冷え冷えとした光景です。

あさぎりフードパーク

前日はここで20℃近くあったはず。
ところが、この日は9℃とついに一桁突入です。
ちょっと補給が必要な状態だったのでじゃがバターでもと思いましたが、傍らに朝霧ヨーグル豚ラーメンを販売しているテントが出ていたため、思わずそちらに吸い込まれます。
熱いラーメンで身体を暖めながら、家族の到着を待ちました。

朝霧ヨーグル豚ラーメン

程なくして、家族が到着。
あまりの寒さに、妻も子供たちもビックリしていました。
それでも、子供は風の子!?
特設の落ち葉のプールに入り、遊びまわります。
そして、妻も乱入・・・。

落ち葉のプールにて

落ち葉のプールにて

それでも暖まらない様子で、妻とは今日は自転車はやめようとの話に。
さすがに、下で話をした時と状況が違いすぎます。

子供たちはお昼を食べてから出てきていますが、ひとしきり遊んで補給。
思い思いのものを購入します。
私は前日食べそびれたシルクスイートのさつまバターを堪能しました。

シルクスイートのさつまバター

これで一件落着かと思いきや、子供たちは自転車に乗る気満々です。
えっ!? この寒さでとは思いますが、私だけ楽しむ訳にも行かず、渋る妻を道連れに自転車を車から降ろします。

今回のコースは、道の駅朝霧高原北側の周回路。
ちょうど建物の工事中ですが、日曜日は工事が休みで関係車両も通りません。
この周回コースを反時計回りに走ると、途中一か所だけ10%の坂があります(50m程)が、あとは平坦と下りです。
湖畔や海沿い堤防上ではなかなか体験できない上り下りを安全に体験させたいとここを選びました。

スタート!

道の駅第二駐車場からの声援を受けて、息子や娘も頑張って走ります。
が、さすがに10%の上りは息子のギア付自転車でも無理だった模様。
半分ほど上って、歩き出しました。
娘は、坂がきつくなる部分から歩きです。

上り坂

クロスバイクの妻は、途中で足をつきましたが、一週目はなんとか乗ったままクリア。
二週目は歩いたそうです。

上り切ると、今度は下り。
一週目は、安全のため娘は歩いて下ります。
二週目からは、私がついて乗ったまま下る練習。
上手に下ることができました。

下りも練習

結局、妻は二週で別の用事に。
私と子供たちは三周してこの日のサイクリングを終了。
車に自転車を積んで、私は自走で帰ることにします。

この気温の中で、下りもクランクを回しながら走ります。
次第に気温は上がるだろうとの期待通り、標高700m位までは冷たかった空気も、上井出まで走ると暖まってきます。
大月線、国道469号といつものルートを通り、自宅へ。
図書館に寄ってきた家族よりはだいぶ早く到着することができました。
自宅付近は15℃程で、出た時よりは下がっていましたが、それでも朝霧高原に比べれば暖か。
ホッとして自転車を片付けました。

結果、この日の走行距離は67.56kmで獲得標高は1,081m、実走行時間は3時間23分33秒で平均速度は19.9km/hでした。

|

« しばらく朝の富士山撮れません | トップページ | Canon EF85mm F1.2L Ⅱ USM(導入編) »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/62784202

この記事へのトラックバック一覧です: あさぎりフードパークサイクリング:

« しばらく朝の富士山撮れません | トップページ | Canon EF85mm F1.2L Ⅱ USM(導入編) »