« 道の駅伊東マリンタウンサイクリング(前編 平坦部) | トップページ | 道の駅伊東マリンタウンサイクリング(後編 山岳部) »

Canon EF85mm F1.2L Ⅱ USM(実写編1)

足掛け2年ほど迷いに迷った末入手したキヤノンの単焦点レンズEF85mm F1.2L Ⅱ USM
その経緯は導入編にて記述しました。

Canon EF85mm F1.2L Ⅱ USM

今回は、そのファーストインプレッションをお届けいたします。
毎回の言い訳ですが、私は日常生活や仕事の「ついで」に写真を撮っているだけのカメラマンです。
仕事でパンフレットやチラシ用の写真は撮りますが、芸術性の高い写真は苦手なことをご了承ください。
そんな私がなぜこのレンズを? と言う問いに関しては、半分以上は物欲を満足させるためです。

さて、愛用のEOS 5D MarkⅢ(以下5DⅢ)にレンズをセットし、持ちだします。
いつも通り、仕事で通りかかった光景を一枚。
絞り開放f1.2で何気なく撮った写真がこちらです。

絞り開放での撮影

確かに、大口径単焦点レンズならではの写りを感じられます。
周辺光量落ちもかなりありますが、こうしたシチュエーションではかえって味になります。
以下、全ての写真に関してそうですが、撮影はJPEG撮って出しで、特に補正はしていません。

f1.2でありながら、そのボケは思ったほど大きくは感じませんでした。
もちろん、近接での撮影でないこともありますが、評判通りこのレンズのボケは自然で、決して煩くならないのが特徴のようです。

今度は、若干絞りf2.8での撮影をしてみます。

絞りf2.8での撮影

さすがにキリッと締まった画で、色も鮮やかに表現されます。
この写真もなだらかにボケていっているのですが、そう感じさせない自然さがあります(ピントはコンテナ手前角)。
数値からもっと分かりやすいボケを期待すると、肩透かしを食うかもしれません。

なお、特に記述ない場合、画像はすべて横900ピクセルにリサイズのみしてあります。
もっと大きな画像を載せたいのですが、ブログ容量の問題もあるため、ご容赦ください。

開放f1.2と絞りf2.8の比較をもうひとつ載せます。
以下の写真は、上がf1.2、下がf2.8での撮影。
手持ちで池に映った木を撮影しています。
ピント位置も異なっているため厳密な比較にはなりませんが、ご容赦ください。

開放f1.2での撮影

絞りf2.8での撮影

多くの大口径単焦点レンズがそうであるように、このレンズも開放とちょっと絞っての表現には差があります。
以前使ったEF50mm F1.4 USM程ではありませんが、撮影者の意図によって画づくりを行えるのはありがたいことです。

このレンズのピント面は、開放f1.2からシャープとの評判。
私のように手持ちでいい加減に撮る人間にも、それは実感できました。

絞り開放の弊害は、上記の周辺光量落ちとパープルフリンジでしょうか。
レンズの特製なので必ずしも弱点とは言えませんが、シチュエーションによってはかなり目立つケースがありました。
以下、無粋を承知で等倍に拡大して見ます。

開放f1.2撮影画像

f1.2等倍拡大

矢の部分、腕の部分の周囲に紫色の縁取りがご覧いただけるかと思います。
これが、所謂パープルフリンジ。
コントラスト差が大きい場合に発生するデジタル特有の偽色の一種です。

レンズによって発生しやすい絞りも異なりますが、このレンズは開放で大きめに出るようです。
実際、同じシチュエーションでf2.8まで絞るとパープルフリンジはかなり減少し、f4ではほぼ解消していました。

f2.8等倍拡大

下の写真も開放f1.2で撮影したもの。
このケースでは、等倍拡大して見るまでもなく、中央部の葉の縁が紫色になっています。

開放f1.2でのパープルフリンジ

こうした色収差はRAW撮影をしてDPPで補正すればある程度消すことができます。
それはそれとして、この収差も含めて「味」となるケースもあるでしょう。
ケースバイケースで考えていきたいと思います。

ボケに関しては大きく、柔らかいのが特徴です。
上にも書いた通り、急激にボケる訳ではないので、あくまでも自然。
それが物足りないと感じる場面もあるでしょうが、だからこそポートレートなどには最適とも言えます。

開放f1.2でのボケ

上の写真のように点光源が入るボケの場合、開放付近ではミラーボックスによる「ケラレ」が発生し、ボケが円くなりません。
ある程度絞れば解消するとのことですが、この点も考慮に入れる必要があります。

次は、逆光耐性です。
これに関しては嬉しい誤算。
他のレンズと比較しても弱いと思っていましたが(設計が旧いため)決してそんなことはありませんでした。
シチュエーションによっては、太陽が画面内に入っても(コントラスト低下は見られますが)画は破綻しません。
下の写真は強めの点光源を入れたケースですが、絞り開放にも関わらずよく耐えてくれています。

逆光にもそこそこ強い

さて、特性を見るための撮影はこの程度にして、ちょっと落ち着いて風景を撮ってみます。

さすがに開放f1.2ともなると、晴れの昼間、陽のあたる場所ではNDフィルターが必須。
私はそれを持っていないため、シャッター速度1/8000秒を備える5DⅢでも露出オーバーとなってしまいました。
そんな訳で、夕暮れ時、いつもの富士山本宮浅間大社周辺を歩いて撮影してみます。

これまで同様、画像はすべてJPEG撮影、リサイズのみ無修正です。
なお、今回はあえて絞り開放f1.2での撮影画像のみ集めてみました。

花

道標

蜘蛛の糸

看板

やはり、85mmと言う焦点距離の画角は私好みです。
特に、こうした街角でのスナップ撮影に際しては、しっかりと主体を決めて画づくりができます。
そして、f1.2と言う明るさとボケは、その主体を浮かび上がらせてくれます。
もちろん、そんな目的にはもっとコンパクトで軽いカメラの方が向いていることも事実ですが。

鳥居

参道

燈籠

桜

これまた覚悟していたAFの遅さは、想定の範囲内です。
場面によっては思ったより速く合焦し、嬉しくなることもあります。
動きまわる被写体をAIサーボで追うなどの場面では厳しいでしょうが、ワンショットでしっかり狙う分には充分シャッターチャンスに応えてくれます。

他のレビューでも書かれていますが、このAF速度は精度を優先したものと思われます。
大きく重い前玉を駆動するため、トルクが決して大きくないUSMで精度を高めるためには移動量を増やすことが必要。
しっかり仕事をしてくれている印象で、視力がよくない私にはかえってありがたく感じます。

楼門

拝殿

社務所

販売所

絵馬

何度も書いていますが、あくまでも自然なボケ味。
これも繰り返しになりますが、f1.2と言う開放値から想像するよりボケは大きく感じません。
自然で煩くない、これこそがこのレンズの真骨頂なのでしょう。

紅葉

伏流水

湧玉池

欄干

この辺りにくると、もう夢中です。
撮っていて、なんとなく顔がニヤけてくるのが自分でもわかります。
極めて怪しいですが、そのことは自覚しています。
辺りはかなり暗くなっていますが、f1.2でのシャッター速度と5DⅢの高感度に助けられ、シャッター速度は1/100秒程度を維持しています。

しかし、手ブレ補正のない85mmレンズのため、ファインダー像は揺れます。
この焦点域で手ブレ補正なしに慣れていないため、気持ち的には不安がありました。
歩留まりは決して悪くなかったので、これは慣れの問題でしょう。

神田川

お宮横丁

お宮横丁

民家

もうこの時間になると周囲は真っ暗。
それでも、この焦点距離で手持ち撮影ができるのも、レンズの明るさのおかげでしょう。
スナップを撮るなら明るい昼間よりも夕方~夜に向いているレンズです。

実写編1は人物撮影(ポートレート)なし。
このレンズの神髄とも言える部分には触れていません。
それを待っているといつになるかわからないので、ひとまずここまででUPします。

実写編2に続く

  

|

« 道の駅伊東マリンタウンサイクリング(前編 平坦部) | トップページ | 道の駅伊東マリンタウンサイクリング(後編 山岳部) »

モノ好き!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/62804089

この記事へのトラックバック一覧です: Canon EF85mm F1.2L Ⅱ USM(実写編1):

« 道の駅伊東マリンタウンサイクリング(前編 平坦部) | トップページ | 道の駅伊東マリンタウンサイクリング(後編 山岳部) »