« 箱根経由伊東マリンタウンサイクリング | トップページ | 秋富士と月 »

日曜日の田子の浦にて

I can fly!

今、自分が撮りたいのはこんな写真かもしれません。
家族と、小さな相棒Canon PowerShot G7Xと。

PモードでJPEG撮影。
その後、Adobe Photoshop Elementsでカラーを削除し、明るさ、コントラスト等を調整。
横1,200ピクセルにリサイズしていますが、全てノートリミングです。

機動力まで含めて考えると、本当によいカメラです、これ。
自分が積極的に動いて撮れます。

いつまでこうして一緒に遊んでくれるのか。
その時を大切にしたいと思います。

さらなる高みへ

ルート探索

難関

忍者の如く

飛べ!張り付け!

ここからどうする?

落下

忍び

跳躍

作戦会議

お手本

慎重さと勇気

登頂!

そっちか!

ん!?

闘い終えて日が暮れて


 

|

« 箱根経由伊東マリンタウンサイクリング | トップページ | 秋富士と月 »

あさぎりWEB日記」カテゴリの記事

コメント

キートンです。
 白黒、改めてみると新鮮ですね。カラーから色を抜くと少し優しい色ですね。白黒フィルムの強烈なコントラストとは異なる風合いになるのですね。その昔、敢えてカラーフィルムで白黒に近いものに撮れるものを探して撮っていた時期がありましたけれど、優しい色でしたね。

投稿: キートン | 2015/11/03 20:47

こんにちは~。モモパパです。
お子様の活き活きとした表情と姿がとてもよく伝わってきます。
あえてモノクロ。
これまた味があっていいですね。

投稿: モモのパパ | 2015/11/03 23:08

僕、高校時代は写真部に所属してて白黒写真ならネガを現像することができました。
今じゃデジタルが主流。
白黒フィルムなんてどこにも売ってないだろうな~。

投稿: モモのパパ | 2015/11/03 23:10

キートンさん、ありがとうございます。
モノクロって、どこか客観的で、それでいて自分の頭の中で色を付けられる主観性もあって、私は好きです。
ただ、カラーデータから色を抜くだけではなかなか思った絵にならず、あれこれと調整を行う必要はあります。
慣れてくると、最初からモノクロで写した風景を思い浮かべられると聞きました。
ちょっとモノクロの世界に凝ってみたいかなと思っています。(^^)

投稿: あさぎり | 2015/11/04 18:23

モモのパパさん、ありがとうございます。
おおっ!現像まで手掛けられていたのですね。
私はそこに手を出せずでした。
白黒のフィルムはメーカーにより廃盤も増えてきているようです。
ただし、35mmならまだまだレギュラー商品があります。
私はデジタル派のまま、モノクロに凝ってみたいと思います。

投稿: あさぎり | 2015/11/04 18:25

こんにちは。
大自然の大砂場に、巨大なアスレチック?は、子供さんにとって冒険しているようでのびのびしていますね。
近くに素晴らしい環境があり、羨ましい限りです。
達成した後の後姿も、何ともいいですね!

それにしてもモノクロームは、その時代を感じさせない、何とも言えない良い感じがしました。

投稿: 883 | 2015/11/04 18:34

883さん、ありがとうございます。
本当に、ここの遊び場には感謝しています。
もちろん、自己責任ですが、海の上ではないため比較的危険は少なく遊ぶことができます。
子供たちも、ルートを考えながら上ったり下りたりするのに夢中でした。
モノクロームの写真、ちょっとハマりそうです。

投稿: あさぎり | 2015/11/04 22:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/62605013

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日の田子の浦にて:

« 箱根経由伊東マリンタウンサイクリング | トップページ | 秋富士と月 »