« Apple MacBook Pro (Retina, 13-inch ,Early 2015) 【プロテクション編】 | トップページ | これぞ秋富士 »

富士五湖周遊サイクリング

9月22日(火)に、サイクリングに行ってきました。
この日は仕事ですが、東京のショップなるしまフレンドの仲間があさぎりフードパークを組み入れたコースのサイクリングを企画(非公式)していました。
私にもお声がかかり、その案内役を兼ねて参加させていただくことになったのです。

メンバーが走るコースは、富士急行河口湖駅まで輪行してそこをスタート、富士五湖を周遊しながらあさぎりフードパークに立ち寄り、その後山中湖まで走ってから道志みちを通って東京へと戻るというのもです。
走行距離は170kmにも及ぶコースなので、参加メンバーはそれなりの健脚揃いであることが予想されます。
もとより、私は部分的な参加ですし(長くとも山中湖まで)、ペースについて行けず遅れても富士五湖周辺の地理には詳しいので迷惑をかけることはないだろうとは思っていましたが、それでも緊張して当日を迎えました。

さんざん悩んだ末、当日は皆の出発に合わせて河口湖駅へと向かうことに。
河口湖駅からの出発時間は朝7:30過ぎになるとのことなので、それに間に合うよう到着する必要があります。
自宅から河口湖駅まではそこそこの距離と標高差があるため、もし私の到着が遅れたら先に出発してもらうよう、事前に依頼しておきました。

到着時間を考慮すると、自宅を5:00前には出たいところ。
その後の行程を踏まえ、河口湖駅までは脚を使わず無理ないペースで走りたい気持ちもあります。
4:00に起床し準備、4:50頃に自宅を出発することができました。
辺りはまだ薄暗いですが、ライトがあれば走行に不安はない程度。
自宅から国道469号へと上り、北山へと走ります。
さすがに朝が早いだけあって、シルバーウイーク真っ只中の国道139号バイパスもほとんど車が走っていません。

北山インター付近

気温は20度を切っており、走りやすい環境です。
大月線に入り、脚に負担をかけないよう、上井出を目指します。
上井出からは富士ミルクランド方面へ県道71号を進み、人穴小学校先で右折。
牧草地内をひたすら上っていきます。
県境手前の上り途中で、富士山から朝日が昇ってきました。
出発時には雲が多かった富士山も、この時はよく見えています。

富士山からの日の出

そう言えば、この日もダイヤモンド狙いのカメラマンの姿は2名程度しか見受けられませんでした。
二日前に走った時同様、期待していた方々には会えずじまいでした。

県境を越え、富士ヶ嶺を目指します。
この辺りからのコースは、また後に走ることになるかもしれません。
きつめの上りを三度クリアすれば、富士ヶ嶺の交差点です。

交差点を直進、ドクタービレッジ前を通り過ぎ、さらに上ります。
展望駐車場を通過して時間を見ると、やや当初の腹積もりより遅れています。
その上、富士の樹海の中を下る道は夜半に雨が降ったのか、木々から滴る雫で濡れています。
思うようにスピードを上げられず、次第に気が焦ってきます。

鳴沢にて国道139号に合流。
ここまでくれば、路面はドライです。
幾分か脚に力を込め、河口湖を目指します。

やがて立体交差の側道へとそれ、河口湖大橋へと向かう道へと入ります。
時間はと見ると、皆の出発にはギリギリ間に合いそうです。
しかし、問題はここから河口湖駅へのルート。
これまで意識して走ったことがないので、今一つはっきりしません。

えいやと交差点を右折し、裏道へと入ります。
途中の信号でやはり不安になり、スマフォで地図を確認。
どうやらちょっと遠回りになりましたが、到着できそうです。
と、ここでスマフォにメッセージが入っていることに気づきます。
一名電車に乗り遅れたので到着の電車が1本遅れるとのこと。
スタートは8:00過ぎになりそうとのこと、ラッキーです。

そんなわけで、余裕をもって河口湖駅に到着。
トイレに寄って、仲間の乗った電車を待ちます。

河口湖駅に到着

ここまでの距離は約47km。
ほぼ想定通りの距離です。
缶コーヒーを飲みながら待っていると、ほどなくして電車が到着。
輪行袋を抱えた仲間が降りてきます。

仲間が到着

再開を喜び(一部の方は初対面)ながら、皆の自転車組み立てを見守ります。
輪行に慣れているメンバーも多く、実に手際よく進んでいきます。
この辺は、いつもご一緒させていただくSさんと同様です。

自転車を組み立て

ボトル補充、トイレ等を済ませ、出発です。
私は後からついていく旨伝え、最後尾で河口湖駅を出発しました。
ところが、河口湖の温泉街に近づき、そこにあった分岐をどちらに行くか迷っている様子。
右ですと声をかけながら先頭に近づきます。

河口湖大橋までは前を案内することにし、先頭に出て走り出します。
こんな感じのツーリングペースでよいかと確認すると、それでよいとのこと。
勢い、その後も私が先導する形となってしまいました。
もちろん、それが嫌なのではなく、皆が不満でないかと、それだけが心配なのです。

河口湖大橋のたもとを横切り、湖畔北側の道路を走ります。
反時計回りに河口湖を回りながら、今日のコースを再確認しました。

船津の温泉街からはかろうじて山頂部分が見えていた富士山は、やがて雲に隠れてしまいました。
走りはじめたばかりとは言え、あそこで撮影ストップをしておかなかったことを若干後悔します。
やはり、先導者に余裕がないと、メンバーのことを気遣えません。

河口湖を半周弱した西浜から、西湖へと向かう上りを走ります。
ここで、この日のメンバーの本心を探ることに。
ゆっくりでいいよと言っていても、実はもう少しペースを上げたい人もいらっしゃるかと心配したのです。
なので、西浜小学校の上りで少々ペースアップ。
ダンシングで息が上がる速度で上りました。

しばらくして後ろを見ると、皆一団で私とは間隔を開けて上ってきます。
少なくとも、チャンスがあれば加速したいと思っているメンバーはいらっしゃらないようです。
安心してペースを落とし、皆で西湖へと続くトンネルをくぐります。

西湖に出ると、またもや湖畔を反時計回りに走ります。
すると、この日リーダーのMさんから、西湖看板のあるところで撮影しましょうと声がかかります。
了解し、さらに湖畔を流します。

そして、花壇と看板のある駐車場へ。
残念ながら富士山は隠れていましたが、この日初めての撮影を皆で楽しみます。

西湖にて

この先で湖畔を離れ、国道139号へと上ります。
今度は、最初から最後まで自分のペースでゆっくり。
なんとなく脚に疲れが出はじめている感じもあったので、より意識的にペースを落とします。

続く富士五湖は、精進湖。
国道139号に出て右に進み、陸橋の坂を下れば精進湖入り口です。
ここでも、看板の前で撮影をと思いましたが、看板は入り口付近で通過してしまったのか、見つかりません。
結局、精進湖北側のキャンプ場そばで撮影ストップをしました。

精進湖にて

精進湖は小さな湖。
この後、さらに反時計回りで走るとやがて林間の道となり、割とすぐに国道139号に復帰します。
再び国道139号を進み、今度は富士五湖の西端、本栖湖です。
信号を右折して湖畔東側の国道300号を走ります。
本当に微妙なアップダウンのある道を走り、やがて千円札富士のポイントへ。
ここでも富士山は見えませんが、ひとまず皆でストップし撮影、その後トイレ休憩をしました。

本栖湖にて

浩庵キャンプ場から下り、湖面にほど近い道路へ。
キラキラと光を受ける湖面を愛でながら、さらにゆったりしたポタリングペースで湖畔を反時計回りに走ります。
道は、やがて林間へ。
先ほどまでとは打って変わり、日陰の気温はぐんと下がりました。
林間をの道を抜けると、程なく本栖湖キャンプ場へと出ます。
その先の駐車場に看板があったので再度皆で記念撮影をします。
居合わせた方にシャッターを押してもらいました。

本栖湖にて記念撮影

ここまですでに富士五湖のうちの4つを巡ってきた(一周はしていませんが)にも関わらず、皆元気一杯です。
アップダウンの少ないコースで、ツーリングペースなので健脚の方々にとってはどうと言うことないのでしょう。
撮影後、本栖湖から国道139号に復帰して、県境に向けた上りを走ります。
もちろん、ここもゆったりペースで無理はしません。

県境を過ぎ、根原の下りを抜ければ、道の駅朝霧高原です。
道の駅に入り、駐車場の間、建物東側の道を通ってあさぎりフードパークへ。
ここで、本日最初の大休止です。

牛乳ソフト

あさぎりフードパークにて

あさぎりフードパークの朝霧乳業では、牛乳ソフト、ヨーグルト、モッツアレラチーズのピッツァなどを皆で楽しみます。
食べ物もそうなのですが、ここに来てようやく座っての休憩、話にも花が咲きます。
楽しい時間はあっという間に過ぎていきますが、あまりゆっくりしているとこの先の行程がきつくなります。

当初計画ルートでは、この後国道139号を戻っていくことになっていましたが、ここで私から県道71号経由を提案します。
その方が交通量が少なく、快適に走れるからです(獲得標高は多少増えますが)。
フードパークからどこまで下って県道71号に出るかによって、距離、獲得標高に差が出ます。
それぞれ、松、竹、梅として皆に意見を聞きました。
富士山が見えていれば、迷わず松を勧めたのですが、富士山は相変わらず雲の中。
この先のコースを考え、梅コースに決定しました。

と言うことで、あさぎりフードパークを出てすぐの農道を左折。
朝霧カントリークラブの前を通り、県道71号へと出ます。
県道71号からは二つのピークで富士ヶ嶺交差点に到達。
ここの上りはさすがに皆きつそうにしています。

富士ヶ嶺交差点を過ぎ、ドクタービレッジからの最後の上り。
これをクリアすれば鳴沢まで下りだと伝え、上り切ります。
その先の展望駐車場に立ち寄り、撮影。
先ほど走った本栖湖や精進湖、その間に立ちはだかる富士の樹海を見て、皆感慨深そうでした。

展望駐車場にて

この後、樹海の中の下り基調の道を走ります。
朝の段階で濡れていた路面も、ほぼドライに。
ストレスなく走ることができました。

鳴沢から国道139号を河口湖方面へと進んでもよかったのですが、せっかくなら西湖の残り半周も走っておきたく(完全ではないですが)、一旦静岡方面へと戻ります。
富岳風穴前から右折して民宿村方面へと下り、西湖へ。
湖畔を反時計回りに走り、再びトンネルを抜け、先ほど上った坂道を河口湖へと下ります。

河口湖畔に出た所で右折、勝山方面へと進みます。
道の駅かつやま付近の芝生で河口湖の記念撮影。
一応は撮れましたが、どうもうまい場所を選定できず、申し訳ございません。

河口湖にて

ここで、昼食の相談です。
昼食は地元の名物吉田のうどんと決めていましたが、私が知っている(食べたことのある)お店は2件。
そのうちの一件は、ここから国道139号方面へと少し坂を上りながら走った地点にあります。
もう一件はまだ先、富士急行富士山駅の近くです。
自転車を置くことを考えると、この付近の「くらよし」さんのほうがよいだろうと判断し、坂を上って店へと向かいます。

ちょうどお昼時で駐車場には車がいっぱいでしたが、運よく4人掛け席二つに分かれてつくことができました。
もとより、うどんは回転が速いので、ちょっと待てば席は空きますが。

気温がそこそこ高かったこともあり、私は冷やしたぬきうどんに。
しかし、冷たいのを頼んだのは私だけで、あとのメンバーは温かなうどんを注文していました。

冷やしたぬきうどん

思い思いに楽しむ

皆満足して店を出ます。
私自身、初めて食べた時にはあまり好きになれなかった吉田のうどんですが、何度か食べているうち、そして運動後に食べるにつけ好物に。
この日ももっと食べたい欲求を抑えての出発となりました。

湖畔まで戻り、船津の温泉街に向けて走ります。
温泉街からは、富士急ハイランド裏手を通って、金鳥居交差点を目指します。
他のメンバーからすると、ここでようやくスタート地点に戻ってきたことになります。

金鳥居の交差点から、国道139号に向かって商店街を上ります。
一直線で斜度も一定の上り坂。
インナーでクルクル回しながら上っても、脚には負担がかかります。
にも拘らずここを通るのは、この道の雰囲気が好きだからに他なりません。

国道139号に出ると、さすがにシルバーウイーク真っただ中。
道路はずっと渋滞です。
山中湖方面に向けて走り、国道139号が分岐した後も渋滞は続きます。
しかし、この付近から道の駅富士吉田先までにかけては結構な上り坂。
大手を振ってゆっくり走れるのはむしろ歓迎だったりもします。

道の駅富士吉田を過ぎてからの国道138号は、いくらか車の量も減り、渋滞も解消されます。
ここまでくれば、山中湖まではほぼ平たん路。
多少ペースアップをして、山中湖を目指します。

道は、山中湖畔手前から再び渋滞。
その渋滞は湖畔に出て反時計回りに走りはじめてからもしばらく続きます。
そんなこんなで、またもや撮影ストップをできないまま、湖畔を走ります。
本当に学習しないガイドは困ります。

そうこうしているうちに車の流れは緩やかになりますが、時すでに遅し。
湖面が見える地点を完全に通り過ぎてしまいました。
仕方なく淡々と走っていると、やがて道志に向けての分岐に差し掛かってしまいました。
ここで、皆とは別れる予定です。
そこにあったコンビニに立ち寄り、湖畔で撮影できなかったことを詫びます。

山中湖にて

結局、コンビニのドアに小さく書いてある店名表示が(もちろん写真では見えません)、山中湖を示すわずかな証拠となった集合写真。
ここで皆に別れを告げることとなります。

ドリンク補給後、私は一足先に出発。
山中湖をさらに反時計回りに走って戻ることにします。
ほんの少し走ると、湖面まですぐの道に。
まことに残念でした。
しかも、ここにきて富士山の頂上付近がちょっとだけ見えています。

山中湖

ママの森を抜け、山中湖を一周。
ここで、猛烈に悩みます。
当初は、籠坂峠を越えて仁杉交差点から御殿場市街、東富士演習場を通って富士サファリパーク、富士山こどもの国、国道469号経由で帰るつもりでした。
しかし、この日はまだ渋滞が激しそうです。
同じ渋滞するなら、走りなれた河口湖経由の方が走りやすそうです。
また、脚の疲れを見ると、裾野からサファリパークへの上りが憂鬱です。

そんなわけで、来た道を戻ることを選択。
国道138号を河口湖方面へと走り出します。
忍野入り口付近からはやはり渋滞していましたが、何とかそれを抜けます。
片側二車線の区間に入ると、車は多いながらも渋滞の影響はさほど受けません。

途中、富士急ハイランドでは歩道橋を駐車場へと向かう人の列にびっくり。
さすが、シルバーウイークです。

富士急ハイランド

ここを過ぎれば、さらに走りなれた道。
マイペースで鳴沢への上り基調の道をクリアしていきます。
鳴沢からは、県道71号に。
展望駐車場までの上りも、それほど苦になりません。
バイカーズハイでしょうか。

富士ヶ嶺、人穴と走り、富士ミルクランド、上井出、北山、山宮経由で自宅へ。
何とか予定していた17:00に帰宅することができました。
思いがけず長距離を走ったこの日のサイクリング。

結果を見ると、走行距離は214.88kmで獲得標高は2,388m、実走行時間は9時間22分06秒で平均速度は22.9km/hでした。
少なくとも15年ぶりとなる一日200kmオーバーのサイクリング。
それを楽しめたのは仲間のおかげと感謝し、この日のサイクリングを終えました。

この日のコースは、以下の通りです。


|

« Apple MacBook Pro (Retina, 13-inch ,Early 2015) 【プロテクション編】 | トップページ | これぞ秋富士 »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

走行距離214.88km!
すごい!
僕にはこんなに走行するのは無理無理ですよ。
足がつっちゃうんじゃないかな。
お仲間とのサイクリングはさぞかし充実した一日だったことでしょうね。
僕的にはうどんが気になります。
おいしそうですね。

投稿: モモのパパ | 2015/10/06 03:24

モモのパパさん、ありがとうございます。
この日の走行距離はさすがに長かったですね。
でも、たっぷり時間をかけて、休憩を取りながら、無理のないペースで走れば意外とどうにかなるものです。(^^)
吉田のうどんは独特の食感で、ちょっとすいとん風の麺です。
機会があればぜひどうぞ。

投稿: あさぎり | 2015/10/06 06:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/62415114

この記事へのトラックバック一覧です: 富士五湖周遊サイクリング:

« Apple MacBook Pro (Retina, 13-inch ,Early 2015) 【プロテクション編】 | トップページ | これぞ秋富士 »