« 2015年富士山初冠雪が記録されました | トップページ | 富士山二合目&下部温泉サイクリング(前編) »

あさぎりフードパーク&富士川サイクリング

9月27日(日)に、サイクリングに行ってきました。
この日の天気は曇り時々雨の予報。
直前の情報では、朝方まで雨で、その後は曇りながらも回復に向かいそうです。
しかし、ここ最近の天気は水物。
実際にはどう推移するかわかりません。

そんなこともあって、早朝サイクリングもありと4:30にアラームをセットします。
そして、起床。
雨音は聞こえません。
階下に下り、一応外の様子を見ようと玄関から出てみます。
しばらくたたずんでいると、ポツリと雨粒。
どうやら雨がほんの少しだけ降っているようです。

路面は濡れていないので諦めきれずに雨雲レーダーをチェックします。
どうやら微妙。
もう一度外に出てみると、今度は先ほどより雨脚が強くなっている模様。
出ようと思えば出られますが、雨の心配をしながら走るのもと諦め、ベッドに戻りました。

二度寝の起床は9:00過ぎ。
目覚めると家族はだれもおらず、最後の一人になっていました。
ノタノタと階段を下り、おはようと挨拶。
外の様子を見ると、すでに雨はあがっています。

家族と話し、ひとまず私だけ先行して走り、その後富士川で皆と合流、先週に続き一家でのサイクリングを楽しむこととなりました。
今回、私は車に乗らずに向かうため、家族の自転車を車に積み込みます。
道の駅富士での集合は14:00としました。

と言う訳で出発。
時間に限りがあるので、目的地はひとまず朝霧高原にします。
時間を見ながら、そこから富士川に向かうことに。
自宅から国道469号経由で大月線に入ります。

ここのところ結構走れているので、調子は悪くありません。
季節は移ろい、柿には色がつきはじめていました。

色づく柿

特に急いだわけではないですが、追い風気味なのか、ペースはまずまず。
これにちょっと気を良くし、自分的にはテンポよく進みます。
時間も限られているため、この調子は好都合です。

上井出から人穴方面へと進み、富士ミルクランド着。
時間はとみると、実走行時間は56分台でした。
脚を温存した前回より、5分ほど速いタイムです。

ここまでの実走行時間

さてさて、ここからはのんびりと再スタート。
富士ハーネス、人穴小学校、カフェナチュレと過ぎ、県道71号を右折。
牧草地への坂を上っていると、電話が鳴ります。
出てみると、妻から。
娘の歯医者の予約を忘れていたので、集合を30分早めたいとのことです。
了解と伝え、ちょっと先を急ぎました。

余裕をもって集合場所に到着するには、もうこの辺で折り返すべきかと思います。
それでも、変な意地もあって、とりあえずあさぎりフードパークまでは行けるか頑張ることに。
頑張ると言いながらも、道端の花を撮ったり、姿を見せてくれた富士山を撮ったり。
この時は比較的余裕をもって走っていました。

県道71号沿いの花

農道から見えた富士山

もうここまでか、と何度も思いながらも、結局ズルズル走り、あさぎりフードパークに到着。
もちろん、中に入って休憩する時間はありません。
12:00には折り返すつもりが、この時点で12:08分。
私のわがままで先に走らせてもらっているので、集合に遅れるわけにはいきません。

あさぎりフードパーク

そうは言っても、この時はあまり緊張感はありませんでしたs。
国道139号を折り返し、下りはじめます。
途中、猪之頭へと折れ、裏道に。
そこから、白糸へと下ります。

稲刈り

白糸の田んぼでは、稲穂がたなびき、すでに稲刈りを終えた田もあります。
時間がない中ではありますが、これも季節ものと一枚シャッターを切りました。

その後、朝日瀧そばを通って芝川へ。
湯野から芝川駅方面へと急ぎます。
芝川駅からは、富士川へと一直線。
ここでは、割と懸命にクランクを回します。

松野を過ぎ、トンネルをくぐり、富士川楽座前を通過。
やがて、富士川の堤防上の道路へと出ます。
ここまで来ても、まだ道の駅富士まではかなりの距離があります。

東海道線の鉄橋、ガス?管の橋、東海道新幹線と過ぎて、ようやく河口付近の国道1号へ。
橋をくぐって上り車線へと渡り、そちら側の歩道に上ります。
富士川の河口幅は広く、なかなか対岸へと到達しません。
でも、ここまで来ればもう時間は読めます。

結局、待ち合わせの時間まで10分ほどを残して到着。
家族はすっかり自転車を降ろして準備万端でした。
ここまでの平均速度を見ると、25.2km/h。
下り獲得標高の方が多いルートとは言え、ソロランとしてはいつもより高めです。

平均速度

早速家族とともに出発。
コースは前週と全く同じを予定しています。
私は前週同様、娘と一緒に走ることにします。
前回はキックボードでしたが、今回は自転車。
娘についていくのも楽なものです。

娘とともに

娘の様子も、前回と比べ楽に乗っている感じです。
いつの間にか身長が伸びたのか、クランクを回す脚が窮屈そう。
往路で一回、袋で一回、サドル高を調整しながら走りました。

前回と違って転倒の心配も少なくなった娘。
快調に走り、公園まであと少しのところで妻と息子とすれ違います。
ここまで来たらと公園まで走り、皆で記念撮影。
次は、このコースでは物足りないかもしれません。

公園まで完走!

ここまで走って距離は約6km。
往復すれば12kmの道のりになります。
完全に平坦とは言え、娘には長い距離です。

復路は二回ほど休みますが、泣き言も言わずに走り切りました。

復路スタート

途中休憩

道中数か所ある車止めも、すべて乗ったままクリアした娘。
まだ見ていてハラハラする部分はありますが、安定感は確実に増しています。
道の駅富士に戻り、ドリンク補給。
私は皆の自転車を車に積み込みます。

さて、私はもう一走り。
ここから自宅まで自走で戻らねばなりません。
なりませんなどと書いていますが、うれしいのが本音です。

国道1号から新富士駅前を通り、しばらく走ったところで後方から家族の車。
子供たちも私を見つけ大はしゃぎです。
そこから大月線に入り、上りをクリアしていきます。

最後、自宅付近までは大月線からさらに上りますが、もうここまで来れば余裕。
ペースを上げずに走り、家族からそう遅れずに自宅につくことができました。

朝の雨に残念な気持ちになりましたが、結果満足できるだけは知れたこの日。
いつものことながら家族に感謝し、サイクリングを終えました。

結局、この日のサイクリングは走行距離93.78kmで獲得標高992m、実走行時間は4時間25分12秒で平均速度は21.2km/hでした。

|

« 2015年富士山初冠雪が記録されました | トップページ | 富士山二合目&下部温泉サイクリング(前編) »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパです。
家族みんなそろってのサイクリング。
あさぎりさんの血を引いてお子さん達も自転車好きなようですね。
こんな御家族がいらっしゃってうらやましい限りですよ。

投稿: モモのパパ | 2015/10/13 02:39

モモのパパさん、ありがとうございます。
この日は家族がサイクリングでいいと言ってくれたので、私も走ることができました。
自分が走るためには、家族を巻き込むのが一番ですからね。(^^)
自転車で風を切って走る感覚は独特で、癖になります。
小さい頃から自転車に慣れてもらうことで、一家でのサイクリングが恒例になればと思っています。

投稿: あさぎり | 2015/10/13 06:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/62441408

この記事へのトラックバック一覧です: あさぎりフードパーク&富士川サイクリング:

« 2015年富士山初冠雪が記録されました | トップページ | 富士山二合目&下部温泉サイクリング(前編) »