« 富士川(家族だけ)サイクリング | トップページ | 富士五湖周遊サイクリング »

Apple MacBook Pro (Retina, 13-inch ,Early 2015) 【プロテクション編】

先日の記事でBoot Campを用いたWindows 10インストールに成功したApple MacBook Pro(Retina, 13-inch ,Early 2015)
今回は、おっちょこちょいな私が本体や画面を傷つけないために講じた策に関してご紹介します。

はじめに断っておきますが、私はこれまでノートパソコンにこうした対策をしたことがありません。
手持ちのデジタルカメラには液晶保護フィルムを貼りますし、iPadなどのPDAにも画面に保護フィルムを貼ったことはあります。
また、スマートフォンには保護フィルム+ケース装着をしてきました。
しかし、ノートパソコンに関してはノーガードだったのです。

今回も当初は特に対策をするつもりがありませんでした。
が、今回のMacBook Proはこれまで購入したノートパソコンの軽く倍以上と高額。
しかも、自身はじめてのローンによる購入です。
この夏、愛用のSurface2を落下により破損していることもあり、にわかに不安な気持ちが沸き立ちました。

それに加え、WEBを眺めていると、どうやらMacBook ProのRetinaディスプレイは表面ガラスの反射防止コーティングが弱く、指定外の手入れ方法を取るとコーティングが剥がれやすいとのこと。
これは過去にデジタルカメラの液晶画面で経験済みなこともあってやはり不安が募ります。
そこで、はじめてノートパソコンの画面に保護フィルムを貼り、ケースもつけることにしました。

まずは、画面保護フィルムです。
Retinaディスプレイはグレアタイプ。
表面は光沢があり、写真などを見る際には美しいですが、ノングレアが好みの人にとってはテカテカしすぎかもしれません。
フィルムを貼る際、反射防止タイプを選択すれが、映り込みを抑えたノングレアタイプに近くすることができます。
しかし、下手なものを貼ると、画面がギラギラして余計に見にくくなるとのこと。

様々情報を調べると、どうやら反射防止タイプではマイクロソリューション社のCRYSTAL VIEW NOTE PC FUNCTIONAL FILMと言う製品がよさそうです。
しかし、問題は貼り付け。
初代iPadの9.7インチ画面ですら自分ではできず、妻に頼みこんで貼ってもらった私。
超がつくくらい不器用な私にとって、13.3インチの保護フィルム貼り付けがうまくできる気は全くしません。
実は、マイクロソリューション社では東京にある本社に持ち込めば無料で貼り付けをしてくれるとのこと。
遠隔地の場合も、クロネコヤマトの宅急便で送れば貼り付けてくれるとのことです。
しかし、往復の宅急便代(それもパソコン)を考えると、かなり高価になってしまいます。
もちろん、静岡からそのために東京まで行くことも考えられません。
散々迷いましたが、ひとまず断念してしまいました。

それから数日、富士市内のショップを見に行くと、MacBook Pro Retinaディスプレイ用の保護フィルムが売られていました。
その価格はマイクロソリューション社のものよりかなり手頃。
これならダメ元と、当初は反射防止タイプのフィルムを手に取りレジへと向かいました。
レジで精算をしていると店員さんが「1,000円で貼り付け代行できますがいかがしましょう?」と尋ねてくれました。
ほんの数秒迷いましたが、お願いすることに。
作業は混雑しているとのことで、1時間後に引き取りに来ることにして店を後にします。

そして再び来店。
すると「先ほどのフィルムに一部折れがあったので貼り付けを中止した」とのこと。
連絡先に電話をしてくれたのですが、自宅電話番号を書いてしまったので連絡が届きませんでした。
残念ながら反射防止タイプの在庫がそれしかなく、取り寄せになってしまうようです。
しかし、光沢タイプなら在庫があるのですぐに貼ってくれるとのこと。
画面保護が主目的ですし、せっかくのRetinaディスプレイなら光沢でもよいかと、気持ちを切り替えてお願いします。

20分ほどで作業は終了。
やはり、プロでもこの作業は難しく時間がかかるようです。
仕上がりを見ると、完璧!
自分で貼ろうとして悪戦苦闘し、果てには断念して捨ててしまう可能性もゼロではないことから、これはやってもらって正解でした。

画面保護フィルム貼り付け後

光沢タイプなので、やはり画面に映り込みはあります(ダーク部中心)。
天井に蛍光灯などの光源が多く並んでいる場所だとかなり気になるでしょう。
しかし、私の使用環境ではこれまでそれほど気にならず、逆に画面は何も貼っていないかのような見え方をするので、これはこれでよかったと思っています。

結果今回使用した画面保護フィルムは、サンワサプライ社のLCD-MBR13KFと言う製品。
長期間貼り付けた状態から剥がす際にはちょっと不安も残りますが、少なくとも現時点では見え方も含め満足です。

続いては、本体のカバーです。
ノートパソコンにカバー!?と以前なら考えもしなかった私。
しかし前述の通り、ぶつけたり落としたり(落としたら防ぎきれないでしょうが)と言った際の保険だと考え、ひとまず装着してみることにしました。
選んだのはパワーサポート社のエアージャケットセット(クリア) PMC-31と言う製品。
ネットで調べたところ、これが品質的によいだろうとの結論です(比較的高価ですが)。

エアージャケットPMC-31

届いた製品を装着してみます。
さすがにこれくらいは自分でできます。
実際、装着は難しくありません。
しかし、カバーがクリア(透明)なため、ゴミ等が付着したまま被せてしまうと目立ちます。
しかも、一度装着するとなかなか外れません(それだけ密着度が高いと言うこと)。

装着すると本体はさらにずっしりと重くなり(カバーだけで422gある)、マットだったアルミボディはテカテカに変身します。

エアージャケット装着

エアージャケット装着

エアージャケット装着

う~ん、見ようによってはやはり無粋です。
クリアとは言え、MacBook Proのデザイン性を損なう気もします。
また、裏面の脚部滑り止め(この写真では装着していない)は吸盤タイプで、持ち運ぶとずれたり取れたりします。
この点は今ひとつですね。

しかし、持ち歩いてもカバー自体が外れる不安のない密着感や、シームレスで美しいその仕上がりは見事です。
カバーをつけるならこれと言う人の評価も頷けます。
価格はちょっとネックですが、長く使うつもりならもとは取れるでしょう。

今回の最後は、キーボードカバーです。
これも私は遥か昔、まだ8ビットパソコンだった頃に装着した経験がありますが、それ以来。
タイプのフィーリングはスポイルされるので好きではありませんが、これも経験とひとつ購入してみました。
選んだのはエレコム社のPKC-MACB10CGYと言う製品。
バックライト対応で、キートップにかな表記がないためシンプルとの売りでした。

この装着は、ただキーボードに被せるだけです。

PKC-MACB10CGY装着

PKC-MACB10CGY装着

上の写真が日中見たもの。
下の写真はバックライトが点灯している状態でのものです。

他のキーボードカバーを使用していないのでなんとも言えませんが、これは好みがあるでしょう。
タイピング時の音が抑えられると言う利点もありますが、やはり独特の感触です。
また、少々強めにキーを押しこまないと反応してくれないケースもありました。
ホームポジションの突起はしっかりとあるので、タッチタイプができれば迷いは少ないでしょう。
反面、キートップの文字はちょっと見にくい(グレーカラーの場合)ので、キーを探すのは難しくなりそうです。

慣れの問題だとは思いますので、しばらくはこのまま使ってみようと思います。
どうしても慣れなければ、キーボードカバーは断念しようと思います。

と、言うわけで、プロテクションを施したMacBook Pro。
現在、Windows 10での作業中心に(と言うかそれしか使っていない)、仕事をはじめています。
また進捗がありましたら、ご報告したいと思います。

プロテクション後の姿

  

|

« 富士川(家族だけ)サイクリング | トップページ | 富士五湖周遊サイクリング »

モノ好き!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/62388906

この記事へのトラックバック一覧です: Apple MacBook Pro (Retina, 13-inch ,Early 2015) 【プロテクション編】:

« 富士川(家族だけ)サイクリング | トップページ | 富士五湖周遊サイクリング »