« 2015年のスーパームーン庭先から | トップページ | Apple MacBook Pro (Retina, 13-inch ,Early 2015) 【プロテクション編】 »

富士川(家族だけ)サイクリング

かなり時間が経ってしまいましたが、9月20日(日)のサイクリング後の顛末です。

サイクリングから戻ると、子供たちは宿題を終えていました。
さて、この後どうするかと話し合い、この日無料開放だった富士山こどもの国に行こうということになりました。
シルバーウイークの真っただ中で混みあっていることが予想されるため、自宅で早めの昼食(富士宮やきそば)を食べてから向かうことにします。
そんなわけで、私はシャワーを浴び、普段着に着替えました。

昼頃に自宅を出発。
我が家から富士山こどもの国までは、信号一つ(それもこどもの国入り口の信号)で行くことができます。
裏道から国道469号へと出て、裾野方面へと向かいます。
この時点では、少々車が多いかな?程度で、連休の影響は見えません。

ところが、国道469号が県道に当たるところまで来ると、渋滞の列が。
一応こどもの国方面へと左折しましたが、ちっとも車が動きません。
それはそうでしょう、連休中にこどもの国は無料開放、そしてその先には富士サファリパークもあります。
これではらちがあかないとUターン。
来た道を戻り、いったん家に帰ります。

車内での協議の結果、自転車を積んで富士川河川敷に向かうことに。
私の自転車は積めない(無理やり積めばどうにかなるでしょうが)ので、妻、息子、娘の自転車三台を積み込みます。
娘は最近補助輪が取れたばかり。
本格的に乗るのはこの日が初めてです。

車で道の駅富士に到着。
自転車を下し、いよいよスタートです。
富士川の橋へと続く緩い上りの歩道を、妻と息子はスイスイと上っていきます。
娘も最初は頑張っていたのですが、やはりフラフラするので、自転車から降りて歩くよう言いました。

橋に向かって

押し歩き

やがて、平坦部に出て、娘は再び自転車に跨ります。
危なく河川敷に降りる階段を通り過ぎるところでしたが、何とか呼び戻して階段を下り、河川敷へ。
ここは広く、人も少ないので初心者には格好の練習コースです。
娘は、若干(かなり)緊張しながらも、補助輪なしで走りはじめます。

緊張の走り

河川敷で行われているアルティメット(フライングディスク)の大会を横目に、河口部まで走ります。
娘も、なかなかの調子。
相変わらず緊張し、時折フラッとしますが、何とか河口までたどり着きました。

富士川河口付近

ちなみに、この日の私は自転車ではなく徒歩でもなく、キックボード。
いくら幼児用小径車と言えど、補助輪なしで進む娘に歩いては追いつけません。
ましてや、ランニングは大の苦手。
というわけで、かなり昔に購入したキックボードの出番です。
これが、思いのほか運動になります。
自転車よりはるかに汗をかきながらの追従となりました。

ここから左にカーブして、海沿いの堤防上を走ります。
途中、私が先行していると、背後でガシャンという音。
どうやら、娘が鉄柵にぶつかって転んだようです。
地面に顎を打ったらしく、痛いと泣いています。
幸いにしてh、手足等に擦過傷はなく、骨折の心配もありません。
打ったのは顎だけのようです(それも問題ですが)。

娘はもう走りたくないとぐずりますが、ここでやめては悪い記憶しか残りません。
脅したりなだめたりしながら、何とか再スタートを切ります。
すると、それまでより明らかに走りが安定してきます。
何がいけなかったのか、本人は身をもって体験したようです。

ほどなくして、妻と息子が先の公園まで走って戻ってきました。
それと合流してUターン。
この日のサイクリングは帰路になります。
途中で、休憩。
娘も、その後ここまでは順調です。

休憩

娘の顎

娘の顎は、内出血してちょっと腫れています。
しかし、スピードが出ていなかった(柵にぶつかってほぼ止まった状態)のが幸いして、擦過傷にはなっていません。
お風呂でも沁みなかったようです。

休憩中、妻と息子はかわるがわる私のキックボードで遊んでいます。
これはこれで楽しいようですが、私は大汗+筋肉痛確定の負荷です。

キックボードで遊ぶ

やがて、再出発。
河川敷に戻り、再びアルティメット大会の脇を通り抜けて国道1号の橋へと戻ります。
娘は、一度転んだ後は実に順調。
淡々とクランクを回して走り切りました。

順調に走る

再び道の駅富士に向けて歩道を走る一行。
下りは娘もブレーキを使いながら進みます。
まだブレーキの具合はよくわからないようですが、これは仕方ありませんね。
もとより、この手の自転車のブレーキは癖もあり調整し辛いものです。

一行は無事道の駅富士に到着。
漂うそばうどんの匂いに誘惑されながらも、夕飯まで時間があまりないので自販機のドリンクで我慢をします。

道の駅富士に帰着

妻にとっては久しぶりの、そして娘にとっては事実上初めての(補助輪なし)サイクリング。
息子はマイペースでこなしたようですが、息子も田貫湖以来のサイクリングです。

こどもの国は残念でしたが、それに代わるにふさわしい充実した午後となりました。

|

« 2015年のスーパームーン庭先から | トップページ | Apple MacBook Pro (Retina, 13-inch ,Early 2015) 【プロテクション編】 »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/62383022

この記事へのトラックバック一覧です: 富士川(家族だけ)サイクリング:

« 2015年のスーパームーン庭先から | トップページ | Apple MacBook Pro (Retina, 13-inch ,Early 2015) 【プロテクション編】 »