« 朝霧高原からの富士山と太陽 | トップページ | 本栖湖サイクリング »

台風一過の富士山

9月10日朝の富士山

9月に入ってから日本列島の近海で突如発生した台風17号と18号。
17号は南から東寄りに抜けて行くコースを取りましたが、18号はそのまま北上、近畿、東海地方に上陸して日本海へと抜けました。

台風18号の特徴は、大雨。
静岡県内でも浜松市を中心に大雨による被害が出ています。
また、今日(9月10日)時点で温帯低気圧に変わった台風18号ですが、その低気圧の影響で南から暖かな空気が流れ込み、関東から東北にかけては引き続き大雨への警戒が必要です。
特に、栃木県ではこれまでに経験したことのない大雨となっているとのことで、心配です。

そんな中、台風が過ぎ去った静岡県東部では、10日朝から青空が広がる久々の好天になっています。
台風一過の富士山には気流の関係で豪快な雲がかかることが多々ありますが、今回も早朝の富士山頂には大きなかさ雲、周囲には吊るし雲が見られました。

写真は富士宮市内から撮った今朝の富士山です。
雲の大きさを強調するために、あえて縦構図で。
朝日に照らされた雲は、空気の流れとそれに抗いどっしりと構える富士山の関係を表していました。

今日明日は、絶好の富士山日和になりそうですね。

|

« 朝霧高原からの富士山と太陽 | トップページ | 本栖湖サイクリング »

富士山!」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパです。
台風18号。
完全な雨台風でしたね。
それが栃木の鬼怒川水系に溜まり茨城で堤防決壊を招いて河川の大氾濫を引き起こしてしまうとは。

ところ変われば景色も変わる。
すがすがしい富士山の光景ですね。
山頂には雲がかかってますけど。

投稿: モモのパパ | 2015/09/12 03:35

モモのパパさん、ありがとうございます。
本当に、台風18号が突如生まれ、上陸してもなお、北関東や東北にこのような被害を及ぼすとは思いもしませんでした。
一刻も早い復旧を願わずにはいられません。
この写真の山頂の雲は、大気の状態が未だ不安定であることを物語っています。
ここまで大きくクッキリとしたかさ雲は久しぶりに目にしました。

投稿: あさぎり | 2015/09/12 06:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/62252372

この記事へのトラックバック一覧です: 台風一過の富士山:

« 朝霧高原からの富士山と太陽 | トップページ | 本栖湖サイクリング »