« 台風一過の富士山 | トップページ | 子供たちとの帰省(その1) »

本栖湖サイクリング

9月6日(日)に、サイクリングに行ってきました。

この日は久しぶりの日曜日休み。
当初は、サイクリング仲間のSさんと一緒に、富士山新五合目富士宮口まで走ろうと予定をしていました。
以前、一度同コースをご一緒したのですが、その時は雲の中景色が何も見えない行程となってしまったのです。
夏季マイカー規制が続いているこの時期にと意気込んだのですが天気予報が芳しくなく、断念と相成りました。

しかし、直前の予報を見ると曇りながらも雨の降り出しは当初より遅い模様。
それではと、アラームをセットして就寝します。

4:45起床。
外を見ると、雨は降っていません。
雲は多いながらも青空もチラッと見える程度の天気。
これなら充分走れそうです。

朝食を買っておかなかったので、ひとまず一口羊羹3個と魚肉ソーセージ1本を食べ、スタートします。
いつもながら、一人で走る時の補給は適当です。
あとで、これで後悔するのですが。

自宅を出て、国道469号を目指します。
ここのところあまり走れていないのですが、脚はそれほど重くありません。
が、スタートは意識的にスローにしていきます。

国道469号まで出て、山宮、北山と走り、大月線を右折。
この辺りまで来ると、雲の下に富士山のシルエットがくっきり見えてきます。
こうなると、Sさんとの予定をキャンセルしたことが若干悔やまれます。
富士山が見えるのは嬉しいのですが、実に複雑な心もちです。

富士山が見えてきた

大月線に入り、特に急いでいる訳ではないのですが、まずまずのペースで走れることに気づきます。
あまり乗っていないのがかえって幸いしているのか、少しずつ速度を意識するようになってきました。
とは言え、無理して急ぐと言うことではなく、脚の軽さを意識する程度。

そのまま、上井出を通過し、富士ミルクランド方面へと走ります。
やがて、富士ミルクランド到着。
気になるここまでの実走行時間は、55分台とまずまずでした。

ここまでの実走行時間

気温は20℃ちょっとと走りやすい気候。
雲を通してぼんやりと輝く太陽の光も優しい感じです。
特に目的地を決めずに出たサイクリングでしたが、この調子ならと県道71号を鳴沢まで走ることにしました。

人穴小学校先を右折、林間の急傾斜を抜けて牧草地帯へと出ます。
かなり久しぶりの気がするこの道。
調べてみるとこの方向に走るのは、7月31日以来でした。

牧草地に出てからも淡々と距離を刻みます。
仕事のことなどを考えながらの走りは、傾斜が気にならないため思ったより楽に走れます。
県境を越え、三つ目のピークが富士ヶ嶺交差点。
富士山は相変わらず見えていますが、少し雲が増えてきたようです。

富士ヶ嶺交差点を直進、ドクタービレッジ前から長い坂道を上り、平坦部分へと出ます。
その先が、本栖湖、精進湖を望む展望駐車場。
駐車場からの光景も、微妙な空模様でした。

展望駐車場からの光景

ここまでの実走行時間

ここまでの実走行時間を見ると、1時間50分を切っています。
このペースなら、鳴沢の国道139号合流まで2時間切りで行けそう。
やはり、まずまずのペースです。
エネルギー不足で指先に軽い痺れを感じているものの、まだまだ許容範囲。
下り基調になった道を走り、鳴沢を目指しました。

ほぼ予定通りのペースで鳴沢の信号に到着。
実走行時間をチェックすると、かろうじて2時間を切っていました。

ここまでの実走行時間

ここで、ちょっと悩みます。
当初は、西湖~河口湖へと抜け、国道139号を戻るコースも考えていました。
しかし、時間的に微妙です。
さらに、鳴沢に到着寸前ですれ違ったローディー数名がメディオっぽいペースで富士ヶ嶺方面に走り去っていました。
今ここから折り返せば、彼らに追いつけるかもしれません。

そんなこんなで、結局県道71号を折り返すことに。
足りない距離は、朝霧高原で稼げばよいと思い走ります。

入口の8%の上りをクリア。
脚のダメージはそれほどありません。
まずまずのペース(自分比)で、先ほどのローディー達を追います。
しかし、富士河口湖町との境を過ぎても、影も形も見えず。
さらにペースを上げて進みますが、ちらりともその姿は見えません。

かなり力を使ってしまいましたが、結局そのまま展望駐車場へと戻ります。
そこにも、人影はなし。
きっとあれはタヌキだったんだと言うことにしました。
いや、単に自分のペースが遅いだけなんですが・・・。

駐車場から富士ヶ嶺交差点へ。
時折上り返しがあるものの、基本的には下りの道です。

富士ヶ嶺交差点に到着すると、なにやらイベントスタッフが立っています。
そう、この日は富士五湖を巡るMt.FUJI エコサイクリングが開催れているのでした。
昨年までは朝霧高原も通り富士山を一周していたこのイベント。
2015年は富士五湖周遊コースへと変更されて開催されました。

そのコースは、山中湖をスタートして、河口湖、西湖畔を走り、本栖湖を一周後富士ヶ嶺へと走ってくるルート。
朝6:00のスタートですが、ここまで誰ともすれ違っていないと言うことは、先頭はまだここに到達していないのでしょう。
イベントとコースが重なるのはちょっと気が引けましたが、本栖湖で距離を稼ごうと思っていたため、交差点を右折、国道139号方面へと走ります。

トウモロコシ畑の脇を

気持ちのよい下りの道を走り、国道139号へ。
ここにも、案内のスタッフが立っています。
私は国道139号を右折し、本栖湖へと走りました。

本栖湖への下りを走り、湖入口の信号へ。
ここで正面から本栖湖方面へと走り去る集団を目にします。

時間は8:30前。
イベントのスタート地点からここまでの距離が約50km。
スタートが6:00であることを考えると、先頭グループにしては少々時間がかかり過ぎな気がします。
しかし、ここまで誰ともすれ違っていないことを考えると、少なくとも本栖湖のどこかに先頭グループがいるのでしょう。
本栖湖一周は約12kmあることや、ここまでのエイドに寄りながらの走りであることを考えればほぼ間違いありません。

なぜ無関係の私がそんなことを考えるかと言うと、要するに速い人たちの走りにまぎれたくないからです。
自宅で羊羹と魚肉ソーセージを食べたっきり、水のみの補給でここまできているため、痺れは若干強くなっています。
マイペースで走れるよう、心がけて走ります。

信号を左折し、国道300号を走ります。
先ほどの集団は縦に長く、いくつかに別れているよう。
その中の数名をパスする形で前に出ます。

気づくと、私の後ろに数名がついている様子。
私はイベント参加者ではないので、参加者の後ろにつかないよう心がけましたが、後ろにつかれる分には問題ありません。
あくまでもマイペースを心がけ、浩庵キャンプ場で国道を逸れます。

湖畔に下り、本栖湖を反時計回りに走ります。
途中、エキップあづみのジャージを着た一名とそれに続く一名に追い抜かれます。
もちろん、いろんな意味で後ろにはつかず、マイペースを維持。
もう一名、後から追い抜いていきましたが、その方には後に追いつき、先行しました。

そんな訳で、ちょっとだけイベント気分を味わいながら、ハンガーノックと戦う(大げさ)走り。
湖畔を離れた時にはホッとしましたが、この後国道139号の上りでごぼう抜きにされる恐れもあります。
それならそれでと開き直り、国道139号へ復帰。
朝霧高原方面へと進みます。

国道の上りでは、心配された後方からの追撃はなし。
笑っちゃうくらい遅いペースでしたが、どうやら集団と集団の隙間にうまく入れたようです。
それにしても、エネルギー不足はもはや限界。
あさぎりフードパークで補給すべく、ヘロヘロと進みます。

ようやくの思いで県境に到着。
イベントのコースはここで富士ヶ嶺方面へと折れるので、もう心配はありません(なんの?)。
県境付近からの富士山は、しっかりと雲隠れ。
やはりSさんとの予定はキャンセルして正解だったと思いなおします。
仮に降らなかったとしても、前回同様雲の中の走りになった可能性が大ですからね。

富士山は雲の中

ここから下れば、あさぎりフードパークです。
倒れ込むように到着し、即座に朝霧乳業売店へ。
牛乳ソフトを購入し、これまた本当に倒れ込むようにベンチに座り込みます。

牛乳ソフトGET!

脚は攣る一歩寸前でしたが、しばらく休み徐々に回復してきます。
外売店で水を貰い、それも補給。
どうやら危機(だから大げさだって)は脱したようです。

売店スタッフにお礼を言い、帰路へ。
あんまりのんびりしていると、門限に引っかかってしまいます。

走り出ししばらくはまだ脚に違和感がありましたが、下りでクランクを回しているとそれは取れました。
ソフトクリームの糖分のお陰で、痺れも消えていきます。
県道71号、大月線、国道469号と経由し、自宅へ。

門限には余裕を持って到着し、シャワーを浴びた後に昼食の富士宮焼きそば大盛りでエネルギー補給をしました。

富士宮やきそば

結局、この日の走行距離は99.87kmで獲得標高は1,379m、実走行時間は4時間4分28秒で平均速度は24.5km/hでした。
紆余曲折あったことはともかく、雨に降られずに走れたことは幸いでした。

この日のルートは、以下の通りです。


|

« 台風一過の富士山 | トップページ | 子供たちとの帰省(その1) »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパです。
ついこの間は西湖へサイクリング。
そして今回は本栖湖へサイクリング。
あさぎりさんは行動派でらっしゃるんですね。
エネルギー補給に失敗された模様とか。
痺れがきちゃうんですね。
それはさぞかし辛いのではないでしょうか。
ソフトクリームに富士宮や生そばでエネルギー充填。
僕、富士宮焼きそばって食べたこと無いんですよ。B級グルメグランプリをとったからにはどんな味がするのか興味津々なんですけどね。

投稿: モモのパパ | 2015/09/12 08:14

モモのパパさん、こんにちは。
日記の記載をサボっているのでついこの間のように見えますが、一週間に一度が精いっぱいのサイクリングです。
空いた時間、雨が降らなければと言う天気任せのもの。
もちろん、室内でローラートレーニングなど全くしないずぼらな私です。
この日は、多少の覚悟はありましたが、他のローディーと混じって踏み過ぎました。
ハンガーノック、本当に恐ろしいので、どうぞご注意ください。
富士宮やきそばは、昔から富士宮市民のソウルフードです。
機械があればぜひどうぞ!

投稿: あさぎり | 2015/09/12 10:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/62258926

この記事へのトラックバック一覧です: 本栖湖サイクリング:

« 台風一過の富士山 | トップページ | 子供たちとの帰省(その1) »