« 富士ヶ嶺サイクリング | トップページ | 上々のスタート »

Apple MacBook Pro (Retina, 13-inch ,Early 2015) 【Boot Campインストール編】

Apple MacBook Pro (Retina, 13-inch ,Early 2015)

先日の記事にUPした通り、悩みながらの紆余曲折の末購入、無事到着したApple MacBook Pro(Retina, 13-inch ,Early 2015)
今回は、その開梱から起動、そしてBoot Campを用いてのWndows 10インストールまでをご紹介していきます。

段ボールからパッケージを取り出します。
iPad mini等と同様の白いパッケージはシンプルそのもの。
そして、思ったよりもずっしりと重く感じます。

早速開けると、一面に本体。
林檎マークにちょっと嬉しくなり、ニンマリしながら取り出します。

本体の下から出てきたのは、電源アダプタとコード(一体型)、それに電源コード(アダプタが直接差し込めない時に使う)とクリーニングクロス?でした。
これまたシンプル。
冊子での取り扱い説明書等、一切ありません。
これに関しては、他のメーカーでもその傾向はありますが、それにしても潔い感を受けます。

同梱品

一通り撮影した後、早速電源をつなぎ、起動します。
はじめてのMac OSですが、OS Xはごく簡単な初期設定のみですぐに使いはじめることができました。
ただし、私はiPad等を使っておりApple IDを持っていたので、より容易だったことは事実です。
本当にはじめてのApple製品であれば、もう少し手間がかかったことでしょう。

iCloudドライブの設定

私はiCloudは利用していましたが、iCloudドライブへのアップグレードはまだ。
そこで、この機会にiCloudドライブへとアップグレードします。
とは言え、特に何もする必要はなく、ただアップグレードを選択するのみでできました。

無事起動

そして、無事OS X Yosemiteが起動します。
いくらはじめてのMacとは言え、ここまででトラブルが起きることはもちろん想定していませんでした。
そうした意味では想定通りですが、一昔前はこの段階から躓くこともあったことを思えば進歩です。

さて、今回OS Xで主にしたいと思っている作業は画像処理。
趣味と実益を兼ねたデジタルカメラでの撮影後、RAW現像や画質調整に力を発揮してもらいたいのです。
そんな訳で、ひとまず購入しておいたAdobe Photoshop Elements 13(& Premiere Elements 13) Windows/Macintosh版をインストールします。

私の実力と経済力では、Adobe Photoshop CCをはじめとした一連の商品を使うことは難しく、断念しています。
Photoshop Elementsはかれこれ10年以上使用していますが、少なくとも私の用途ではこれで十分(と言うより持て余している)なのです。

Plemiere Elementsは使用頻度こそ低いものの、プレゼン動画や子供たちとのレジャー動画等を編集したことが数回あるので、いずれまた使うかとセットのパッケージを購入、インストールしました。

Photoshop Elementsのインストール

もちろん、ここまでも全く問題なし。

なお、MacBook Pro 13 Retinaのディスプレイ標準解像度は2560×1600ピクセルですが、前編でも書いた通り、OS Xはスケーリング解像度を採用しており、最大解像度は1680×1050ピクセルとなっています。
初期設定では1440×900ピクセル設定されていますが、これは1680×1050に変更しました。

本来は本筋であるはずのOS Xはここで早々に切り上げます。
私の場合、MacBookの使用目的はWindowsでの作業がほとんど。
OS X上のバーチャルデスクトップでWindows動かすこともほんのちょっとだけ考えましたが、基本的にはBoot Campを利用してOS XとWindowsを切り替えて使用することにしています。

さて、いよいよ未体験ゾーン(ここまでも初体験ですが)のBoot Campを使用します。
これに当たって参考にしたのは、Appleサポートのページ。
具体的には、Boot Camp を使って Windows をインストールする方法と言うページを参照します。

用意したWondowsは最新版のWindows 10 Homeです。
これまでWindows 7、8(8.1)は使用した経験がありますが、OS X同様こちらも初体験になります。

Windows 10 Home

購入したWindows 10のパッケージは、32bit/64bit 日本語版 USBフラッシュドライブ。
これが後に迷いを引き起こすこととなります。

届いたばかりのMacBook Proは、OS X、ファームウェア、Boot Campアシスタントは最新版となっているはずです。
したがって、その確認はスキップし、早速インストールメディアのディスクイメージを作成することにします。
先ほども書いた通り、購入したWindows 10はUSBフラッシュドライブ版。
ここからBoot Camp用のインストールメディアをつくる必要があるのです。

これに当たっては、Windows インストールメディアから Boot Camp 用の ISO イメージを作成するのページを参照します。
この作業は当然、OS Xを起動した状態で行います。
ページに書かれている通り、ディスクユーティリティを用い本体のディスク上に.cdrファイルを作成、拡張子を.isoに変更します。

Windows 10のUSBフラッシュドライブからisoイメージを作成

ここまでは問題なくできましたが、そのisoイメージを用意した別のUSBフラッシュドライブにコピーする段で躓きます。
何故か、このメディアで扱うにはサイズが大きすぎるとのエラーが出てコピーができないのです。
isoイメージのつくり方が悪いのかとやり直しますが、やはりできません。
isoイメージファイルのサイズを見ると、16GB弱。
試しに、より大きな32GBのフラッシュドライブを用意したり、外付けHDDにコピーしようとしても同様です。
ここで、何度かやり直し、かなりの時間を使ってしまいました。

ふと気付き、USBフラッシュドライブ(Windows 10)の中のファイルサイズを確認すると、4GB程度。
でき上がったisoイメージが16GB弱もあるのがどうも腑に落ちません。
しばらく考えてみると、ハタと気付きました。
これまでのインストールメディアと異なり、このUSBフラッシュドライブにはWindows 10の32bit/64bit版双方が入っています。
しかし、インストールに用いるisoファイルは64bit版である必要があります。
したがって、このメディアからではBoot Campアシスタント用のWindows 10インストールファイルはつくれない(少なくともディスクユーティリティからでは)のではないかと言う結論に至りました。

そこで、Windows 10 64bit 日本語版のisoイメージファイルを別のルートで作成することにします。
調べてみると、Microsoftのサイトからダウンロードできることがわかりました。
こちらでは、もちろん32bit/64bitを選択してダウンロードできます(Boot Campでは64bit版である必要があります)。

早速、別のWindowsノートパソコンから(OS Xからでもよいのでしょうが)ダウンロードします。
このサイズは3GB以上。
自宅の回線が光でよかった(無線LAN経由なので時間はかかりましたが)と思った瞬間です。

こうして、無事Windows 10 Home 64bit 日本語版のisoイメージファイルをBoot Campに使用するUSBフラッシュドライブに格納できました。
ここからの手順は、Boot Camp を使って Windows をインストールする方法のページに戻り、指示通りに行います。

しばらくしてMacBookの再起動がかかった後、内蔵のSSDにパーティションを切り、フォーマットする段階になります。
今回のMacBook ProのSSD容量は512GB。
もちろん、OS X/Windows 10を共存させるために比較的大きなものを選択した訳です。

スライダーを動かし、半分ずつの256GBに設定しようとしますが、どうしてもうまくいきません。
255GBからちょっとでも動かすと、257GBになってしまいます。
A型なのでしばらくチャレンジしますが、キッチリ半分にするのは諦め、Boot Camp(Windows)の領域を250GBに設定しました。

なお、Boot Campを利用したインストールの場合、後で柔軟に各パーティション容量を変化させることはできません。
どうしても変更する場合インストールをし直す必要があるので、慎重に設定する必要があります。

ここからあとは、とても順調にインストールが進みます。

Boot Campアシスタントによる作業

Windows 10 Homeのインストール

ちなみに、上の写真で奥側に置いてあるのが、これまで使用していた(今後も使用しますが)Windowsノートパソコン、Acer Aspire Timeline Xです。
このマシンは、今見てもそれなりにカッコよく、気に入っています。

やがて、Windows 10 Homeのインストールが終わり、初期設定画面へと移ります。
ここで思ったのは、文字小っちゃ!と言うこと。
13.3インチの画面で(OS Xのスケーリング解像度を用いず)2560×1600ピクセルでの表示となると、こんな感じになってしまうのですね。

インストール後の設定

小さい文字に、画面に目を近付けながら設定をしていきます。
こちらも、私はMicrosoftアカウントを持っているため、スムーズな設定が可能です。

設定が終わると、Windowsの画面上に、Boot Campのウインドウが開き、インストールが完了したことを告げられます。
私はここでも勘違いをしていました。
Boot CampはWindowsのインストールと起動時のパーティションを選ぶのみで、その後は完全にWindowsパソコンとして動作するのかと思っていましたが、どうやらWindows使用中もBoot Camp自体は常駐し、各種コントロールを行うようです。
実際、キーボードなどのデバイス関連では、WindowsであってもBoot Campにて設定する項目がいくつかありました。

インストール完了!

なお、起動時にOS XとWindows 10の設定を切り替えるには、電源投入後Optionキーを押しっぱなしにします。
するとどのOSを(パーティションから)立ち上げるのか選択する画面が現れますので、選択します。
今の私の設定の場合、なにもせずそのまま立ちあげるとWindows 10で起動するようになっています。

さて、続いてMicrosoft Officeのインストールを行います。
選択したのは、Office Home & Business 2013
常に最新版を使用できるOffice 365も検討しましたが、毎年コストがかかるのも嫌なので、こちらを選択しました。

Microsoft Office Home & Business 2013

こちらはダウンロードパッケージ版なので、指示されたサイトからダウンロードしてインストールします。
すでにWindowsパソコンになっているので、ダウンロード、インストールともスムーズです。
難なくインストールを終え、一通りの作業を終えることができました。

全般的にスムーズに進んだ作業。
Windows 10 Home 64bit 日本語版のisoイメージファイル作成だけちょっと悩みましたが、方法さえ確かならさらに効率的に進めることができたでしょう。

これで無事、OS XとWindows 10双方で使用できるMacBook Proができ上がりました。
次回は、実際に使ってみての使用感を記述できればと思っています。

  

|

« 富士ヶ嶺サイクリング | トップページ | 上々のスタート »

モノ好き!」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパです。
Apple MacBookを購入されたんですか。
僕。
PCのことにつおてはまったくのド素人。
さっぱり分かりません。
ましてや購入したてのPCにいろんなものをインストールする作業なんてちんぷんかんぷんです。
いつも詳しい兄貴に頼ってばかりですよ。

投稿: モモのパパ | 2015/09/19 03:42

モモのパパさん、こんにちは。
はい、仕事で使用したく、とはいえ会社では買ってもらえないので自腹ローンで購入しました。
私もそれほど詳しい訳ではありませんが、パソコンはかなり昔から使ってきています。
今のパソコンは、昔に比べればユーザーフレンドリーになってきましたね。
それも、ハードウェアスペックが向上してきたためでしょう。
詳しい方がお近くにいらっしゃれば、全く問題ないですね。(^^)

投稿: あさぎり | 2015/09/19 07:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/62303478

この記事へのトラックバック一覧です: Apple MacBook Pro (Retina, 13-inch ,Early 2015) 【Boot Campインストール編】:

« 富士ヶ嶺サイクリング | トップページ | 上々のスタート »