« 本栖湖サイクリング | トップページ | Apple MacBook Pro (Retina, 13-inch ,Early 2015) 【機種選択編】 »

子供たちとの帰省(その1)

今年の夏、道の駅伊東マリンタウンの外売店を担当した関係で、普段の夏と比べても不安定な勤務体制になりました。
思ったより好天の日が多く、外売店の休止日が少なかったのは嬉しい悲鳴。
そんな中でも、夏休みの子供たちとの私の実家への帰省はなんとか実現できました。

私の実家は、東京の西部にある青梅市。
その青梅市の中でもさらに外れにあります。
子供たちの楽しみは、御岳渓谷の下流に当たる多摩川での川遊びです。

マリンタウンの外売店をアルバイトに任せられる少ないチャンス、8月20日、21日で帰省の予定を調整。
幸いにして両親の予定も、宿泊先の宿(実家は片づけがままならず泊れない)も押さえられました。

そんな20日の朝。
あわよくば出発前に早朝サイクリングもと目論みましたが、残念ながら朝の天気は雨。
しとしと降る雨に、二度寝の朝です。

10:00過ぎに、家族四人で出発です。
富士宮から青梅へのルートは大きく二つ。
朝霧高原を経由して河口湖へと出て、中央自動車道、圏央道経由でのアクセスがひとつ。
もうひとつは東名高速で厚木から圏央道と言うものです。
高速料金が大きく異なるため、基本的には前者を選択します。

出発して、道の駅朝霧高原に立ち寄り、妻の用事を済ませます。
再出発して河口湖へ。
ここで、昼食を摂ることにします。
時間的にはまだ早いのですが、夕食のことも考えると早めに摂っておきたく、国道139号沿いのショッピングセンターへ。
フードコートで私と娘はうどん、妻と息子はハンバーガーをチョイスします。

このたびでの私の楽しみは、食。
普段ダイエットのため食べる量を減らすよう心がけていますが、この二日間は例外です。
いや、例外と決めました。

と言うわけで、初日昼からがっつり。
ぶっかけうどん(冷)の大に、野菜のかき揚げ、レンコンの天ぷらなどをいただきます。

丸亀製麺にて

昼食を満喫

ショッピングセンターのフードコートでも、家族揃っての昼からの外食は稀。
早速旅気分を味わいながら、昼食も味わう一行でした。

今回の旅カメラは、Canon PowerShot G7X
ミラーレスのEOS M3等も考えましたが、機動力を考え、コンパクトなデジタルカメラにします。
また、川遊び用には防水カメラ、OLYMPUS STYLUS TG-2 Toughtを持ってきています。

昼食後、再出発。
河口湖I.C.から中央自動車道に乗り、大月、相模湖を経由して圏央道へ。
日の出I.C.で降りて、実家へと走ります。

途中、お寺に立ち寄り墓参り。
一年に数回しか訪れることのできないお墓ですが、子供たちは合ったことのない御先祖様に手を合わせます。

墓参り

そこからは、5分ほどで実家へと到達します。
途中、雨は止んでいたため、この日の川遊びもできるかと、一応河原に先に立ち寄ってみます。
が、小雨がぱらつき、気温も低いため断念。
実家でまったりと過ごすことにしました。

実家では、珍しいハンカチの木の実を見たり、絵を描きながら談笑したり。
1月以来の孫の顔を見た両親も嬉しそうです。

ハンカチの木の実

絵を見せる

子供たちは、皆に食べたいものを聞き、それを描いてくれるとのこと。
私は蕎麦が食べたいとリクエスト、
息子と娘は、実に食欲の湧くリアルな絵(嘘)を描いてくれました。

息子の描いた蕎麦

娘の描いた蕎麦

絵ごころは、若干娘の方があるようです。

その後は、テレビアニメで人気の某キャラクターを描くことに。
息子と娘双方が描きますが、ひとまず著作権的に問題なさそうな出来です。

息子作

娘作

ここに、妻が乱入。
一同大笑いのその訳は・・・。
やっぱり、著作権的に問題なさそうです。

妻も参入

う~む

え?
私?
私は単なる評論家です。

そんな時間をひとしきり過ごし、一旦宿に向かいます。
これまた例年の恒例で、宿にチェックインした後両親とともに電車で立川まで出て、そこで夕食にするのです。
私たち一家四人と両親の6人を乗せ、本日の宿「おくたま路」へと出発しました。

続く

|

« 本栖湖サイクリング | トップページ | Apple MacBook Pro (Retina, 13-inch ,Early 2015) 【機種選択編】 »

あさぎりWEB日記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパです。
夏休みにお子様と一緒にご実家に帰省されてたんですね。
あさぎりさんのご実家は青梅市にあるんですか。
自然豊かなばところなんでしょうね。
お子様達も素晴らしい笑顔。
楽しかったんでしょうね。
ちなみに僕の実家は僕の家から車で15分ほど。
これでは帰省したって気分にはなれません。
しょっちゅう実家に行ってるので。

投稿: モモのパパ | 2015/09/15 03:36

モモのパパさん、ありがとうございます。
年に一~二回の帰省なので、あまり頻繁ではありませんが行ってきました。
私は小学校3年生~20歳頃まで、青梅市で暮らしました。
今でも両親はそこに住んでいます。
河岸段丘の土地で、自然には富んでいます。
今住んでいる静岡県富士宮市とは雰囲気が異なりますが、自然の量としては同じようなものでしょう。
妻の実家は車で5分ほどの場所にあります。(^^)
実家が近いのも、よいことですよね。

投稿: あさぎり | 2015/09/15 06:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/62277959

この記事へのトラックバック一覧です: 子供たちとの帰省(その1):

« 本栖湖サイクリング | トップページ | Apple MacBook Pro (Retina, 13-inch ,Early 2015) 【機種選択編】 »