« ほんのり赤富士 | トップページ | 富士三湖サイクリング »

田貫湖サイクリング

7月12日(日)に、サイクリングに行ってきました。
この日の天気は晴れ。
しかし、前日にかつての会社の仲間を案内して走っているため、子供たちと遊ぶことを優先しようと考えていました。
すると息子が「自転車に乗りたい」と。
なんと親孝行な息子でしょう!

定番の駿河湾沿いのサイクリングロードは、この季節と天気では暑さが厳しいことが予想されます。
そこで、少しでも涼しいところと言うことで、朝霧高原の田貫湖を走ることにしました。
私が先行し、家族三人は後から合流することにします。
妻は娘に自転車を教える(補助輪なし)こととなりました。

昼ごろに合流することとし、息子と娘の自転車を積み込んだ後出発します。
それにしても暑い。
まだ午前中なのに、軽く30℃を超えているようです。

自宅から国道469号に向けて上りはじめます。
前日の疲れはそれほど感じず、調子も悪くありません。
田貫湖までの距離はそれほどないため、若干遠回りすべくいつも通らない国道469号裏道を走って篠坂目指します。

裏道から

暑さの中、少しでも早く標高を上げたかったのですが、標高500m程になってもあまり状況は変わりません。
篠坂交差点を過ぎて県道72号を上井出に向かう途中で、早くもばて気味です。
脚はともかく、体には昨日の疲れが残っているようです。

これでは、田貫湖まで持ちそうにありません。
珍しく途中補給することにし、ひとまず富士ミルクランドを目指します。
富士ミルクランドに着。
いつもは通過ですが、この日はカマンベールのジェラートを食べて休憩しました。

ジェラートで一休み

休憩を終えミルクランドを出ると、後ろから来たローディーに声をかけられます。
「あさぎりWEB日記の方ですか?」とのこと。
そうですと答えると、時折お読みいただいている方とのこと。
光栄です。
お名前をお聞きしたのですが、どうやら間違って覚えていたようで、Facebookで検索したもののみつけることができませんでした。
残念。

彼は県道71号経由で富士ヶ嶺を目指すとのことで、私はそこを直進、人穴神社前から国道139号を目指します。
国道139号に合流し、坂を上って猪之頭への道を折り返し。
猪之頭まで下った後、田貫湖方面へと進みます。

途中の水路には相変わらずきれいな水が流れています。
そして、その先の川沿いからはしばしの急な上り。
う~ん、川の流れの方に進みたい気持ちがしますが、仕方ないですね。

水路の流れ

川沿いからの上り

この上りをクリアすると、間もなく田貫湖畔に出ます。
湖畔をしばらく走り、南側テントサイトのそばで家族を待つことにします。
少しでも日陰にと、バイクの駐輪場に腰掛けました。

その後、家族と合流。
湖畔でランチを食べます。

家族と合流

食事を終えると、息子と私は早速サイクリングに出発。
ひとまず、田貫湖を一周することにします。

田貫湖一周

湖畔の道路は、休暇村付近が改修されています。
しかし、相変わらずボードウォーク手前からそれを過ぎるまでの数百メートルは自転車を降りて歩く必要があります。
それが面倒なのと、田貫湖一周は今の息子には短い模様。

そこで、二週目は途中から車道に出て、北テントサイトから休暇村前までを行ったりきたり。
堤防上と異なり緩いながらも上り下りがあるこのコースを息子はいたく気に入った様子。
練習する妻と娘の様子をみながらも、数回往復しました。

車道を走る

そのうち、さすがに息子も疲れてきた模様。
あまり走る過ぎると嫌になってしまうので、妻と娘のところに戻ります。
妻の優しい指導により、娘も短距離なら乗れるようになっていました。
まだコースがうまく取れず、この後芝生に突っ込んでいましたが。(^^;)

娘も練習

大汗をかいた息子を着替えさせるべく、妻から車のキーを受け取り、一足先に二人で車に戻ります。
息子の自転車をしまい、ひと安心。
やがて妻と娘も到着し、着替えを進めます。

準備ができつつある中、私は一足先に下ることにします。
自転車に跨り、湖畔から白糸目指しての下り。
快調です。

が、白糸近くになってふと違和感を覚え、背中のスマフォを触ると振動しています。
妻から電話です。
どうしたんだろうと出ると「車のキーを返せ!」とのこと。
なんと、私が持ったまま下ってしまったのでした。

怒る妻の声に、慌てて上り返しのヒルクライム。
いつもより明らかに速いペースです。

何とか駐車場に戻り、キーを返して逃げるように再び下ります。
もちろん、背中のスマフォを気にしながら。

今度は順調に、妻たちとタッチの差で自宅着。
この日のサイクリングは終わりました。

この日の走行距離は77.56kmで獲得標高は1,066m、実走行時間は4時間17分30秒で平均速度は18.0km/hでした。

|

« ほんのり赤富士 | トップページ | 富士三湖サイクリング »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
田貫湖およびその周辺も非常によく整備され、お子さんのサイクリングも安心ですね。
この夏、孫の初キャンプに田貫湖キャンプサイトを計画しているのですが・・・。
実行出来ましたら、ご報告したいと思います。
車のキーについては、動き始めるとスマフォの音・振動もなかなか気づきにくいと思いますが、よく気づきましたね。気づきが、帰宅後でなくよかったですね!

投稿: 883 | 2015/07/30 08:53

883さん、ありがとうございます。
車の台数が少ないので、車道を走っていても安心ですね。
この日は自然塾でイベントがあり、車は多目でしたが、それでも不安を感じるほどではありませんでした。
息子の車道デビューにピッタリの場所です。
お孫さんとのキャンプ、楽しみですね。
ぜひ、レポートをお願いいたします(我が家も未体験)。
スマフォに関しては、落としていないことを確認するために何気なく触ってみて気づきました。
下りだと風切り音が大きく、気づきにくいんですよね。
自宅着いてからだったら、妻の怒りも半端じゃなかったことでしょう。(^^;)

投稿: あさぎり | 2015/07/30 09:07

素敵なサイクリングコースですね。
僕のうちの近所じゃこういう緑豊かなところは皆無です。
それだけにうらやましい気持ちでいっぱいですよ^^。
お子さんも一緒にサイクリング。
楽しかったことでしょうね。

投稿: モモのパパ | 2015/08/01 04:18

モモのパパさん、ありがとうございます。
田貫湖周辺は走りやすいので、子供たちにはぴったりです。
しかし、一周できない(途中歩く必要がある)のは残念。
次は本栖湖にしようと思っています。(^^)

投稿: あさぎり | 2015/08/01 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/61978423

この記事へのトラックバック一覧です: 田貫湖サイクリング:

« ほんのり赤富士 | トップページ | 富士三湖サイクリング »