« 梅雨入り寸前の富士山 | トップページ | 富士山残念 »

鳴沢サイクリング

5月31日(日)に、サイクリングに行ってきました。
この日の天気予報も、当初は天気がすぐれないというもの。
もしかしたら乗れないかもと思い、週半ばの日々を過ごしていました。

しかし、またもや前夜になって予報から雨マークは消えました。
もちろん、これはうれしい変化です。
それでも、半信半疑のまま就寝します。

朝、いつもと同じく5時過ぎに起床。
外を見ると、雨は降っていません。
そして、薄雲が広がる中に青空も見えている状況でした。
これなら、ひとまず雨の心配はなさそうです。

自宅を出ると、本当に薄く薄くですが、富士山も見えていました。

薄らと富士山

この日の予定コースは定番の県道71号鳴沢折り返し。
自宅から淡々と国道469号を目指して上ります。
前夜、少し多めにお酒を飲んでしまったこともあり、調子は今一つ。
汗の量も多くなっています。

それでも、極端にペースを落とすことなく走れるようになったのは成長でしょうか。
風はほとんどなく、穏やか。
気温は家を出てから一貫して高めです。

国道469号から北山で大月線に。
上井手から県道71号で富士ミルクランドを目指します。
いまいち乗ってこないこのペースで、ミルクランド到着時の実走行時間はどうなるのか?
この状況では1時間を切ってくれれば御の字です。

やがて、富士ミルクランドに到着。
時間をチェックすると、実走行時間はかろうじて1時間を切っていました。

富士ミルクランド

ここまでの実走行時間

特に強度を上げたつもりもないのですが、停車していると額から汗がどんどん出てきます。
そしてその汗は、フレームの上に降りかかります。
調子がよくないせいなのか、はたまたこの程度が自分の標準なのか。
汗だけではどうにも測ることができません。
いずれにせよ、帰ったらまた自転車の手入れをしなければなりません。

ここは写真撮影のみ、すぐに出発します。
ミルクランドを過ぎると、先ほどまでよりは気分が楽です。
それでも、実走行時間2時間以内でどこまで行けるのか、引き続き調子を測っていきます(急ぐというわけではありません)。
相変わらずのペースで県道71号を右折、林間の道を抜けて牧草地へと出ます。

ここからは、富士山がひときわきれいに見えるエリア。
空は晴れていますが、富士山頂にはかさ雲がかかっています。
これでは、雨が降るとの予報になるのもうなずけます。

富士山にはかさ雲

牧草地の比較的急な傾斜を、えっちらおっちら上っていきます。
広見の牧草地を抜けると、県境の手前で一旦道は平たんに。
県境付近からまた上りがはじまり、小さなピークを三つ上るとそこは富士ヶ嶺です。

それにしても暑い。
空気はいくらか爽やかになってきたような気がしますが、まだ8:00時前の標高1,000m地点にもかかわらず、メーターの示す気温は25℃となっていました。

気温は25℃

ドクタービレッジ手前からの長い上りをクリアすると、ほどなくして本栖湖を望む展望駐車場に到着。
とりあえず立ち寄り、風景を撮影します。
ここまでくれば、あとは国道139号まで下り基調です。
この日のギアは、ここまで39-18Tで粘ってくることができました。

ここまでの最軽ギア

ここからは、一転して林間の道。
木々が被さり、日陰をつくっています。
ここを走ると、先ほどまでの暑さが嘘のよう。
ふと見ると、気温も15℃程まで下がっていました。

鳴沢への道

鳴沢村に入るちょっと手前で実走行時間2時間を経過。
やはり、特に取り立てて言うほどのペースではありません。

鳴沢村に入り、しばらく走ると林間から抜け出ます。
この付近で久しぶりに見える富士山は、先ほどまでとは別物のようにくっきりとしています。
残雪の様子もよくわかりますが、本当に今年は雪が少ない状態です。

鳴沢からの富士山

ここまでくれば、すぐ139号へと当たります。
結局、2時間を数分すぎて国道139号を折り返し。
富士宮方面へと走り出しました。

西湖、精進湖、本栖湖と前を通り過ぎ、本栖湖からの上りも蝉の声に耳を傾けながらクリア。
この日が最終日の富士芝ざくらまつり会場付近にも混雑はありませんでした。

やがて、県境を越えて根原に。
太陽がしっかり昇ったこともあり、ここからの富士山も比較的くっきりしていました。

根原県境からの富士山

道の駅朝霧高原、あさぎりフードパークを通過、国道139号を走ってドライブインもちや裏手から県道71号へと復帰します。
富士ミルクランド前を再び通り、上井手へ。

上井手で時間を見ると、まだ余裕があります。
そこで、県道72号経由で、篠坂へ。
軽いアップダウンの道を走って、篠坂交差点を直進、さらに国道469号へと出ます。

この時点で時刻は10:00でしたが、メーターの示す気温は28℃。
さらに気温が上がっています。
まだ、標高500m以上あるのですが。

気温は28℃

国道469号を走り、途中からの裏道を下って自宅へ。
10:30前には自宅に到着しました。
自宅付近で気温をチェックするのを忘れましたが、おそらく30℃程はあったでしょう。

シャワーを浴び、この日のサイクリングは終わりとなりました。

この日の走行距離は87.2kmで獲得標高は1,319m、実走行時間は3時間47分25秒で平均速度は23.0km/hでした。
走れたことに感謝の日曜日が続きます。

|

« 梅雨入り寸前の富士山 | トップページ | 富士山残念 »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパです。
気持ちいいサイクリングになったようですね。
こんなに自然に囲まれた道を走ることが出来るなんてうらやましい限りです。
先日僕、自転車に乗ってたら路地から出てきた軽自動車にはねられてしまいました。
まあ怪我は無かったのですが。

投稿: モモのパパ | 2015/06/09 08:20

モモのパパさん、こんにちは。
この日は天気予報がよい方向にずれて幸いでした。
気温的にも、気持ちよいサイクリングでした。
自宅からすぐの距離でこんな場所があるのは、確かに幸せですね。

なんと!事故ですか。
御無事で何より。
よそ見している自動車も多いですから、引き続きお気をつけて!

投稿: あさぎり | 2015/06/09 10:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/61697954

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴沢サイクリング:

« 梅雨入り寸前の富士山 | トップページ | 富士山残念 »