« 久々の蒲原館にて | トップページ | 新富士駅の大名行列!? »

鳴沢サイクリング

6月14日(日)に、サイクリングに行ってきました。
この日の予報も、この時期らしく二転三転。
しかし、前夜の予報では一日曇りで、雨は降らずに済みそうでした。
その為、早朝サイクリングへと考え、4:45にアラームをセットし就寝します。

日曜日の朝、アラームが鳴り起きます。
窓から外を見ると、雨は降っていない様子。
しかし、なんとなく不安だったため、一度ドアを開けて外に出ます。
すると、雨粒が落ちていました。

がっかりして室内に戻り、しばらく用事をします。
再び外に出てみると、やはり雨粒は止まず、むしろ路面が薄らと濡れはじめていました。
仕方がないので寝室に戻り、二度寝。
早朝サイクリングは断念です。

次に、家族と一緒に起きたのは7:00過ぎ。
外は雨が降り続いていました。
結構しっかり降っています。

この日、10:30頃から用事があり、それを済ませます。
そのうちに雨は止み、路面も渇いてきました。
妻と話し、11:30頃に自宅を出発します。
16:00前には戻りたいので、目的地は朝霧高原へ。
家族の理解に感謝です。

外に出ると、メーターの示す気温は27℃。
少し上ると、汗ばんでくる陽気です。
自宅から国道469号へ。
若干の追い風があり、それほど力はこめていませんが、ペースは悪くありません。

国道469号に出てみると、大切な道標が事故でなぎ倒されていました。

標識無残

一旦平坦部に出て、さらに走ります。
ペースは悪くないため、これならと脚に少々力を込めました。
この日、富士スバルラインではMt.富士ヒルクライムが行われています。
このレースには友人数名も出場しているため、その応援の気持ちも込めてペースアップすることにします。

北山から上井手へ。
自分の中ではそこそこ息を上げながら頑張って走ります。
いつもより時間が遅いせいか、数名のサイクリストとも出会い、それもモチベーションになります。
もちろん、レースペースとは言えません。
あくまでも自分比で頑張って上りました。

上井手を過ぎ、富士ミルクランド方面へ。
途中でもう一名をパスし、相変わらずのペースで走ります。
そして、息を上がらせて富士ミルクランド着。
ここまでの実走行時間(停車時はストップ)をチェックすると、51分台でした。

富士ミルクランド

ここまでの実走行時間

すぐに再スタートしますが、もう脚に力は残っておらず、売り切れ状態。
しかしスタートしてすぐ、遥か前方にサイクリストの姿が見えます。
特に意識はしていなかったのですが、じりじりと間は詰まっている模様。
やがて追いつき、パスします。

県道71号を離れ直進。
この先は、少々傾斜の急なポイントが続きます。
ひとつ目の坂を上っていると、後ろに人の気配。
先ほどパスしたサイクリストがついていました。

もちろん、先行してもらってもよかったのですが、どうやらその様子はなし。
そこで、次の上りで自分なりに残っている力で加速(減速しない程度)します。
また一人での走りに戻りましたが、ここで完全に脚は終わりました。

国道139号に合流し、さらに坂をクリア。
次なる目的地は、道の駅朝霧高原です。
もう、ちっともペースは上がりませんし、上げる気もありません。

タレたペースで、ようやく道の駅朝霧高原入り口に到達します。
相変わらず富士山は雲の中。
家を出た時から、一貫してその姿を目にすることはできませんでした。

道の駅朝霧高原

ここまでの実走行時間

ここまでの実走行時間は1時間23分台。
前半の貯金が功を奏し、1時間30分を切ることができました。
しかし、もう力は残っていません。
再びスタートし、まったくモチベーションが高まらない中、根原の上りをクリアします。

県境付近でも富士山は見えず。
本栖湖、精進湖と過ぎて、鳴沢を目指します。
途中、樹海の緑がとてもきれいで、思わず目を奪われます。

樹海の緑

這うように進み、西湖への分岐から鳴沢へと到達。
ここから県道71号に折れ、富士ヶ嶺方面へと戻っていきます。

最初だけきつめの上り。
その後は、だらだらと緩急差がある道を進みます。
緑が心地よい道で、いつしか気温も18℃程まで下がっています。
脚の力が戻ってこない以外は、実に快適です。

ようやく本栖湖を望む展望駐車場に到着。
ここまでくれば、あとは下り基調です。

展望駐車場

展望駐車場からの景色は霞んでいましたが、本栖湖ははっきりと見えます。
駐車場には、Mt.富士ヒルクライムに出場したと思われる方の車も停まっていました。

この時点で、まっすぐに家に戻るには時間的余裕があります。
しかし、体力には余裕がありません。
それならと、富士ヶ嶺交差点を右折、国道139号からあさぎりフードパークへと向かいます。
あさぎりフードパークで、手前味噌のソフトクリーム。
脚の疲れを少しでも癒そうと休憩します。

こけももミックスソフト

従業員と話をしながら、ゆっくりと休みます。
時間が限られたサイクリングですが、急ぐところは急ぎつつ、たまにはこんな余裕も悪くありません。
とはいえ、あまりのんびりしていると走るのが嫌になりそうなので、出発。
あさぎりフードパークから出ようとすると、この時だけ富士山頂が見えてきました。

この時だけの富士山

この日、私が富士山を目にしたのは、この時だけ。
本の束の間でも見られてよかったと感謝します。

農道を下り、再び県道71号に復帰。
そのまま富士ミルクランド前を通り、きたルートで戻ります。

結局15:30過ぎに自宅着。
用事で出かけていた家族より前に帰宅することができました。
戻ってきたときの気温は21℃。
出た時と違い陽射しがなかったせいか、涼しくて助かりました。

この日の走行距離は86.18㎞で獲得標高は1,191m、走行時間は3時間35分32秒で平均速度は23.9km/hでした。
乗れないかもと思った朝でしたが、その割には目いっぱい走れてうれしい日曜日でした。

|

« 久々の蒲原館にて | トップページ | 新富士駅の大名行列!? »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

雨が上がってよかったですね。
もしかしてあさぎりさんって晴れ男なのではないでしょうか。
サイクリング。気持ちよさそうですね。
僕的に気になったのがソフトクリーム。
僕、ソフトクリーム大好きです。
このソフトクリームはバニラとストロベリーのミックスなのでしょうかね。

投稿: モモのパパ | 2015/06/19 04:09

モモのパパさん、ありがとうございます。
雨が降ったら基本的に乗らないので、そう見えるかもしれませんね。
昨年は、何度か雨に降られました。(^_^;)
ソフトクリームはコケモモと牛乳ソフトのミックスです。
さっぱりして美味しいですよ♪

投稿: あさぎり | 2015/06/19 09:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/61750940

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴沢サイクリング:

« 久々の蒲原館にて | トップページ | 新富士駅の大名行列!? »