« なすび総本店にて | トップページ | 夏至の日の富士山 »

iPhone 6 Plusのカメラで撮影

Apple iPhone 6 Plusにて撮影itle=

昨日の記事にUPしたなすび総本店での料理の写真。
その写真を撮影したのは、Apple iPhone 6 Plusのカメラでした。

何かと評判の高いiPhoneのカメラですが、確かに様々なシチュエーションでも破たんのない写りをしてくれそうです。
画素数は800万画素と昨今のコンパクトデジカメと比較して控え目ですが、センサーサイズ(裏面照射型1/3型センサーとの情報あり)を考えると多ければよいというものではありません。
もとより、こうしてリサイズして画面上で見る分には充分。
少々のトリミングにも、充分耐えてくれるでしょう。

レンジは35mm判換算で29mm相当とのこと。
やや広角寄りで、画角だけではなく手ブレが目立たないことにも貢献してくれていそうです。
F値は2.2と明るめで、これもブレのない写真を撮るのに有利に働きます。

AFには像面位相差(Focus Pixels)を組み込んでいるとのこと。
これまでのiPhoneは使用したことがありませんが、確かにAFはこれまでのAndroid機より速く感じます。
と言うか、これで本当に合わせたの?と不安になって、逆に待ってしまうくらい。
これは快適です。

そして、iPhone 6 Plusだけに登載されているのが、光学式手ブレ補正。
先ほど書いたレンズスペックに加えて光学式手ブレ補正が搭載されていることもあり、室内での料理撮影や夜景撮影にも強く、極めてブレにくくなっています。
これには驚きでした。

また、裏面照射型センサーらしく、暗い場所でもノイズが少なく、カッチリした描写をしてくれます。
もっとも、F2.2のレンズの明るさ(絞りは固定らしい)もあり、上の写真でもISOは40でした。
これまでの私の撮影では、ISO250が最高となっています(昨日記事のなすびの写真)。

センサーサイズとの関係もあり、ボケをつくるにはシチュエーションを選ばざるを得ません。
クローズアップで奥行きのある写真を撮ればそれを活かせるでしょうが、やはりここはセンサーサイズの大きなカメラに一歩譲る部分でしょう。

しかし、失敗のない写真を撮るにあたって、このカメラに不満な点は少ないと言えます。
なるほど、コンパクトデジカメが売れなくなる訳です。
私自身、走り中心のサイクリングではこれで充分ではないかと思うほど。
ま、そう言いながらもこれまで通りPowerShot G7Xは持っていくのでしょうが。

出先で出くわした光景に「あ、カメラを持ってない!」と後悔した時のダメージを確実に少なくしてくれる性能だと実感しました。

|

« なすび総本店にて | トップページ | 夏至の日の富士山 »

モノ好き!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/61777889

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone 6 Plusのカメラで撮影:

« なすび総本店にて | トップページ | 夏至の日の富士山 »