« 富士山の雪 | トップページ | 流鏑馬写真そのほか »

清水サイクリング

5月5日(火)に、サイクリングに行ってきました。
この日、G.W.の休業で会社は休み。
しかし、連休中の恒例で営業所の留守番電話を確認しに行くと言う名目で出ることにします。

当日の予報は、一週間ほど前から二転三転。
雨マークがついたり、はたまた晴れマークが出たりと安定しません。
が、土曜日夜の段階では、雨マークは消えていました。

そんな訳で、朝家族とともに起きてから準備を開始。
戻ってから用事があったので、急いで清水往復だけをすることとします。
8:30頃に家を出ました。

外は寒くもなく暑くもなく。
陽射しはありませんが、この点を取ってみれば快適そのものです。
風も穏やかです。

自宅から大月線へと下り、そこから高原へと抜けます。
決して無理をしているペースではありませんが、脚はそこそこ回る模様。
岩本付近のお茶畑の向こうには、富士山が見えています。
晴れていて、鉄塔(電線)がなければ、最高の光景なのですが。

お茶畑越しの富士山

お茶畑では、新茶の刈り取りがはじまっています。
八十八夜を過ぎ、これから本格的になっていくことでしょう。
そんな光景を見ながら富士川沿いに下り、雁堤から旧東海道へと出て、富士川を渡ります。

富士川を渡る

ここからは、富士川、蒲原、由比と旧東海道をひた走るルート。
ほぼ平坦な道は、信号も少な目です。
ひたすらクランクを回し、清水への道を急ぎます。

幸いにして、風は追い風。
しかし、風向きが変わらなければ、帰りは向かい風です。
稼げるときに稼いでおこうと、自分比ではそこそこのペースで走り続けました。

由比駅付近を過ぎ、倉沢地区に向けて裏道へ入ります。
この付近まで来ると、この後のルートで若干迷います。
しかし、往路は薩た峠を越えて興津へと下ることに。
由比の旧街道は、G.W.のためか散策する人の姿もいつもより少し多めでした。

由比の旧街道

ここを抜けると、目の前に立ちふさがる「由比の壁」。
薩た峠への上り口は20%を超えようかと言う激坂です。
手前でインナーロー(39×25T)へとチェンジ。
今の体力なら、乗り方さえ間違えなければ上れない坂ではありません。
スピードはともかく、この坂を上りきり、やがて薩た峠の展望駐車場に到着します。

薩た峠

残念ながら、ここからの富士山はほぼ雲の中。
一部が見えていましたが、写真だと判別がつきにくい程です。
早々に駐車場を出て、興津側に下ります。
興津側の傾斜も、短いながらなかなかの斜度。
慎重に走り、興津川を渡ります。

興津から清水へは、また旧東海道をひた走ります。
信号は多目ですが、起伏はほとんどありません。
車の量は、気持ち少な目だったでしょうか。

清水駅前まで直進。
先日閉店した西友清水店前を過ぎて右折します。

閉店した西友清水店

ここまできてしまえば、営業所まではあと2~3kmの距離。
好調を維持したまま営業所に到着。
30分ほどの仕事で留守電とメールのチェック、対応をします。

再び出発、富士宮を目指します。
今度は、北街道から旧東海道へと抜けるルートで清水の街中を走ります。
気候は相変わらず。
多少陽射しが出てくるタイミングもありましたが、走りやすい気温です。

しかし、風はやはり向かい風。
どうやら、往路程のペースは維持できそうにありません。
汗の量も、多少増えてきます。

興津を抜け、今度は国道1号沿いへ。
駿河健康ランド前から、興津川を渡ります。
海へと注ぐ河口の浜は、ひっそりとしていました。

興津川河口

防波堤と国道1号に挟まれた歩道を走り、由比へ。
薩た峠をパスして、由比旧街道へと入ります。
ここからは、ほぼ来た通りのルートで富士川まで走りました。

富士川橋まで到達し、ここを直進。
道の駅富士川楽座横を通過し、松野へと向かいます。
途中、トンネルをパスするため旧道へ。
ゆったりとしたペースで新東名高速の橋をくぐり、蓬莱橋で富士川を渡りました。

ここから松野の上り。
傾斜はそれほどでもなく、調子がよければアウターでも行ける坂でしょう。
しかし、きっちりとインナーに入れて回しながら上ります。
ここまでのペースで、いささか脚にきていました。

頂上を下り、富士宮市街へ。
富士山本宮浅間大社まで、真っすぐ進みます。
浅間さんでは、この日流鏑馬祭が執り行われています。
露店が立ち並ぶ境内と賑わう人々を見て、後で子供と来ようと思いながら右折、自宅へと向かいました。

流鏑馬祭が開催されている浅間大社

商店街を抜け、国道139号をパスする裏道から自宅へ。
自宅到着は、正午をちょっと回った頃でした。

結局、この日の走行距離は77.53kmで獲得標高は549m、実走行時間は3時間と1秒で平均速度は25.8km/hでした。
シャワーを浴び、すぐに子供たちと浅間さんの流鏑馬祭へと出かけました。

|

« 富士山の雪 | トップページ | 流鏑馬写真そのほか »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパです。
僕。
旧東海道をたどって由比~興津~清水と車でドライブしたことがあります。
随分前の話ですが。
清水といえば清水の次郎長ということで次郎長屋敷を見物したのを思い出しました。

投稿: モモのパパ | 2015/05/10 08:45

モモのパパさん、こんにちは。
旧東海道、やじきた道中記などでも読みましたが、趣ある場所が多いですよね。
ドライブにも最適だったことでしょう。
次郎長生家は今でも健在です。
商店街の中にあって、ちょっとおもしろいスポットですね。(^^)

投稿: あさぎり | 2015/05/11 06:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/61557944

この記事へのトラックバック一覧です: 清水サイクリング:

« 富士山の雪 | トップページ | 流鏑馬写真そのほか »