« 子育てと巣立ちと | トップページ | 五月の蝉 »

富士山二合目サイクリング

5月24日(日)に、サイクリングに行ってきました。
前週のなるしまロングランの記憶も新しいこの日でしたが、事前の予報では雨。
曇りベースの予報に変わってきたため望みはありましたが、走れないことも覚悟をしていました。

前夜、最終確認の天気予報では、雨は昼頃から。
妻が道の駅朝霧高原に用事があるとのことで、そこで合流することを前提に、朝起きて降っていなければ出ることにし、就寝しました。

5:30に起床。
外を見ると、どんよりとした曇り空ながら、雨は降っていません。
ゆったりと準備をし、6:30前に自宅を出発します。

この日の合流予定時刻は11:00前。
おおよそ、4時間30程度は走っていられることになります。
天気次第ではいつものコースで道の駅朝霧高原を目指すつもりでしたが、家を出た感じでは降っても大したことがなさそう。
気温も18℃と、走りやすい状況です。

そこで、自宅から信号のない裏道を走って国道469号に出て、そこからどう経由して走るか決めることに。
曇天の下でも鮮やかな苔畑を見ながら上っていきます。

苔畑

この道は、比較的斜度のきつい道。
無理せずダンシングを織り交ぜながら、ゆっくり上っていきます。
どの道、時間はあるのです。
上っていると、やがて自宅付近では見えなかった富士山が姿を見せてくれました。

富士山

富士山が見えたことに気を良くして走っていると、今度は雨粒が落ちてきます。
本格的な降りにはならなそうでしたが、粒は比較的大きめです。
木立の下に入ったり、また出たりしながら走り様子を見ますが、程なく雨は止みました。

しばらく走ると、国道469号に当たります。
ここでちょっと迷いましたが、雨は止んでいること、これから向かう東の空が明るいことから、富士山こどもの国、十里木方面へと進むことにしました。

4月下旬の富士山一周の際に走った道をなぞるように走ります。
最初だけ斜度のきつい場所がありますが、あとは緩斜面。
クルクルとクランクを回していると、やがて突き当たり、左へと折れます。

突き当たりを左に

左に折れると、またそこそこの斜度の上り。
それがひと段落すると、富士山こどもの国入口です。
ここにきて、自宅を出てはじめての信号。
しかし、感応式で子供の国から出てくる車も(この時間では)いないので、当然青です。
渡ったところで、再び富士山を撮影します。

富士山こどもの国と富士山

ここまでのルート、かなり手前からずっと聞こえていたのは東富士演習場での射撃音。
大砲の音が遠鳴りのように聞こえていたものが、近付くにつれ轟音に。
こどもの国周辺では、軽い振動も感じるほどです。
そして、大砲に混ざって機関砲(銃?)の音も。
なんとなく緊張感を持って走ってきました。

この先、緩い上りを過ぎて、十里木カントリークラブ入口方向に左折します。
この道は、広域基幹林道富士山麓線。
ここから富士山スカイライン(富士宮区間)へと約10kmの距離を結んでいます。
実に気持ちよい道で、以前何度か反対方向には走ったことのある道。
しかし、十里木側から自転車で走るのははじめてです。

この道は富士山周辺の道路でありながら、上り一辺倒ではない道。
適度なアップダウンがあり、パンチャー脚質の私にとっては走りやすい道です。

広域基幹林道富士山麓線

林道からの富士山

加えて、富士山が望める場所も数か所あり、気分は最高です。
十里木側の標高は870m程で、富士山スカイラインとの合流部では1,040mなので、約10kmで170m程は上っているのですが、そんな感じはしません。
もちろん、一人マイペースで走っているからこそ、そんなことが言えるのですが。

楽しみながら走り、富士山スカイラインへ。
ここでもちょっと迷いましたが、まだ時間はあります。
また、雨の心配もなさそうです。
せっかくここに来たならばと、ひとまず西臼塚の駐車場まで上ることにしました。

合流部から西臼塚駐車場までの距離は約3kmで、標高差は200m程。
さすがに、これまでと同じようなペースでの走りは無理そうです。
実際、ガクンとペースは落ちますが、それでもジワジワ上っていきます。

ようやく西臼塚駐車場に到着。
しかし、ここからの富士山は半分雲に隠れています。

西臼塚駐車場

時間を見ると、まだ9時前。
どうせならと、富士山スカイライン登山区間の入口まで行ってみることにします。
そこまでは、ここから3kmちょっとの距離です。
時間的に厳しそうなら、いつでも折り返すことができます。

相変わらずのペースで、登山区間入口に到着。
ここからゲートをくぐり、ほんのちょっと上ると富士山が正面に見える地点があります。
そこまで走って折り返すことにします。

二合目付近からの富士山

ここまで来ると、空は青空。
新緑も美しく、富士山はそれに隠されていますが、爽やかです。
標高は1,500m近いのですが、気温は16℃と暖か。

気温は16℃

先ほど、十里木では12℃でした。
陽射しがあるとないとでは、ここまで違います。
思わず、このまま新五合目まで走りたいと言う気持ちになりますが、約束もあるのでそうはいきません。
補給食も持っていないため、これ以上の上りは諦め、下ります。

ゲートまで下り、そこから富士宮区間へ。
気持ちのよいダウンヒルのスタートです。

ダウンヒルスタート

ここから篠坂の交差点までは、標高差で1,000m弱あります。
路面が荒れている部分もあるので、若干神経は使いますが、ここまでの分一気に下ります。

あっという間に、篠坂の交差点に到達。
右折し、県道72号を上井出方面へと走ります。
ここもまた、気持ちのよいアップダウンの道。
林間で眺望はありませんが、ペースよく進んで行きました。

上井出で、今度は県道71号に。
いつも走っている道を、富士ミルクランドへと向かいます。
ミルクランド、富士ハーネス、人穴小学校、カフェナチュレと通過。
その先で右に折れ、いつもの牧草地です。

人穴の牧草地

ここまで来ると再び空は雲で覆われていますが、ところどころ青空も覗く天気。

牛たちを撮影していると、そう言えばと思いだしました。
この日の私のジャージは、以前購入してあったアソスのムームー。
牛柄に飛びついたのですが、サイズがLしかなく、今まできつくて着られなかったのでした。
そして今朝、久しぶりに袖を通してみると、なんとか着られます。
そんな訳で、牧草地の牛の仲間入りをしている自分を撮影します。

牧草地の牛

この先で農道に入り、あさぎりフードパーク方面へ。
富士山は、雲に隠れたりまた現れたり。
雨の心配がないだけありがたいですが、やはりスッキリとはいかないようです。

朝霧高原からの富士山

この地点までくれば、あさぎりフードパークはもうすぐ。
朝、チョコブレッドを二切れ食べただけなので、指先には軽い痺れを感じます。
このまま走り続けると、ハンガーノックになるでしょう。
そこで、家族と合流前に朝霧乳業でソフトクリームを食べることにします。

あさぎりフードパーク

ソフトクリームを食べる牛

店内でソフトクリームを購入し、外で写真を撮ってもらいます。
ソフトクリームを食べる牛の絵です。

椅子に座ってゆっくりと食べ終え、再び自転車に跨り、隣の道の駅朝霧高原へ。
そこで、家族を待ちます。
程なくして、家族と合流。
今度は、これらと第二ラウンドです。

子供たち登場

妻の用事が終わるのを待ち、食事に。
久しぶりに道の駅朝霧高原の肉丼を堪能します。
ここまで走ったから、今日はよいですよね。

道の駅朝霧高原の肉丼

相変わらず、美味しゅうございました。
そして、車に自転車を格納。
子供たちと遊び、距離の割には脚を使ったこの日のサイクリングは終了しました。

結局、この日の走行距離は71.18kmで獲得標高は1895m、実走行時間は3時間53分15秒で平均速度は18.3kmでした。

この日の走行ルートは、以下の通りです。


|

« 子育てと巣立ちと | トップページ | 五月の蝉 »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/61647433

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山二合目サイクリング:

« 子育てと巣立ちと | トップページ | 五月の蝉 »