« 初夏の収穫期 | トップページ | 流鏑馬の浅間大社にて(番外編) »

デジタルカメラ苦戦中との報道がありますが

GALAXY S4にて撮影

GALAXY S4にて撮影

ここ数年、日本の誇るべき技術に支えられ独り勝ち状態だったデジタルカメラの苦戦が報じられています。
その対戦相手は、海外製のデジタルカメラ・・・ではなく、スマートフォンのカメラです。

確かに、スマフォが登場する前の携帯電話のカメラと言えば、メモや記録としてはともかく、写りに関しては決して誉められたものではありませんでした。
しかし、スマフォが急激に普及し、同時に小型CMOSセンサーの性能も向上。
コスト的にもこなれてきたこともあり、現在のスマートフォンのカメラはスペックだけ見れば一昔前のコンパクトデジカメ並のものも少なくありません。

それでも、少なからず撮影を趣味とする私としては、やはり出かける時にはスマフォとは別にデジカメを持ち出すのが慣習となっていました。
先日日曜日、子供たちと公園に出向いた際も、EOS M3にEF35mm F2 IS USMをセットし、家を出ます。

目的地の富士市広見公園につき、早速遊具に向かう子供たちの後ろ姿を撮影しようとすると、なんとメモリーカードがセットされていません。
痛恨のミス。
パソコンに画像データを移した後、カードを戻すのを忘れていたのでした。

こうなると、まったくもってデジカメはただの箱。
取り扱いに気を使うだけ、ただの箱よりたちが悪いかもしれません。
いや、悪いのは私ですが。

そんな訳で、撮影は諦め、遊具で遊ぶ子供たちをぼんやりと眺めて過ごします。
しかし、手持無沙汰だったことや、楽しそうな子供の表情を見ていると、やはり撮影したくなります。
そこで、ポケットからスマフォ(二年前の機種)を取り出し、それとなく撮影。

そんな撮影データをパソコンに移し、コントラスト調整やトリミングを行ったのが、今回ご紹介する写真です。
さて、どうでしょう。
アスペクト比がいつも使っているカメラと違います(設定の仕方がわからなかった)が、違和感ありますでしょうか。

私としては、やはりダイナミックレンジや撮影のタイミング(シャッタータイムラグ)、ズームなどに関しデジタルカメラの方が一日の長があると感じました。
しかし、順光、日中のコントラストがはっきりしたシーンであれば、そん色なく写ることも事実です。
特に画にこだわらなければ、何も別にカメラを持ち出す必要はないと言う方の気持ちもよくわかります。

それでも、きっとデジカメを持ち出すのでしょうね、私は。

GALAXY S4にて撮影

GALAXY S4にて撮影

GALAXY S4にて撮影

|

« 初夏の収穫期 | トップページ | 流鏑馬の浅間大社にて(番外編) »

あさぎりWEB日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/61586553

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルカメラ苦戦中との報道がありますが:

« 初夏の収穫期 | トップページ | 流鏑馬の浅間大社にて(番外編) »