« なるしまロングラン2015(二日目前編) | トップページ | シャボン玉遊び~♪ »

なるしまロングラン2015(二日目後編)

5月16日(土)~17日(日)の日程で、東京のサイクルショップなるしまフレンドの主催するロングランイベントに参加してきました。
今回はその復路、二日目の走行後編です。
二日目前編に関しては、前回の記事をご覧ください。

さて、勝沼のコンビニにて、この先の笹子峠をトンネルではなく旧道で越えることにしたメンバー。
私を含め6名ですが、どう考えても他の方の実力は私とは段違いです。
しかしそこは、練習やレースではなく、あくまでもロングランの一環。
ツーリングペースでの走りを再度お願いし、スタートします。

ここから中央高速勝沼I.C.付近にかけては、徐々に上りが現れるルート。
以前であれば、それを見るたびに憂鬱になる個所でしたが、今はペースさえゆっくりなら気になりません。
むしろ、少しでも標高が上がれば気温が下がっていくとの希望も持てます。
変われば変わるものです、人間は。

無理のないペースで、勝沼から笹子への甲州街道を上っていきます。
先にコンビニを出発した小西さんたちのグループは、ここまで前に見えていません。
イーブンペースで上りながら、昨年のことを思い出していました。

昨年は今より体重があったはずなのに、この地点では前のグループを追うなど、元気でした。
その前に比べ身体が軽くなったことから、意識も上向きだったのでしょう。
今年もその時と比べ重くなっている訳ではないのですが、どうも調子が上がってきません。
そんなことを考えながら走っていると、やがて笹子峠旧道との分岐に到達しました。

信号を待ち、横断して旧道へ。
ここからは、のんびりおしゃべりしながらの上りです。
入ってしばらく、集落のある部分は直線も多く、傾斜もきつ目です。
早々にインナーローを放出しながらも、息の上がらないのんびりペースで上ります。

それでも、周囲を見回すと私一人が大汗をかいています。
他のメンバーは涼しい顔。
でもいいんです、この懐かしい感じ。
思えば、過去のクラブランでも、こうしてのんびりと走るパートがよくありました。

結局、誰も先行しないまま、笹子峠に到着。
峠組で、記念写真を撮ります。

笹子峠

ご一緒したメンバー

いや~、終わってみれば楽しかった笹子峠。
メンバーからも「気持ちいい」の声が連発されていました。
途中、私はちょっと気持ち悪かったことは内緒ですが。

皆で暗いトンネルを越え、大月側への下りです。
枝や砂利が路面にあるため、車間を取ってゆっくりと下ります。
峠を下りきった甲州街道との合流地点で、昨晩同室だったHさんに出会いました。
先行して、やはり峠を上っていたとのことです。

Hさんと話をしていると、目の前を集団が通り過ぎます。
小西さんたちのグループです。
なんと、ピッタリのタイミング!
淳さんとは当初「前に出られるかも」と話していたので、私たちのペースはちょっと遅かったようです。
それでも、昨年のような圧倒的ビリではなさそう。

Hさんも加わり、7名となったグループは、大月目指して走りだしました。
それにしても、両Hさんが揃い、昨晩同室だった四名中三名が同じグループで走ることに。
こうなると、鳴嶋会長がいないのが残念です。

相変わらずの淳さんの牽きで、大月を抜けていきます。
皆に補給の確認をすると、しばらくは大丈夫とのこと。
猿橋駅そばのコンビニで休憩することとなりました。

大月の街中で、前方を走っていた小西さんたちの集団に追いつきます。
つかないよう、間を取って走行。
そして、猿橋のコンビニにて、予定通り補給休憩に入ります。

猿橋にて休憩

私はここで、再びアイスとドリンクを補給。
勝沼で冷やし中華を食べているため、食物は必要ありません。
気温は相変わらず30℃以上ですが、甲府盆地のような暑さはなく、逆に吹く風は爽やかです。

再スタートを切って、上野原の坂をクリア。
その上のコンビニに先行グループの姿はなし。
既に出発したようです。

上野原からは、藤野、相模湖と進みます。
途中、風が強い向かい風になっている地点があり、さすがの淳さんもちょっと辛そう。
先頭を替わりたい気持ちはありましたが、私もすぐに余裕がなくなりそうです。

結局、そのまま相模湖駅周辺へ。
ここで、小西さんたちのグループに追いつきます。
あとは、そのグループにペースを合わせ進みます。

大垂水峠は、ゴール手前の最後の難関。
ここも、ゆったりとしたペースでクリアしていきます。
心肺に余裕がなかったこともあり、逆に脚には余裕があります。

大垂水をクリアし、高尾、八王子と走ります。
ここで、Hさんはホテルに直接向かうため離脱。
また6名となったメンバーは、立川を目指します。

八王子から、豊田、日野、そして立川へ。
走りやすい、ベテランのメンバーとともにさせていただいた帰路後半もまもなく終了です。
立川店到着は、17:00前。
淳さんのお陰で、今回は余裕を持っての到着ができました。

なるしまフレンド立川店到着

後続のメンバーも到着

こんなに人がたくさんいるゴールははじめてです。
しかも、後続グループがまだ到着してくる予定。
いつもビリだった私には、新鮮な光景でした。

結局、この二日間の合計走行距離は、345.89km(メーター読み)でした。

二日間の走行距離

二日目の復路のみを見ると、走行距離171.35kmで獲得標高は1,590m、実走行時間は6時間45分47秒で平均速度は25.3km/hでした。

この後、全員の到着を待ち、淳さんに店を開けてもらいます。
そして、木下さんとの約束通り、METのストラディバリウスを購入。
発売からロングセラーとなっている、実績あるモデルです。

MET ストラディバリウス

その後、自転車を車に積み込み、帰宅。
富士宮まで渋滞に遭うこともなく、順調に帰れました。

脚へのダメージが少なかったのは、上述の通り体調がイマイチだったお陰かもしれません。
そして、アソスのビブのお陰で、臀部へのダメージもほぼなし。
やはり、評価されるだけのことはありますね。

これにて、楽しかった二日(二日半)のなるしまロングランも終了。
鳴嶋会長、淳さんをはじめとしたスタッフの方々、サポートの方々、そして参加して大いに盛り上げてくれたメンバー皆さまに感謝です。
次回もぜひ、時間をつくって参加したいと思います。

この日の走行ルートは、以下の通りです。


|

« なるしまロングラン2015(二日目前編) | トップページ | シャボン玉遊び~♪ »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパです。
なるしまロングラン。
楽しかったようですね。
無事に終了してなによりです。
お疲れではありませんでしたか?

投稿: モモのパパ | 2015/05/26 04:25

モモのパパさん、ありがとうございます。
はい、とても楽しみながら、無事終了しました。
体調が今ひとつで、逆に脚には余裕を残しての終了となりましたが。
身体の疲れはありますが、心はとてもリラックスできた二日間でした。(^^)

投稿: あさぎり | 2015/05/26 06:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/61642058

この記事へのトラックバック一覧です: なるしまロングラン2015(二日目後編):

« なるしまロングラン2015(二日目前編) | トップページ | シャボン玉遊び~♪ »