« 沼津港ぶらりと | トップページ | 久しぶりに牛と富士山と »

これはいったいどうして?

白・赤・ピンクと

白・赤・ピンクと

白・赤・ピンクと

昨日、朝霧高原のサイクリングで見かけた木。
これらの花は、すべて同じ木に咲いたものです。

もとよりこうした品種なのか、それとも接ぎ木でのことなのか。
そもそも、桜なのかどうかもよくわかりません。

植物に疎い私(動物にも)。
でも、見ていてアソートパックのような色合いには楽しませていただきました。

どなたかご存知の方、ご教授ください。(^^)

【2015年4月27日 追記】

SNS経由で教えていただきました。
この木は、花桃(ハナモモ)の木で「源平」と言う品種のようです。
ネットで調べてみると、遺伝子の特性とのこと。
花を赤く染める遺伝子(Peace遺伝子)と、それを阻止する遺伝子があり、それぞれの作用によってこのような咲き方をするとのことでした。
詳細は相変わらず分からない(理解不能)ですが、そうした品種があることがわかり、勉強になりました。
なお、花桃だけではなく、梅でも同様の品種があるとのこと。
確かに、梅に関しても以前からよく目にしていました。

|

« 沼津港ぶらりと | トップページ | 久しぶりに牛と富士山と »

あさぎりWEB日記」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパです。
この木の花。
なんて名前なんでしょうね。
僕も植物には疎くて・・・。

投稿: モモのパパ | 2015/04/28 05:24

モモのパパさん、ありがとうございます。
この木、どうやら花桃のようです。
その中でも、源平と言う品種で、このように、色が混ざって咲くとか。
SNSで教えていただきました。(^^)

投稿: あさぎり | 2015/04/28 06:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/61500664

この記事へのトラックバック一覧です: これはいったいどうして?:

« 沼津港ぶらりと | トップページ | 久しぶりに牛と富士山と »