« あさぎりフードパークに「犬の遊び場」オープン! | トップページ | 猪之頭のミツバツツジ見頃に »

狩宿さくらまつり行ってきました

狩宿の下馬桜と会場

富士宮市狩宿にある「狩宿の下馬桜」。
別名「駒止の桜」とも呼ばれるこのヤマザクラは、樹齢800年以上と言われる大木。
この桜と、井出館特設舞台周辺でこの週末、狩宿さくらまつりが行われました。

土曜日はあいにくの雨模様(途中曇りとなりました)でしたが、日曜日は好天に恵まれました。
そんな日曜日、子供たちを連れて会場へと出向きます。
大月線から続く長い車の列。
私たちは一本裏の上野方面からアクセスし、20分程度の待ちで駐車場へと入れました。

桜の様子は、早朝サイクリングで確認済み。
満開と呼ぶには少々遅く、花は散りつつありましたが、周囲の菜の花の黄色とあわせて充分楽しめます(上の写真)。
沿道に立つ桜の木(ソメイヨシノ)から舞い散る花弁も背に受けながら見る光景は、賑わう中でも風情を感じました。

今回、子供たちを連れてきたのは、ミニSLがお目当て。
息子は小さい頃に乗ったのですが、その記憶はない様子。
3歳になるかならないかの頃なので、無理もありませんね。
今回のことは、娘も含めしっかりと記憶に残るでしょう。

岳南鉄道に引かれる新幹線!?

蒸気機関車整備の様子

知り合いが鱒を素材にした商品を出店していると聞き、探します。
しかし、見つからず。
菜の花畑越しの井出館では、もうひとつの花、踊りの練習をしていました。

舞台の稽古

しかし、ちょうどお昼過ぎだったこともあり、花より団子の子供たち(私も)。
鱒は諦め、手近に見つけた売店でよもぎ餅と焼き鳥、フランクフルト、フライドポテトをGET!

焼き鳥

美味しい!

花を愛でながらゆっくりとしたい気分もありましたが、子供たちは腹が満ちると満足した様子。
駐車場の混雑緩和のためにもと、早々に会場を後にします。
駐車場から大月線まで出る間、息子のカウントによると58台の車が並んでいたそう。

今回の撮影には、EOS M3+マウントアダプター EF-EOS M+EF35mm F2 IS USMを使用。
この組み合わせ、持った感じのバランスもよく(若干レンズヘビーかもしれませんが)、好みです。

EOS M3

AFは決して速くなく、なぜそちらに動く?と言う場面も。
しかし、走りまわる子供たちでなければ、許容範囲です。
EOS M3にマウントアダプター経由でIS(手ブレ補正)つきレンズをセットすると、電源ON時常にISユニットが動作していますが、このレンズはISユニットの動作音も小さく気になりません。
換算56mmの画角は、桜の全景を入れようと思わなければ適度でした。

年によっては、花が終わった後になってしまうこともある狩宿さくらまつり。
今年は花が見られる状況での開催で何よりでした。

|

« あさぎりフードパークに「犬の遊び場」オープン! | トップページ | 猪之頭のミツバツツジ見頃に »

静岡観光スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/61432110

この記事へのトラックバック一覧です: 狩宿さくらまつり行ってきました:

« あさぎりフードパークに「犬の遊び場」オープン! | トップページ | 猪之頭のミツバツツジ見頃に »