« 道の駅朝霧高原&あさぎりフードパークの合同周年行事にて | トップページ | あさぎりフードパーク&本栖湖サイクリング »

Canon EOS M3 ボディー EVFキット(実写編1)

先日導入編をお届けしたCanon EOS M3 ボディー EVFキットの実写編その1です。
今回は、純正のEF-Mレンズ2本を装着しての使用感をレポートいたします。
とは言え、まだ発売から間もなく、それほど撮影に出ていないので、あくまでもファーストインプレッションとお考えください。

ひとまず、手持ちのEF-Mレンズのうち、一番のお気に入りであるEF-M11-22mm F4-5.6 IS STMを装着します。
装着した姿に関しては、導入編でもお届けしていますが、今一度。

EOS M3 + EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM

さすがに専用のEF-Mマウントレンズだけあって、装着した感じも自然です。
若干ボディーが大きくなっており、EVFも装着している分、全体のバランスもよくなっている気がします。
かといって、大きさ、重さにストレスはありません。
グリップも含め、実に使いやすく、当たり前すぎて面白味は感じません。

今回の撮影の舞台は、富士山本宮浅間大社です。
いつもながら、画像はオリジナルサイズではなく、横900ピクセルに縮小してあります。
また、全てJPEGで撮影後、画像処理ソフトでコントラスト等を調整してあります。
あくまでも、こんな雰囲気に撮れると言うことで、ご容赦ください。

EOS M3 + EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMにて撮影

EOS M3 + EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMにて撮影

EOS M3 + EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMにて撮影

EOS M3 + EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMにて撮影

EOS M3 + EF-M11-22mm F4-5.6 IS STMにて撮影

この構成で撮影していて、気づいた点は以下の通りです。
また、今回ははじめての記載なので、全体(ボディーに関すること)も含めて書きます。

【全体】

・リストストラップで吊り下げていて不安はない重さ、大きさ。

・EVFはクリアで明るく、とても見やすい。

・EVFの表示遅延は、明るいところではほとんど感じない。

・EVFのチルト機構にストッパーがないため、気づくと上を向いていることがある。

・シャッターボタン周囲のメインダイヤルで絞り操作(Av時)等できるのは便利。

・背面液晶モニターとEVFの切り替えはオートだと少々もたつく。

【当レンズとの組み合わせ】

・相変わらず描画は好み。

・逆光にもそこそこ強く、安心してシャッターが切れる。

・EVFがなくても、背面液晶モニターでストレスなく撮れる。

おおよそこんな感じでしょうか。
EF-Mの広角ズームを使用している限りは、EVFがなくても撮影はしやすく、背面液晶モニターの明るさもあって、不自由はしませんでした。
タッチフォーカスなど、気軽な撮影操作を優先させる場合には、あえてEVFを使用しないやり方もありでしょう。
また、今回は特にチルトを使用する機会がありませんでした(EVF、背面液晶モニターとも)が、いざという時にそれができるというのは心強いです。

ちなみに、露出補正に関しては、EOS M3では専用ダイヤルが設けられています。
が、デジタル一眼レフEOSに慣れている私としては、背面電子ダイヤルでダイレクトに補正できる方が好みです。
また、画像再生ボタンは少々小さく、押し込むのに力も入るため、ちょっと使いづらく感じました。
ただし、再生時の画像拡大がボタンでできるのは、やはり便利です(M2はタッチパネルのピンチ操作のみ)。

次に、純正の標準ズームレンズ、EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMをセットしてみます。

EOS M3 + EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM

このレンズをセットして臨んだのは、居酒屋さんでの撮影。
標準的な画角をカバーするこのレンズは、最短撮影距離はそれほど短くありません(0.25m)。
しかし、ズームしても最短撮影距離が変化しないため、店内での食べ物の撮影では便利に使用できます。

EOS M3 + EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMにて撮影

EOS M3 + EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMにて撮影

EOS M3 + EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMにて撮影

EOS M3 + EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMにて撮影

EOS M3 + EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMにて撮影

EOS M3 + EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STMにて撮影

ここでも、気づいた点を列挙します。

・こうしたシチュエーションでは、EVFより背面液晶モニターの方が撮りやすい。

・料理の撮影では、タッチフォーカスは便利。

・開放F値は明るくないものの、ボケ過ぎずかえって便利。

・手ブレ補正はよく利き、店内撮影でも不安なし。

・ズームを使うことにより、手暗がりができにくく撮りやすい。

・オートホワイトバランスは充分使えるが、補正が必要な場面もあり。

以上、レンズの特徴がメインとなりますので、このシチュエーションではEOS M2と比較して大きな変化はありません。
むしろ、現時点で発売されているEF-Mレンズをセットして撮る以上、EOS M2と比較して劇的な変化は感じにくいと言うのがここまでの印象です。

もちろん、チルト式背面液晶モニターをはじめとし、撮影の自由度は増しています。
ボタンやダイヤル類の追加もあり、操作性も向上しています。
さらに、AF速度もいくらか(これは劇的ではない)アップしていますし、画素数も増えています。
ところが、少なくともここまでの撮影用途では、これまでのものをブラッシュアップしたと言う表現がピッタリな変化でした。
悪く言えば、面白味は特にありません。

ちょっと拍子抜けするかもしれませんが、EOS M2もそれだけ完成度が高かったと言うことでしょう。
特筆すべき点はなくとも、バランスに優れているのです。
従って、レンズキットを購入し、EF-Mレンズメインで使用するなら、価格面を考慮してEOS M2の市場在庫を狙うのは充分にありだと思います。
実際、私もEOS M2にEF-Mレンズをセットし、今後とも併用していくこととしました。

しかし、マウントアダプター EF-EOS Mを介して手持ちのEFレンズを使用したところ、やはりEVF付きのM3はM2とは別物だと感じました。

その様子は、また次回お届けします。

    


|

« 道の駅朝霧高原&あさぎりフードパークの合同周年行事にて | トップページ | あさぎりフードパーク&本栖湖サイクリング »

モノ好き!」カテゴリの記事

コメント

やはりカメラといえばCanonですかね。
僕はデジイチのカメラを持ってませんが。
欲しいんですがね~。
デジイチのカメラではありませんが僕、フィルム式のCanon AE-1とミノルタのα7000を持ってます。
先日物置の中を掃除してたらヤシカのカメラも出てきました。
ヤシカって今カメラ作ってるのかな。

投稿: モモのパパ | 2015/04/04 08:28

モモのパパさん、ありがとうございます。
私は縁もあって、キヤノンのカメラを愛用していますが、これまで他社も含め様々なカメラを使用してきました。
ヤシカは京セラに買収され、その後カメラからは撤退しています。
懐かしいですね~。

投稿: あさぎり | 2015/04/04 08:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/61381433

この記事へのトラックバック一覧です: Canon EOS M3 ボディー EVFキット(実写編1):

« 道の駅朝霧高原&あさぎりフードパークの合同周年行事にて | トップページ | あさぎりフードパーク&本栖湖サイクリング »