« 国鉄、ご存知ですか? | トップページ | 定期更新ひと休みします »

あさぎりフードパークどんど焼サイクリング

1月11日(日)に、サイクリングに行ってきました。
この日は成人の日が絡んだ三連休中日。
この三連休、静岡の天気は連日快晴の予報です。
しかし、寒波が居座る関係で、寒さは厳しい状況でした。

当日、朝霧高原にあるあさぎりフードパークでは、今年はじめて開催されるどんど焼のイベントが開催されます。
私も、ちょっとお手伝いと取材を兼ねて、家族で訪れることに。
妻にお願いをし、私のみ自転車で向うことにしました。

簡単な朝食後、9:00前に自宅を出発します。
どんど焼は11:00からなので、今の調子なら余裕で間に合うことでしょう。
外に出てみると、気温は5℃と低いのですが、日射しもあり、暖かです。
この時点ではまだ風も弱く、富士山頂の雪も舞い上がっていない穏やかな様子でした。

自宅付近からの富士山

国道469号への坂を上りはじめると、どうやら風は追い風の模様。
上りなので、もとより速度は遅いのですが、顔に風が当たってきません。
途中からは、背中を押されるような感覚も。
南風が助けてくれる状況は、この後も続きました。

そんな風に押され、調子は前週より良いようです。
そうなると、ただ単にいつものコースで朝霧高原へと向かうのもつまらないもの。
ここはひとつ、山宮小学校脇から奇石博物館への坂を上ろうと思い立ちました。

この道、以前(2008年11月)上った時にはあまりの急傾斜が続く坂に、途中で自転車を降りて休んだ記憶のある場所。
あの時よりは体重も減っていますし、フリーには25Tもついています。
今回は休まずに上り切ることを目標に(上れると信じて)山宮小学校前を右折します。

山宮小学校脇を上る

しばらくはそれほどでもないのですが、民家が途切れると、途端に急坂となります。
斜度は見ていませんが、おそらく10%台後半になっている個所もあるでしょう。
多少の緩急はあれど、そんな道が2km程続きます。
前夜息子に蹴られた?左腰の痛みが気になりますが、ダンシング主体でクリアしていきました。

何とか、途中で足をつくことなく走ります。
ごみ焼却場とその隣にある天母の湯駐車場入り口を過ぎれば、もう心配はありません。
結果、奇石博物館まで上り切ることができました。

奇石博物館入口

今回、結局25Tは温存したまま。
ペースはともかく、上り切るためには体重が重要な要素だと再度実感しました。
これで、この道もコースの一つに組み入れることができます。
ここで周回練習をすれば、急な上りにはかなり強くなることでしょう(やるつもりはありませんが)。

県道72号に突き当たり左折し、ゆったりとしたペースで上井出を目指します。
先ほどの上りを考えれば、県道72号の起伏はなんとも優しく感じます。
やがて、上井出の交差点に到達し、右に折れます。

富士ミルクランド前を通過。
この時点では、富士山には雲がかかったり取れたり。
雲の動きが明らかに速くなっています。
そして、南風も勢いをさらに増してきたようです。

この風が追い風となり、上り坂でもそれほど苦しくありません。
時間を見ると、まだ少し余裕がありそう。
結局、最短距離であさぎりフードパークへと向かわず、県道71号を直進。
富士ヶ嶺経由で向うことにしました。

いくつかのピークを越えながら、富士ヶ嶺の交差点へと走ります。
それにしても、いつもながらのんびりした道。
とても三連休の中日とは思えません。

富士ヶ嶺への道

追い風のお陰で、上りは明らかにいつもより楽。
しかし、帰りは向かい風になることは覚悟の上です。
メーターに表示される気温は3℃程。
追い風なので、寒さは感じません。

富士ヶ嶺の交差点を左折。
国道139号への道を下ります。
そして、国道139号へと出て気温表示板を見ると、1℃の表示でした。

気温は1℃

富士ヶ嶺への県道71号を走っている時から、日陰ではちょっと路面の状況が怪しかったのですが、それは国道139号でも一緒。
この時間、既に凍結はしていない(少なくとも滑るほどは)のですが、日陰は乾ききっていない路面が黒くなり、所どころ白い色も見えます。
特にコーナーは慎重に走りながら、道の駅朝霧高原へと入ります。

道の駅裏手の道を抜けると、あさぎりフードパーク。
既にどんど焼会場には人々が集まりはじめ、露天も軒を並べています。
万が一に備え、消防車も待機しています。

どんど焼会場

消防車も待機

そんな光景を撮影していると「パパ―!」の声がドップラー効果で近付いてきます。
ドンッと当たるかのように迫ってきたのは、これ。
相変わらず、テンションMAXです。

息子登場

朝霧乳業工場に自転車を置き、靴を履き替えます。
そして、私自身はじめてのどんど焼にチャレンジです。
三又の木に団子を刺したものは、500円で販売されていました。
私たちは2セット、義弟が用意してくれたものを受け取ります。

どんど焼の団子

家族皆で、団子を炙ります。
息子の書き初めは、自宅に忘れ焼くことができませんでした。
強い南風は相変わらずで、風上からでないと熱くて立っていることすらままなりません。
焚火の向こう側に人がいないのは、そう言うことです。

団子を炙る

焼き上がった団子を、妻が持参した砂糖醤油でいただきます。
私が開けたものは、赤(ピンク)。
そのまま食べても美味しかったのですが、砂糖醤油でさらに美味しくいただきます。

団子

団子をお腹に入れると、一同スイッチが入ってしまった模様。
もちろん、私も。
露店で、鶏つくねと朝霧ヨーグル豚ラーメン、ピッツァを購入し、皆でシェアして食べます。

つくね串

朝霧ヨーグル豚ラーメン美味しかった

スイッチが入った胃袋はこれでも満足できず。
今度は朝霧乳業売店にて、ソフトクリーム購入です。
久しぶりのこけももミックスソフト。
暖かな店内で、こちらもペロッといただきました。

あさぎりソフトクリーム

ようやくお腹も満足します。
帰りは家族の車に同乗してもよかったのですが、これだけ食べてしまうとオーバーカロリー。
寒くならないうちに、自走で帰ることとしました。

家族に別れを告げ、再び自転車へ。
道の駅朝霧高原から富士ヶ嶺へと戻り、県道71号を下るルートを取ります。
富士ヶ嶺への道では、富士山が正面に。
山頂付近の雪は、強風に飛ばされはじめていました。

富士ヶ嶺へ

予想通り下りは向かい風です。
それも、強めの向かい風ですが、特に急ごうと思わなければ大きなストレスにはなりません。
そして、南風なので、それほど冷たくもなく、助かりました。

県道71号を上井出へと下り、左に折れます。
来た時と同じように、県道72号を走り、篠坂交差点を直進。
自宅までちょっと距離を取りながら走るためです。

村山浅間神社、スポーツビレッジの前を上り、国道469号を直進。
そこから右に折れ、農道を下って自宅へと戻ります。
終盤にきて、ますます風は強く。
一部では風が巻き、ちょっとひやっとする場面もありました。

ともあれ、14:30前には自宅着。
遠回りにより、走行距離は約77kmになっています。
平均速度は下りでスピードが出なかったこともあり、21.7km/hと凡庸。
獲得標高は約1,450mと、そこそこ上りました。
相変わらずの家族の理解に、感謝です。

今回のコースは、以下の通りです。


|

« 国鉄、ご存知ですか? | トップページ | 定期更新ひと休みします »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパです。
どんど焼き。
寒い時にはぴったりですかね。
へえ~。お団子を焼くんですか。
それは初めて知りました。
お子さんの笑顔。無邪気でかわいいですね。

投稿: モモのパパ | 2015/01/18 08:35

モモのパパさん、ありがとうございます。
私も、団子(餅かもと思っていました)を焼くことは知っていましたが、実際に体験したのは初めてです。
地域によってもちょっと異なるようですね。
呼び方も、異なっているようです。
無病息災、願いたいです。(^^)

投稿: あさぎり | 2015/01/18 17:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/60962016

この記事へのトラックバック一覧です: あさぎりフードパークどんど焼サイクリング:

« 国鉄、ご存知ですか? | トップページ | 定期更新ひと休みします »