« 伊東~土肥経由富士宮サイクリング | トップページ | 富士山の雪煙 »

CATEYE CC-AT200W買い換え

ステムに装着したCC-AT200W

ここのところ、調子の悪かったサイクルコンピュータ(メーター)。
ついに表示が消え、完全に壊れてしまったようなので、買い換えました。
買い換えと言っても、同じ機種。
CATEYE製のCC-AT200Wです。

前回、この機種を購入したのは2011年の4月。
それ以来、3年半ほど使用してきたのですが、また同じ機種にしようと思ったのには理由があります。

このサイクルコンピュータ、実に割り切りのはっきりした機種です。
最近は心拍表示は当たり前で、GPS内蔵やパワーメーター対応といった機種も多いのですが、この機種にはそれらの機能はありません。
また、ケイデンス(クランク回転数)センサーすら備えられておらず、正直昨今のメーターとしては極めてシンプルなものです。

しかし、このメーターには気温表示、そして標高表示機能があるのです。
気温、標高ともに、高機能メーターには当然装備されている機能です。
しかし、私のように、ケイデンスは必要ない、心拍センサーも必要ない(当然パワーも)、GPSも必要ないと言うシンプル派が選ぶメーターで、この両方を計測できるものは多くありません。

GPSを内蔵していないため、高度表示は気圧と気温から割り出して表示します。
傾斜表示機能もありますが、走行速度と高度から計算するため、停止状態では機能しません。
当然、高度表示には誤差があるため、誤差が累積しないよう走行開始前に毎回修正し直す必要もあります(これはダイレクトに呼び出し可能)。

そんな割り切りが必要なメーターですが、デジタルワイヤレスのシンプルなスピードセンサーのみで、速度、距離表示の他に気温や標高といった情報を参考にできる、私にとっては必要十分な機種なのです。

このメーター、本体裏側にモード切り替えのボタンがあり、メータ下部を上から押すことによりそれが押されて表示が切り替わる仕様となっています。
そのため、装着する場所によっては路面からの振動でそれが押され、勝手にモードが切り替わることが多々ありました。
また、Cinelli CHECK POINT(ハンドルマウントアダプタ)にセットしてからは、その状況がより顕著になっていました。

このため、今回はあえてブラケットをステムにセット。
視線移動は大きく見辛くはなりましたが、明らかにガタは減り、ハンドル回りの落ち着きも増した感があります。
少なくとも新品の段階では、勝手なモードの切り替わりもありませんでした。
常時見続けるものではないので、最初からこのようにセットすればよかったのかもしれません。

くどいようですが、このメーターは昨今の多機能メーターとは比較になるものではありません。
シンプルなメーターがよいけど基本機能はしっかりしていて、気温や標高、斜度(参考程度)が計測できるものをという方にのみお勧めできる機種です。

それでも毎回充電する必要もなく、ボタンリチウム電池(CR2032)2個(センサーとメーターに各1個)のみで動作し、本体サイズも小さく軽く、比較的安価(1万円ちょっとで入手可能)なこのメーター、ひとつのバランスだと思います。

今度は、もう少し長く使用できるといいなと思っています。


|

« 伊東~土肥経由富士宮サイクリング | トップページ | 富士山の雪煙 »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパです~。
僕の自転車にもサイクルコンピュータメーターがつけてありますが僕はほとんど利用したことがありません。
まさに宝の持ち腐れ・・・。

投稿: モモのパパ | 2014/12/15 08:48

モモのパパさん、ありがとうございます。
結局、速度表示と距離表示だけあればいいんですけどね。(^^)
それでも、ないとなんとなく寂しく、走っていて充実感が得られにくいので不思議です(先日壊れていた際)。
記録には残したいと言うことでしょうかね。

投稿: あさぎり | 2014/12/15 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/60812491

この記事へのトラックバック一覧です: CATEYE CC-AT200W買い換え:

« 伊東~土肥経由富士宮サイクリング | トップページ | 富士山の雪煙 »