« 明日はカジキバーベキュー! | トップページ | 晩秋の柿畑 »

鳴沢サイクリング

11月16日(日)に、サイクリングに行ってきました。
この日の予報は曇り時々晴れ。
当初の予報よりは天候がすぐれないようでしたが、それでも前週と異なり、雨の心配はなさそうです。
前週出られなかったこともあり、寒さに身はすくむものの、早朝サイクリングに出ることにしました。

とは言え、既に季節は秋を過ぎ、冬。
起きる時間を30分ほど遅らせ、4:45にアラームをセットします。
そして、アラーム通り起床、出発の準備をします。

二週間ぶりなので、季節はさらに進んでいる模様。
しかも、寒気が入り込み、冷える予報です。
最低気温5℃(平野部)の場合どんな格好で出るのか、既に昨年の経験は忘却の彼方です。

仕方なく、ガッチリ冬用装備に。
防寒アンダーに冬用長袖ジャケット、ロングタイツ、冬用グローブにシューズカバーも着用します。

外に出てみると、思ったほど空気は冷たくなく、一瞬重装備にしすぎたかと思いましたが、走りだすと上り坂でも汗が出てきません。
これは正解と、自宅から国道469号への坂道を走り続けました。

当然、この時間(5:30前)の周囲は真っ暗。
それでも、6:00頃になるといくらか明るさも出てきます。
ライトを点灯したまま、山宮、北山と走り、大月線へ入ります。

なんとなく一枚重めのギアを踏みながら走り、ダンシングを多用して上井出へ。
上井出が近付くと、ライトなしでも路面状況ははっきりとわかるようになってきました。
フロントライトを点灯から点滅へと切り替えます。

それでも、写真を撮るにはまだ暗く、カメラは取り出せず。
この日は上井出交差点を直進し、国道139号に合流する方向に走りました。

交差点からしばらくは急ですが、その後はゆるい斜面。
程なく国道139号に合流します。
紅葉シーズンの週末とあってか、早朝にもかかわらず車は多目。

まかいの牧場の前を通り、標高を上げて行きます。
ドライブインもちや前に差し掛かる頃には、ライトを消灯。
気温は、先ほどからさらに下がった印象を受けます。
雲が多く、陽光が射さないことが原因でしょう。

果たして、登坂車線のある坂をクリアした先の気温表示は2℃。
自宅を出た時が6℃程だったので、既に4℃は下がっています。
上り坂にも関わらず、ジャケットのジッパーは首元までしっかり閉めた状態です。

気温は2℃

そんな状況下でも、牛たちは牧草地で草を食んでいました。
乳牛は寒さには強い生きものです(暑さには弱い)。

放牧された乳牛

富士山は一貫して雲の向こう。
シルエットすら見えずの状態が続いています。
道の駅朝霧高原を過ぎ、根原の上りをクリア、県境に達しても状況は変わりません。
そして、ここでついに気温は0℃を表示します。

富士山は見えず

気温は0℃

この日、あえてこのルートを通ったのは、上井出から富士ミルクランド近辺にかけて行われている道路工事を避けるため。
できれば県道71号を走りたかったため、ここで右折し、富士ヶ嶺の交差点を目指します。

緩急ある牧草地内の道路を上り、富士ヶ嶺交差点へ。
ここを左折し、県道71号へと入ります。
ドクタービレッジ入口からの上りは、ご覧の光景。
数週間前の秋(紅葉)から、完全に冬のそれへと変わっています。

県道71号の光景

坂を上り切り、本日の最高標高地点は、本栖湖を望む展望駐車場。
ここでも、あくまでも冬の光景が出迎えてくれました。
遠目に見る本栖湖は、結氷しているようにすら見えました。
近付いた時、そんなことはなかったのですが・・・。

本栖湖

ここから緩い下りを鳴沢に向かって下ります。
木々の葉は、標高がさがると多少残っています。
やはり、この辺りの微妙な標高差が、秋と冬の境目のようです。

やがて、ひばりが丘の信号にて国道139号に合流。
この日は無理をせず、左折して富士宮方面へと戻ることにします。
特にオンシーズンがあるわけでない私ですが、冬はやっぱりオフシーズンです。

ひばりが丘

ここまで特に見るべき景色のないサイクリングが続いていましたが、国道139号はまだまだ色づく木々が見られました。
特に、西湖から精進湖へと下る青木ヶ原の陸橋付近は、山肌にその色が濃く残ってきれいです。
この景色に、心も少し癒されました。

紅葉の山肌

精進湖入口から本栖湖へ。
本栖湖もスルーし(少し悩みましたが)、その後の上りをクリア。
県境へと戻ってきました。

すると、富士山がその姿を現してくれています。
これまた、期待していなかっただけに嬉しく、さらにモチベーションが上がります。
しかし、モチベーションが上がったところで、道はこの後下り。
少々向かい風気味ですが、少し下ると気温も上がり、この時点で5℃程。
下りなのでありがたいです。
富士山周辺には面白い雲も見られました。

県境付近からの富士山

湧き上がるような雲

ここから、今度は国道139号を右に逸れ、猪之頭方面へと下ります。
来たとき同様、工事を避けるためです。

猪之頭、白糸、上井出と下り、今度はそのまま芝川方面へと直進。
上野を通って大石寺前へと出ます。
大石寺では法要が行われているようで、観光バスや自家用車がどんどん到着していました。

大石寺

朝食代わりに羊羹をひとつ食べただけだったので、さすがに空腹感を感じ、途中のコンビニでスニッカーズを1本食べます。
そこでこの日はじめてボトルの水に口をつけ、終盤にしてエネルギー充填。

大石寺からの上りをパワーでグイグイ進み、北山から山宮、自宅へと走りました。

結局10:00頃自宅着。
予定より30分ほど早くこの日のサイクリングを終えました。

真冬の予行演習としても役立った約88km。
平均速度は(停車時除き)21.8km/hと速くはありませんでしたが、そこそこ充実した走りができました。

|

« 明日はカジキバーベキュー! | トップページ | 晩秋の柿畑 »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/60673696

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴沢サイクリング:

« 明日はカジキバーベキュー! | トップページ | 晩秋の柿畑 »