« 2014年富士宮まつり写真(その6) | トップページ | 2014年富士宮まつり写真(その7) »

桜えびと富士山の光景(2014年秋漁)

桜えびと富士山

干されている桜えび

三連休の初日となった先週土曜日、仕事の移動中に富士川の河口付近河川敷へと出向きました。
この日はよく晴れて、冠雪の富士山もスッキリと見えています。
加えて、前夜に桜えび漁があったため、午前中に桜えびの天日干し光景が見られると期待してのことでした。

到着し、車を停めて歩いて現場へと向かいます。
はたして、そこには敷き詰められた黒いシートの上に桜えびが載せられていました。
そして、その向こうには富士山が見えます。

前夜(11月21日)は、10月30日に秋漁が解禁になってから五回目の出漁。
漁獲量も多いとは言えず、広い敷地内で桜えびが干されていたエリアは限られていました。
それでも、一かご(15kg)当たり50,000円を超える値で落とされる文字通り小さな宝石は、強い日射しを受けて輝き、独特の光景をつくり上げていました。

現地には数名のカメラマンが集まり、シャッターを切っています。
中には、干している方々と話をする人も。
ポカポカ陽気だったこの日、ここにはゆったりした時間が流れていました。

下の写真は、さらに河口付近で撮影したもの。
手前の色の濃いのは海外産のえび、その向こうの薄いピンクが駿河湾の桜えびです。
さらに向こうのオレンジ色のものは、取り除いた桜えびのヒゲ。
食感が良くないため取り除かれるヒゲですが、これはこれで干してえびせんの材料などに使われるとのこと。

青空、富士山の雪、そして色とりどりのえびたち。
静岡ならではの光景が、ここにはあります。

色とりどりのえび

|

« 2014年富士宮まつり写真(その6) | トップページ | 2014年富士宮まつり写真(その7) »

富士山!」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパです。
桜えび。
大量に干されてますね。
1回の漁でこんなにたくさん獲れるんですか。
僕、桜海老大好きです。
炒飯に入れたりご飯の上に乗せて出汁をかけてお茶漬けで食べたり。
風味が良いですよね。

投稿: モモのパパ | 2014/11/26 08:34

モモのパパさん、ありがとうございます。
大量に見えますが、広い敷地を考えるとごく一部のエリアだけで干されていました。
まだ、漁獲量が増えていないのが要因かと思われます。
国産桜えびはほぼ100%が駿河湾産のため、ここで干された干し桜えびはモモのパパさんも召し上がっていると思いますよ。
やっぱり、風味が最高です!

投稿: あさぎり | 2014/11/26 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/60704658

この記事へのトラックバック一覧です: 桜えびと富士山の光景(2014年秋漁):

« 2014年富士宮まつり写真(その6) | トップページ | 2014年富士宮まつり写真(その7) »