« 台風18号接近中 | トップページ | 今日は皆既月食の日 »

台風18号による被害

大型で強い台風18号は、10月6日(月)午前中に、勢力を保ったまま静岡県浜松市付近に上陸。
その後、静岡県を横断するような進路で進み、首都圏にも大きな被害を及ぼしました。
その被害は甚大で、ニュース等でも報道されている通りです。
今回は、記録として残すことも含め、静岡市清水区押切にある営業所近辺の状況をUPしたいと思います。

富士宮市在住の私は、台風の接近に対応するため、いつもより早く5:30前に自宅を出ました。
この時点で富士宮市内は雨は降っていましたが、普通の降り。
風もなく、嵐の前の静けさか、拍子抜けするくらいでした。

自宅から西富士道路を下り、富士市内へ。
国道1号バイパスを静岡市方面へと走ります。
雨は強くなってきましたが、相変わらずの無風。
道路は所どころ轍に水が溜まっていましたが、それでも普通の強い雨の日程度です。
この時点で国道1号は普通に通行でき、むしろいつもより早い分、空いていて走りやすい程でした。

会社に着いても、状況は変わらず。
シャッターを開けても無風で、雨は降っていますが、本当に台風はどこ?と言う様子です。
朝の仕事を淡々とこなしながらも、接近しつつある台風を警戒し、宅配員と連絡を取り合いました。
この日、宅配に関しては早朝の配達はやめ、9:00過ぎに配達を開始するよう打ち合わがされていました。

7:00過ぎに、宅配員一名が会社に到着。
ひとまず、事務所で待機するとのことです。
結果、これが大変助けになりました。

雨は次第に強くなり、大粒に。
しかし、この時点では、よもやあんなことになろうとは予想だにしませんでした。
8:00を過ぎると、雨はますます強くなります。
シャッターを半分閉め、雨の様子を窺います。

この頃から、目の前の道路に水が溜まりはじめます。
それは次第に水かさを増し、車が通ると波が駐車場まで寄せるような状況でした。

8:30頃の様子

思えば、この時に車を移動しておけばよかったのです。
が、雨が強く、外に出ればびしょ濡れになることは確実。
七夕豪雨の経験のない私たちは、倉庫まで水が入るかもねなどと話しながら様子を見ていました。

そこからは、あれよあれよという間です。
押し寄せる水の量に危機感を持ち、倉庫や事務所の床付近の濡れては困るものを片付けているうちに、水かさはどんどん増してきました。
時間にして15分ほどでしょうか、どこかのコンセントがショートし、ブレーカーが落ちます。
この時点では、動力200Vの機器(冷蔵庫と冷凍庫)は動作していましたので、ひとまずそのままで処置を続けました。
ただし、シャッターは開けられず(水の浸入を少しでも防ぐため閉じた)、事務所ドアも開けられないため、暗い中での作業となります。

水かさはどんどん増します。
およそ30分くらいでマックスになったでしょうか。
本当に、あっという間の出来事と言う印象です。
こうなると、対処のしようがありません。
倉庫内で水に浮いて倒れたりする物の手当てをするのに手いっぱいです。

ひとまず、雨の降りが弱まったのが、9:30前。
9:40頃には雨が止み、水かさは安定しました。
そこで、シャッターを開け、事務所のドアも開きます。
水の抵抗が凄いですが、なんとか開けることができました。

雨が止んだ直後の様子

目の前は、完全に川です。
水かさは、道路の上で大人の膝上程度。
流れが緩やかなので歩くことはできますが、車はもちろん自転車の通行も不能な状態でした。
その水が少しずつ少しずつ引きはじめたのは10:00頃からでしょうか。
この頃になると、人が外に出はじめました。

人が出はじめる

とは言え、営業所倉庫内の水位はなかなか下がりません。
車は、間一髪のところでエンジンは無事かと思われる水位。
あと10cm高かったら、危険な状態でした。

倉庫内の様子

結局、水が完全に引いたのはお昼を過ぎてからです。
ここから、営業所の復旧に取り組みます。

壁コンセントの露出を待って、プラグ類を全て抜き、拭き取りと乾燥。
影響のなさそうなブレーカーのスイッチを入れはじめます。
それでも、ちょっと間違えるとメインブレーカーが落ちる状態。

最初にパソコンが起動でき、次にルーターが起動し、ネット環境が使用できるようになります。
ひとまず、パソコン関連で壊れたのは、水没したACアダプタひとつのみの模様(他のものは退避済みでした)。

電話が復旧したのは15:00過ぎ。
続いてカセット3段目まで水没したコピー機(複合機)の洗浄、乾燥を行います。
これも、夕方には使用可能な状況になり、仕事をするうえでのインフラはひとまず整いました。

書類等、水没したものの片付けはこれからですが、これだけ水に浸かったにしては、被害は少なくて済みました。
車は、一部電装系にトラブルが出ているものの(私が使用する営業車)、宅配車は無事です。
商品は、床に近いものは事前に退避でき、こちらも無事でした。

これから様々な影響が露呈してくることとは思いますが、ひとまず過ぎ去った台風。
私どもの周囲はご覧の通りですが、由比の崖崩れでは東海道線の線路が埋まり不通。
その影響で、国道1号も上下線とも通行止めが続いています(7日8:00時点)。

19号の進路も心配ですが、それまでにできる対策は取っておきたいと思います。
思いもよらぬ事態、皆様もぜひ日ごろからの備えを万全にすることをお勧めします。

ちなみに、下の写真は一夜明けた今朝(10月7日)の様子です。

一夜明けての様子

一夜明けての様子

【2014年10月7日 追記】

通行止めが続いていた国道1号バイパスですが、7日8:00過ぎから、上下線対面での一車線通行が可能となりました。
流れは悪いようですが、ひとまず国道1号を使って富士~清水間の通行ができるようになっています。
 

|

« 台風18号接近中 | トップページ | 今日は皆既月食の日 »

あさぎりWEB日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/60436662

この記事へのトラックバック一覧です: 台風18号による被害:

« 台風18号接近中 | トップページ | 今日は皆既月食の日 »