« 富士山初雪・・・だったようですが | トップページ | 過ぎ去りし夏 »

上井出片道サイクリング

9月7日(日)に、サイクリングに行ってきました。
サイクリングに行ったと言っても、とても中途半端でしたが、まあこんなこともあるかと記録しておきます。

当日の予報は、朝から雨。
それでも一応と、4:30前に起きてみますが、外を見ると雨。
降りは弱いのですが、路面はびっしょりと濡れています。
これでは出られないと、再びベッドに戻ります。

一旦起きてしまったので寝られるか心配でしたが、杞憂。
ぐっすり寝つき、結局起きたのは8:00過ぎでした。

外の雨は強さを増し、しっかりと降っています。
しかしその雨は、朝食を食べ終わりしばらくすると、止みました。
それでも空はいつ降ってもおかしくないどんよりとした曇り。
これでは当面路面も乾かないと、先送りにしていた自転車のタイヤ交換をはじめます。

慣れない作業に汗だくになりながら、なんとか前後輪のタイヤとチューブを交換。
これで、9月中旬のロングランに備えた準備も完了です。
そうこうしているうちに路面が乾きはじめました。

そこで、妻に話をし、サイクリングに出ることに。
時刻は12:00前。
富士ヶ嶺辺りまで走って戻ると告げ、家を出ました。

家を出ると、モワッとした空気が身体を包みます。
メーター読みの気温は29℃。
一気に夏が戻ってきたかのような空気です。

気温は29℃

自宅から国道469号を目指して坂を上りはじめます。
富士山は見えませんが、脚の調子は悪くありません。
むしろ、好調。
それもそのはず、南からの風に背中を押され、追い風の中での走りでした。

国道469号から、北山へ。
この間も、基本的に路面はドライです。
気温は相変わらずですが、ほんのり色づきはじめた柿の実に秋も感じられました。

色づきはじめた柿

北山から、大月線に入ります。
風は未だ追い風。
ペースは、明らかにいつもより速く好調です。

しかし、しばらく走ると、額に雨粒が当たります。
その粒は、大粒。
そして、降りは次第に本格的になってきます。

この辺りは、よく雨の降る場所。
通り雨、もしくは局地的な雨と考え、そのまま走り続けます。
上り坂なので速度もそこそこで、路面からの水飛沫もそれほど受けません。

が、意に反して雨は降り続けます。
そして、路面状態も完全なウエットに。
雨に身体が濡れるのは構いませんが、せっかく交換したばかりのタイヤでいきなりの雨中は気が引けます。
しかも、先日グリスアップしてもらったばかりのBBにまた水が入るのも嫌です。

仕方なく、上井出で雨宿り。
雨は降り続き、時折豪雨と言ってもよいくらいの降りにもなります。
これはもう無理と判断し、妻に電話。
車での助けを要請しました。

雨はますます強く

コンビニの軒下で待ち、迎えの車に自転車を積み込みます。
これにて、本日のサイクリングは終了。
走行距離約14km、時間にして40分程度のサイクリングでしたが、交換したタイヤのテストと考えれば走れただけよかったのかもしれません。

ニュータイヤいきなりのウエットコンディション

迎えのお陰で、帰ってからの自転車メンテナンスも最低限で済みました。

|

« 富士山初雪・・・だったようですが | トップページ | 過ぎ去りし夏 »

サイクリングへGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/60280287

この記事へのトラックバック一覧です: 上井出片道サイクリング:

« 富士山初雪・・・だったようですが | トップページ | 過ぎ去りし夏 »