« 台風8号に最大級の警戒を | トップページ | またもやダイヤ不発 »

PowerShot G1X MarkⅡのアクセサリ(GR-DC1Aなど)

以前ご紹介したデジタルカメラ、Canon PowerShot G1X MarkⅡ。
コンパクトデジカメと呼ぶにはいささか大きく重いボディですが、大型の1.5型センサが受け止める光と最新のDIGIC6がつくりだす画、そして35mm判換算で広角24mmからの5倍ズームレンズと、頼もしい相棒になっています。

先日、購入とほぼ同時に注文したカスタムグリップが到着したので、それも含めG1XⅡに活用しているアクセサリをご紹介します。

まずは、カスタムグリップ“GR-DC1A”です。
キヤノンの純正品でありながら発売と同時に品薄となっていたこのグリップも、ようやく供給が追い付いてきたようです。
PowerShot G1XⅡは、その重さに比して、グリップが貧弱に感じます。
慌てて取り出すときなどに落としそうな不安もあったため、これを装着しました。

GR-DC1Aパッケージ

パッケージ内にはGR-DC1A本体と固定用の小さなビスが2本、それにこれまた極細の六角レンチが入っています。
取り付けはとても簡単。
オリジナルのグリップを固定したビスを六角レンチで外し、GR-DC1Aを差し込んでビスで固定し直すだけです。
私はひとまずオリジナルのグリップを固定していたビスをそのまま使用しました。

オリジナルグリップの状態

GR-DC1Aを装着した状態

上の写真は、オリジナルグリップが装着されたもとの状態。
下の写真は、GR-DC1Aを装着した状態です。

もちろんGR-DC1Aを装着した方が出っ張りは大きく、グリップはしやすいのですが、正直想像していた程の変化はありませんでした。
私の手が大きいせいもあると思いますが、GR-DC1Aを装着してもしっかりと握れると言う感覚ではなく、右手の中指と薬指のかかりがよくなると言った感じです。
それでも、背面親指がかかる部分の部材とあわせ、落下の危険性は多少減ったかと思われます。

なお、GR-DC1Aを装着しても、バッテリやメモリカードの出し入れ等に支障は全くありません。

次に、ストラップです。
私は、コンパクトデジカメやミラーレスにはできる限りネックストラップを使用したくないタイプです。
そこで、G1X MarkⅡにもリストストラップを探していました。

WEBで情報を得て、こちらはキヤノン製のストラップ“WS-20”を購入しました。
本来ビデオカメラ用のラインナップに並んでいるこの商品(そのためG1X MarkⅡの純正アクセサリとしては掲載されていません)ですが、ストラップホールが若干キツ目な以外は全く問題なし。
当初使用した社外製のリストストラップより大ぶりでゆったりと使用できます。

WS-20を装着

最後に、ケースです。
こちらもWEBで情報をいただき、エツミ社が販売している“hama シアトルカメラバッグ90”を購入しました。
カラーはネイビーのみで選べず、蓋もファスナーのため速写性には劣りますが、サイズはあつらえたかのようにピッタリ。
クッション性もかなりあるため、少々ぶつけてもカメラの破損は防げそうです(保証はできませんが)。
なお、蓋の内側には、メモリカードもしくは予備バッテリを格納できるポケットがあります。

もちろん、カスタムグリップGR-DC1Aを装着しても何の問題もなく格納できます。

hama シアトルカメラバッグ90(格納状態)

hama シアトルカメラバッグ90(格納状態)

現在のところ、このバッグに付属のストラップは使用せず、中から出ているリストストラップを持つか、ベルトループを利用して固定するかとしています。

以上、大切なカメラを落としたり破損したりしないよう、それでいて撮りたい一瞬を可能な限り逃さぬよう、持ち歩きに工夫をするためのグッズをご紹介しました。
長く付き合っていくためには、ストレスなく撮影できることは重要な要素です。
電源ONから撮影までのタイムラグが短くなったPowerShot G1X MarkⅡの特性を活かしながら、撮影を楽しみたいと思います。

   

|

« 台風8号に最大級の警戒を | トップページ | またもやダイヤ不発 »

モノ好き!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91738/59952480

この記事へのトラックバック一覧です: PowerShot G1X MarkⅡのアクセサリ(GR-DC1Aなど):

« 台風8号に最大級の警戒を | トップページ | またもやダイヤ不発 »